進研ゼミ「チャレンジ(紙)」と「チャレンジタッチ(タブレット)」両方契約して気づいた違い

チャレンジとチャレンジタッチの違い

幼児講座「こどもちゃれんじ」から、小学講座「進研ゼミ」へと進み、

悩むのが小学講座「チャレンジ」と「チャレンジタッチ」の違い。

 

チャレンジは、紙教材であり、

チャレンジタッチは、タブレット教材。

教材の内容は同じで、違うのは付録・・・

だと思ってましたけど、

実際、両方契約してみたら、中身は全然違いましたので。

ベネッセ 進研ゼミ 小学講座 資料請求プロモーション

月額料金、初期費用の違い

紙教材の「チャレンジ」、タブレット教材の「チャレンジタッチ」。

いずれも月額料金は一緒です。

毎月払い、6ヶ月払い、12ヶ月払いでの割引率も全く一緒です。

進研ゼミの月額料金

受講費(税込)
毎月払い
受講費(税込)
6ヶ月分一括払い
受講費(税込)
12ヶ月分一括払い
小学1年生 月々3,680円
※最低2ヶ月~
6ヶ月23,760円
→月あたり3,300円
12ヶ月35,760円
月あたり2,980円
小学2年生 月々3,680円
※最低2ヶ月~
6ヶ月23,760円
→月あたり3,300円
12ヶ月35,760円
月あたり2,980円
小学3年生 月々4,490円
※最低2ヶ月~
6ヶ月25,200円
→月あたり4,200円
12ヶ月44,880円
月あたり3,740円
小学4年生 月々4,980円
※最低2ヶ月~
6ヶ月28,680円
→月あたり4,780円
12ヶ月53,160円
月あたり4,430円
小学5年生 月々5,980円
※最低2ヶ月~
6ヶ月34,500円
→月あたり5,750円
12ヶ月63,840円
月あたり5,320円
小学6年生 月々6,440円
※最低2ヶ月~
6ヶ月37,140円
→月あたり6,190円
12ヶ月68,760円
月あたり5,730円

 

ただ、チャレンジタッチは、チャレンジパッドという専用端末が必要なので、

初期費用・・・というよりも契約縛りが有ります。

タブレット料金(19,800円)が無料となるのは、6ヶ月以上受講した場合。

6ヶ月受講しないと9,900円請求という、違約金みたいな制度があります。

 

最低契約期間は2ヶ月ですが、

チャレンジタッチには、実質6ヶ月の縛りが有るわけです。

チャレンジパッド費用

タブレット代金
6ヶ月以上受講
※初めて受講
無料
6ヶ月未満で退会
(又は、学習スタイル変更)
※初めて受講
9,900円(税込)
過去に受講していた場合 19,800円(税込)
追加購入 19,800円(税込)

 

まぁ、ライバル「スマイルゼミ」は、

タブレット代という初期費用(10,978円)も必要で、

実質の1年縛りも有るので・・・チャレンジタッチの方が良心的ですけども。

スマイルゼミ小学生コースを契約して気づいたメリット・デメリット

付録、玩具の違い

チャレンジタッチの方が、付録が少ないとのことでしたが、

年間お届け教材って、メイン教材以外は、実はあまり変わりません。

チャレンジ(紙)で届く教材

2021-04-12_15h05_34

チャレンジタッチで届く教材

2021-04-12_15h05_59

※参考→お届け教材 | 保護者サポート 小学講座 | 受講中のかた向け

 

入会特典で貰えるアイテムも、ほとんど同じ。

IMG_8705

チャレンジタッチ2年生の入会特典。

IMG_8517

チャレンジタッチ4年生の入会特典。

IMG_8692

チャレンジタッチ会員にも、年4回ほど特大号のタイミングで教材が届きます。

IMG_0251

知育教材、付録だけでなく、紙に書く教材も大量に送られてくる。

特大号の教材も、ほぼ同じなのです。

IMG_0263

IMG_0256

「思考力トレーニング」や「ドリル」等の問題集、

IMG_8699

ポスターとか辞典といった教材、

IMG_8526

知育玩具もしっかりと届けてくれます。

IMG_0277

 

チャレンジタッチで減るのは、主にデジタル玩具

例えば、小学1年生なら「スタートナビ」や、

「くり上がり・くり下がりけいさんマスター」が無いのです。

IMG_8393

ただ、これって「チャレンジタッチ」が有れば要らない物であり、

チャレンジ付録のデジタル玩具って、オマケ程度の品質、

下手な物を貰うより、チャレンジパッドで完結した方が良いのです。

 

