Z-KAI(Z会)の解約方法。通信教育コースを退会する際の注意点。

Z会の解約方法

通信講座でハードルが高めのZ会。

お硬いイメージとは裏腹に、解約方法は意外と簡単。

受講講座の中止≒退会≒解約という感じなので、

一旦休止したい場合も、解約手続きが必要です。

Z会の解約方法(電話)

通信講座の解約といえば、お客様センターへの電話。

幼児、小学校は、問い合わせ電話番号が一緒ですが、

中学校と高校は、別々となっています。

  • Z会幼児・小学生コース:0120-35-1039
  • Z会中学生コース:0120-73-1039
  • Z会高校生コース:0120-75-1039

 

いずれも、コールセンターの営業時間は一緒で、日曜日は繋がらず。

月〜土午前10:00〜午後8:00(年末年始を除く、祝日も受付)となっています。

Z会の解約方法(オンライン)

Z会の解約方法は、電話解約だけでなく、

オンラインでの解約手続きも可能。

幼児、小学生、中学生、高校生・・・と、解約方法も一緒です。

 

Z会の会員ページ「Z会 MyPage(マイページ)」にログインし、

「申込・変更手続き」→「受講終了・受講途中での中止」から解約手続きとなります。

ログインには、保護者用の会員番号パスワードが必要ですが、

これは契約時に届く「お手続き内容確認書」に記載されてます。

2020-06-24_14h49_29

電話で相談する、問い合わせフォームで相談する・・・と有りますが、

その下の「今回は特に相談しない(受講終了/中止の画面に進みます)」をクリック。

2020-06-24_14h49_37

受講期間が1年で契約していても、最短で受講停止が可能。

その場合は、下の「受講停止(間に合う月から受講を中止をします。)」を選択。

2020-06-24_14h49_59

解約したい月を選択したら、

アンケート回答、E-mailアドレスを入力して確認画面へ。

2020-06-24_14h50_34

中止確認画面が表示されるので、登録で完了です。

2020-06-24_14h51_28

解約手続きした直後なら、解約の取り消しも可能とのことです。

2020-06-24_14h51_35

Z会解約時の注意点

締日は学年により異なる

解約手続きの締切日は、コースにより異なります。

中でも、小学生コースは早く、前月3日前までに手続きする必要があります。

※コース毎、月毎に締日は異なります→手続締切日・教材のお届け

  • 幼児コース(原則前月15日締切
  • 小学生コース1・2年生(原則前月15日締切
  • 小学生タブレットコース1・2年生(原則前月15日締切
  • 小学生コース3・4・5・6年生 本科・専科(原則前月3日締切
  • 小学生タブレットコース3・4・5・6年生(原則前月3日締切
  • 中学受験コース3・4・5年生(原則前月10日締切

 

他社では、前々月末までというところも有るので、

どちらかというと、締日には寛大な方。

いずれにせよ、オンラインで事前に解約月を指定できるので、

解約する予定が有るなら、忘れないウチに解約手続きだけやっておく。

返金が有る場合は注意

一括払いで支払って途中解約をした場合、

差額分が清算金として返金されるのですが、

返金手続きをしなければ預り金となり、自動で返金はされません

 

この返金手続きは、オンラインでは不可能であり、

電話手続きが必要なのです。

 

返金方法は、払い出し証書か、指定口座への返金となり、

クレジットカード払い時も、カードへ返金も不可能。

口座振り込みの場合は、振り込み手数料130円~770円が取られるし、

振替払出証書の換金には、502円 or 822円の事務手数料が発生します。

 

クレジットカードへの返金もできないので、

返金の手間が有り、返金手数料も確実に発生してしまう。

 

Z会には、一時休会という仕組みも無いので、

退会→預り金となるのでしょうが、

退会で完全に辞めるって人の方が多いでしょうからね。

努力賞ポイントの有効期限

添削問題の有効期限は、教材が届いた日から約1年間であり、

解約後も、有効期限内に提出すれば、努力賞ポイントが加算されます。

 

努力賞ポイントの有効期限は、受講終了後1年2ヶ月以内

努力賞ポイントの交換は、解約後の申し込みでOKです。

Z会解約方法まとめ

電話での引き止めも有りません。

単月契約もできるし、契約の違約金も無い。

タブレットコースも、家のタブレットで受講できるってのもハードルが低い。

無料お試しで勧誘も無いし、紙の教材も全部届くってのも素晴らしい。

Z-KAI(Z会)小学生コースの資料請求してみた。体験教材の内容とその感想。

 

Z会は、教材ハードルが高いと言われますが、

勉強以外の遊びが無い教材なので、

勉強と向き合うという点では、一番良いのかなと。

 

我が家が、今回解約したのは、幼児コースの「ぺあぜっと」。

子供向けもよく考えられているのですが、

他の教材ほどワクワク感は無いので、親の負担も大きいかなと。

イラストとかもちょっと古くさい気がしました。

IMG_7536

幼児コースも無料トライアルで、一通り試せます。

本契約後に届く教材も、ほとんど試せるのです。

Z-KAI(Z会)幼児コースの資料請求してみた。体験教材の内容とその感想。

 

ほかの通信講座で慣らしてからってのは納得。

小学生のタブレットコースは気になっているので、

また契約はすると思います。

一時休会みたいな感じで、気軽に解約できるのもZ会の良いところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です