進研ゼミ小学講座<チャレンジ>の資料請求してみた。無料体験教材の内容とその感想。

進研ゼミ小学生コース資料請求

小学生向けの通信教育の代表格といえば、

進研ゼミの「チャレンジ」。

 

チャレンジ1年生でもお馴染みであり、

「こどもちゃれんじ」から、そのまま契約している人も多い印象・・・

とりあえず、資料請求してみました。

ベネッセ 進研ゼミ 小学講座 資料請求プロモーション

進研ゼミの種類と料金

進研ゼミ小学講座の「チャレンジ」は、

学年が上がるごとに料金は高くなっていきます。

高学年になるにつれ、教科数も増えますからね。

IMG_7722

進研ゼミ月額料金(税込)

受講費(税込)
毎月払い
受講費(税込)
6ヶ月分一括払い
受講費(税込)
12ヶ月分一括払い
小学1年生 月々3,680円
※最低2ヶ月~
6ヶ月23,760円
月あたり3,300円
12ヶ月35,760円
月あたり2,980円
小学2年生 月々3,680円
※最低2ヶ月~
6ヶ月23,760円
月あたり3,300円
12ヶ月35,760円
月あたり2,980円
小学3年生 月々4,490円
※最低2ヶ月~
6ヶ月25,200円
月あたり4,200円
12ヶ月44,880円
月あたり3,740円
小学4年生 月々4,980円
※最低2ヶ月~
6ヶ月28,680円
月あたり4,780円
12ヶ月53,160円
月あたり4,430円
小学5年生 月々5,980円
※最低2ヶ月~
6ヶ月34,500円
月あたり5,750円
12ヶ月63,840円
月あたり5,320円
小学6年生 月々6,440円
※最低2ヶ月~
6ヶ月37,140円
月あたり6,190円
12ヶ月68,760円
月あたり5,730円

幼児向け「こどもちゃれんじ」よりも教材は増えますが、

その分、料金も大幅に上がってます。

こどもチャレンジ資料請求してみた。体験教材の内容とその感想。

 

また、進研ゼミは、オプション教材が豊富もあり、

「もっと!挑戦シリーズ」「かがく組」

「考える力・プラス講座」「作文・表現力講座」・・・と、

目的に合わせて、個別の教材も申し込めます。

 

2014年からは、タブレットを使った「チャレンジタッチ」も登場。

従来の紙ベースの教材 or タブレット教材、どちらかを選ぶシステム。

 

紙教材だから値段が違うわけではなく、教材の内容が微妙に異なります。

タブレットは、知育玩具が少なくなる印象。

パンフレットには、学年毎に具体的な違いも記載されていました。

IMG_7729

スマイルゼミと比較されがちの「チャレンジタッチ」ですが、

料金だけで比べると「進研ゼミ」の方が断然安い。

進研ゼミは、税込み表記というのも親切。

 

受講費だけでなく、専用タブレットのチャレンジタッチ料金も安く、

タブレット代金は6ヶ月以上受講で無料となる。

6ヶ月未満の解約した場合でも税込み9,900円で良いわけですから。

タブレット代金
6ヶ月以上受講
※初めて受講
無料
6ヶ月未満で退会
(又は、学習スタイル変更)
※初めて受講
9,900円(税込)
過去に受講していた場合 19,800円(税込)
追加購入 19,800円(税込)

スマイルゼミは初回10,978円

6ヶ月未満で退会したら32,802円も請求されるので、だいぶ違う。

スマイルゼミとチャレンジタッチ、両方契約して気づいた大きな違い

 

チャレンジタブレットは、

タブレット破損のサポート価格も、年間1,860円修理価格3,300円と割安。

まぁ、この辺は、元々のタブレット価格が安いので。

契約期間1ヶ月 契約期間6ヶ月 契約期間12ヶ月
チャレンジパッド
サポートサービス
190円→年2,280円
(修理時+3,300円)
1,050円→年2,100円
(修理時+3,300円)
1,860円
(修理時+3,300円)

 

ちなみに、オプション教材は、紙ベース教材が主な模様。

オンライン英会話の「オンラインスピーキング」も、

チャレンジパッド以外の端末(PC、iPad等)で受講可能となってました。

資料請求に必要な情報

同じベネッセということで「こどもチャレンジ」に必要な情報とほぼ一緒。

ただ、こどもチャレンジと進研ゼミは、別のサービス。

申し込みページも別でした。

進研ゼミの無料資料請求

 