また、チャレンジタッチにしか付かない付録も有り、

「マイク」や「ヘッドセット」は、タブレットが無いと使えませんからね。

20210412145955

ゲームアプリ、マンガの違い

チャレンジには無いエンタメ要素として、

チャレンジタッチには、ゲーム機能が有ります。

IMG_8870

小学3年生からは「ジュエル」というご褒美ポイントも登場し、

学習量に応じて、ジュエルが貯まるようにもなる。

IMG_8718

ジュエルを使って、ゲームをしたり、アバターをカスタムしたり、

IMG_8719

動画やオリジナルマンガも見れたりします。

IMG_8733

 

紙教材のチャレンジには、ゲーム要素こそ有りませんが、

漫画は多く、シールとかも付いてきます。

20210412152428

上述したように、電子書籍、プログラミングゲーム、Challenge Englishと、

エンタメ要素を含む主たる特典は、

チャレンジタッチだけでなく、チャレンジ会員も使えますので。

IMG_8872

教材内容と難易度の違い

進研ゼミ公式サイトによると、

チャレンジは「書く学習が多く、考えながら取り組む」となっており、

チャレンジタッチは「直感的に学ぶ、覚えることが苦手な子向き」となっています。

要は、チャレンジタッチの方が難易度が低いということ。

<チャレンジ>の場合
しっかり紙に書く学習をするため、自分でじっくり考えながら取り組みたいお子さまにお勧めです。
体験教材が豊富ですので、自ら実体験をすることが好きなお子さまに向いています。

<チャレンジタッチ>の場合
動画や音も交えたデジタル学習が中心ですので、直感的に学ぶことが好きなお子さまにお勧めです。
考える工程を細分化して説明しますので、覚えることが苦手なお子さまにお勧めします。
デジタルならではの繰り返せるアプリがありますので、アニメやゲームが好きなお子さまに向いています

<チャレンジ>と<チャレンジタッチ>で、どちらのスタイルが子どもに向いているか迷います。 | よくあるご質問|進研ゼミ小学講座

 

進研ゼミの教材の売りは、勉強感が薄いこと。

紙教材のチャレンジも、

全面カラーのポップなデザインだったり、写真が多かったり、

IMG_8411

漫画やイラスト満載で、勉強感を消しているのです。

IMG_8412

 

チャレンジタッチになると、更に勉強感は薄くなる。

学習もアニメーション解説から始まり、丁寧な音声解説まで付いてくる。

習って無いでも大丈夫、ホント分かりやすく説明しています。

IMG_8722

問題自体にもゲーム性が有ったり、問題文の読み上げまでしてくれる。

IMG_8729

タブレット性能故に、選択式の問題も多く、

回答直後に正解がわかる自動添削。

自動で丸付けまでしてくれちゃうって、ラクなのさ。

 

ただ、これは一長一短。

自動添削の機能も、適当に回答を繰り返せば、

理解しなくても正解することもできちゃうんですよね。

チャレンジタッチには、復習とき直しができる「Wとき直し」が有るとはいえ、

問題の繰り返し感も強い。自動添削は変わりませんから。

20210326194119

 

紙教材なら、少なからず回答を探して、

文字を読む、間違えた部分を認識して「書く」という行為が含まれますからね。

IMG_8401

保護者の手間、進捗管理の違い

親の手間、やらせる難易度も、チャレンジタッチの方が低いです。

チャレンジタッチでは、子供の取組状況がリアルタイムで把握できるので、

やらずに終わるということも無くなりました。

 

日々やったかどうか、保護者にメールしてくれる機能が有るし、

オンラインの会員専用ページ「おうえんネット」で進捗状況も把握できる

20210319091549

子供がタブレットを起動すれば、やるべき問題も提案してくれるし、

問題の答え合わせも、回答後に自動で丸付け。

毎日やるべきノルマをサクサクとこなし、

毎月の教材量も、容易に達成するようになりました。

 

ただ、やらせる手間が減ったのは、

難易度が下がったことも、大きいとも思ってます。

1日の勉強時間も少なく、

解説動画を見るだけで、1日のノルマ達成なんてことも。

勉強感は無いから、一人でやってくれるけども、

実際、身についているのかといえば疑問な点は多い。

 

今までは、丸付けという親子で確認する作業、

理解しているか?親の私も確認する機会が有ったのですが、

自動丸付け、Wとき直しで、保護者が間違いを指摘するタイミングが減る

結局、理解しないまま終える・・・ということも実際に有りました。

 

毎月の提出テスト「赤ペン先生」で発覚すれば良いのですけど、

提出テストの問題数も少ないですからね。

 

紙教材のように、実際、どのように勉強しているのか、

後からまとめて見返すこともできないし、

チャレンジタッチのエンタメ満載のUIで、教材内容の確認も困難。

良くも悪くも従来の通信講座とは違うのです。

教材管理方法の違い

メイン教材は、タブレット一つで完結するので、

教材という書籍を受け取る手間もないし、

教材を収納する場所、教材を広げる場所も不要となります。

冊子型の問題集だと、机と椅子が必要ですが、

タブレット教材は、どこでもやれる。外出時にやる難易度も低い。

20210326185549

 

ただ、教材が残らないってデメリットも有り、

解約後の翌年(次学年の3月24日)には教材も使えなくなるし、

解約後は、タブレットの使い道が無いのも、チャレンジタッチの難点。

チャレンジパッドは、Androidタブレットとして使うこともできませんからね。

 

あと、定期的にシステムメンテナンスも有り、

毎月更新時のダウンロード時間も地味に長いので、

やりたいときにやれないというデメリットも有る。

IMG_8723

充電切れたらできないし、充電すれば音声が流れ続けるという、

チャレンジタッチならでは、システム的な弱さも有る。

充電も、専用の充電ケーブルか、miniUSBケーブルでの充電ですからね。

あまり変わらないもの

努力賞ポイント

チャレンジといえば、頑張ったご褒美で玩具が貰える「努力賞」システム。

チャレンジタッチでも努力賞システムは健在で有り、

貰える商品も基本的に同じでした。

 

ただ、チャレンジタッチの場合は、毎月号のメインレッスン完了でも、

努力賞ポイントがもらえるので、

赤ペン先生のポイント付与数が少なくなってます。

※年間で貯まるポイントは、同じになるように設定されてます。

チャレンジ

  • 「赤ペン先生の問題」1号分を提出→8ポイント
  • 「実力診断テスト」1号分を提出→8ポイント

チャレンジタッチ

  • 毎月号のメインレッスンを全て完了→1月あたり4ポイント
  • 「赤ペン先生」1号分を提出→教科につき1ポイント
  • 「実力診断テスト」1号分を提出→8ポイント

 

努力賞って、そこまで大したものは貰えませんので期待しないように。

1ヶ月で約8ポイント+年3回の実力診断テスト(1回8ポイント×3回)と考えると、

年間(12ヶ月)で約120ポイントが限界値になります。

IMG_8527

72ポイントで、ラメ入りポスカに交換。

20210307120408

ポイント分散すれば、商品は多くなるけど・・・数百円程度ですね。

20210302152051

ベネッセオリジナル商品は、なかなか微妙でした。

20210302152217

赤ペン先生

以前は、チャレンジタッチの赤ペン先生のテストは、

低学年(1・2年生)年3回と、

紙教材の「チャレンジ」に比べると少なかったのですが、

チャレンジタッチも毎月提出となりました。

 

チャレンジタッチは、ネット提出のみですが、

チャレンジは、郵送提出だけでなく、ネット提出も可能へ。

スマホのカメラで撮影するだけ。

IMG_8899

いずれも切手も不要で提出できるし、

「チャレンジ」も「チャレンジタッチ」も、

テスト結果は、会員専用サイト(オンライン)で確認できるのです。

IMG_8900

 

8月号、12月号、3月号では、チャレンジタッチでも「実力診断テスト」が届くし、

これもネット提出対応となりましたからね。

オプション講座

進研ゼミのオプション講座は、

チャレンジ、チャレンジタッチともに、内容は一緒です。

IMG_8904

進研ゼミ オプション講座

  • 考える力・プラス講座(1~6年)
  • 考える力・プラス講座 中学受験講座(4~6年)
  • 考える力・プラス講座 公立中高一貫受験対応(5・6年)
  • かがく組(1~4年)
  • 作文・表現力講座(3~6年)
  • オンラインスピーキング(1~6年)
  • プログラミング講座(1~5年)
  • 漢字計算くりかえしドリル(1年生)
  • 国語算数発展ワーク(1~4年)
  • 国語算数ハイレベルテキスト(5・6年)

「考える力・プラス講座」や「かがく組」は、

紙ベースの教材だし、単体でも契約できますからね。

 

ただ、デジタル教材を使ったオプション講座、

例えば「プログラミング講座」や「オンラインスピーキング」は、

パソコンやタブレットが必要なので、

チャレンジタッチの方が、余計な出費は避けられるのです。

英語教材(Challenge English)

進研ゼミでは、主な英語の勉強は「Challenge English」がメインとなります。

これは元々オプション講座だった英語専用教材であり、

チャレンジ、チャレンジタッチ、どちらでも利用できます

パソコンやタブレットでも動作するし、PCとiPadで専用アプリまで有るのです。

20210320124031

英語教材としてのボリュームは多く、専用アプリの質も高いですが、

小学講座(チャレンジタッチ)とは連動していません

個々のレベルに合わせてひたすら英語を学べますが、

チャレンジタッチの学習量には反映されません。

プログラミング教材

進研ゼミは、英語教材だけでなく、

プログラミング教材「プログラミングワールド」も、

追加料金不要で楽しむことができます。

20210326190342

チャレンジタッチでは、ホームメニューから、

「プログラミングワールド」を直接起動できるようになってますが、

会員サイト上でも楽しめるので、紙教材のチャレンジ会員も楽しめます。

 

iPad等のタブレット端末でも、ブラウザアプリから起動できます。

「チャレンジウェブトップ」→「会員のかた」→「プログラミングワールド」という流れです。

IMG_8903 (1)

電子図書館まなびライブラリー

進研ゼミ会員は、電子図書館「まなびライブラリー」も利用できます。

電子書籍で児童書1,000冊以上が読み放題は、

「チャレンジパッド」が無くても利用可能です。

 

チャレンジタッチからも見れるし、タブレットやPCでも、

WEBブラウザで会員ページへログインすれば閲覧可能、

プログラミング教材と同じです。

IMG_8873

「チャレンジパッド」は、ピンチイン・ピンチアウト(画面拡大)に難が有るから、

なんだかんだでiPadで読書した方が快適です。

IMG_8901

チャレンジとチャレンジタッチまとめ

楽しみながら学ぶという、

進研ゼミのコンセプトは変わりません。

どちらも付録は多いし、学校で必要な知識を楽しく学べること。

 

ただ、せっかく考えられた教材も、タブレット性能がネックになっているし、

チャレンジタッチは、実質6ヶ月の縛りが有るので失敗した場合も痛い。

進研ゼミの退会方法も「電話のみ」という点にも気をつけて。

「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」の解約方法。ベネッセ退会時の注意点。

その点、チャレンジは、資料請求である程度の内容も掴めるから。

進研ゼミ小学講座<チャレンジ>の資料請求してみた。無料体験教材の内容とその感想。 

 

デジタル教材なら、スマイルゼミも有りますからね。

チャレンジタッチの根本的な問題点として、

タブレット性能が低いっていう欠点。

スマイルゼミと比べると「書く」というだけでも全然違うのです。

スマイルゼミとチャレンジタッチ、両方契約して気づいた大きな違い

 

比べればスマイルゼミの方が高性能ですが、

専門タブレットという点で限界が有るのは事実。

どちらもスペックは低いので・・・タブレットを目的にしないように。

スマイルゼミも、高学年になると厳しいかなと感じました。

スマイルゼミ小学生コースを契約して気づいたメリット・デメリット 

 

子ども用タブレットが欲しいなら、Amazon Fireタブレットがコスパ最高。

Amazonにも知育アプリやゲーム専門の「Amazon Kids+」というサービスとか有るから。

※参考→Amazon Kids+(FreeTime Unlimited)レビュー。契約して気づいたメリット・デメリット。 | 俺の動画。

 

テレビやYoutubeを見るだけで、本を読むようになれば良いのですけど、

なかなかそうは行かないですよね。

親がラクということは、子供もラクということ。

ラクというのは、勉強嫌いの導入としては有りかもしれませんが、

知識がラクに身につく事が、良いことでも無いでしょう。

これは学ぶ楽しさとは、また別の話だとも感じました。

ベネッセ 進研ゼミ 小学講座 資料請求プロモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です