資料請求に必要な情報は、

保護者氏名と保護者のメールアドレス。

2020-05-02_06h26_23

お子さま情報の入力では、子供の氏名、

生年月日、性別、住所、電話番号。

2020-05-02_06h26_45

兄弟が居る場合は、追加して入力できます。

2020-05-02_06h27_22

 

任意の設問。

中学受験の予定、デジタル端末の利用について・・・任意ですが、

営業電話でも聞かれると思いますので。

2020-05-02_06h26_55

 

最後に、希望する資料の学年を選びます。

兄弟を追加で入力した場合は、学年に応じた資料も送ってくれるってよ。

2020-05-02_06h27_38

資料が届くまでの期間

実際に資料が届いたのは、申し込みの4日後。

郵便局のゆうメールで、自宅のポストに届きました。

 

今回は、小学2年生、小学4年生で資料請求したので、

二人の子供宛に、2通別々で届きました。

IMG_7177

資料・体験教材の内容

私の子供は、小学1年生と小学3年生を終えたばかり・・・

というわけで、小学2年生と小学4年生の資料請求となります。

 

小学2年生と小学4年生でパンフレットの内容は一緒。

主に違うのは、赤ペン先生の添削見本、体験教材ですね。

IMG_7298

学年により体験教材の内容も、大きく異なりましたので。

2年生

進研ゼミ小学講座2年生の資料&体験教材。

IMG_7295

パンフレットと体験教材と、オマケで鉛筆も入ってました。

IMG_7296

教材見本。紙教材は、国語と算数の1回分。実物大サイズ。

毎月15回分のウチ1回分が、まるまる体験できるわけですね。

IMG_7302

オマケの鉛筆は、両側から削って使うやつ。

IMG_5404 (1)

教材内容は、カラフルでイラスト多め。

IMG_7905

ページ数の割には問題は多くなく、うちの子もサクサクっと終えてました。

IMG_5410

小学2年生のタブレット教材は、見本のみで保護者向けの内容。

ゲーム感覚で勉強できるってのは良いですね。

IMG_7906

4年生

小学4年生向けの教材の方が、体験資料は多かった。

教科数も多くなり、月々の料金も高額になりますからね。

IMG_7271

チラシ類も多め。英会話、漫画、入会特典・・・気合入ってます。

IMG_7300

体験教材の見本。

IMG_7282

紙教材で、国語、算数、理科、社会、英語とお試しができる。

IMG_7288

5教科で1回分の体験なので、ボリュームもなかなか。

IMG_7911

タブレット教材も、4年生では体験できるようになってました。

IMG_7907

鉛筆で書くだけでなく、

IMG_7908

ページにめくれる工夫が有ったり。

IMG_7909

コインで削って答えを出したり。

IMG_5399

既に楽しそうな雰囲気・・・さすがベネッセ。

努力賞で貰える商品も、わざわざキラキラカードにしていたり。

既に、子供はやる気満々でした。

IMG_7286

資料請求後の営業電話

ベネッセといえば、営業電話のイメージ。

我が家は、一番下の子供も同時に「こどもちゃれんじ」の資料請求もしたので、

それについての営業電話も有りました。

こどもチャレンジ資料請求してみた。体験教材の内容とその感想。

 

実は、同時期に他の通信教育にも資料請求したのですが、

どこよりも電話が早かったのが「ベネッセ」でした。

資料が到着する前に1回。

資料が到着していないと言ったので、後日また電話もありました。

 

資料は見ましたか?タブレット、紙教材のどちらに興味があるか?

と聞かれ、どちらがオススメか?と伺ったところ、

どちらかというとタブレット押しという感じでした。

 

とりあえず、検討するということで電話は切りましたけども、

そんなにゴリゴリ営業というわけでもなく、

優しそうな女性というイメージ。悪い印象は有りませんでした。

進研ゼミで資料請求してみた感想

色々と通信講座の資料請求はしてきましたが、

ベネッセはトップクラスに資料の内容が豪華でした。

 

1回分の体験教材も体験できるし、オマケのオモチャも有る。

体験教材にスンゲー力入れてる感じを受けました。

「なんか楽しそう」って、子供を惹き付けるのが上手いな・・・と。

我が家も子供のやる気に負け、結局、申し込みしたんですけどね。

 

懸念していた料金ですが、

進研ゼミは、他通信講座に比べて値段が格安。

以前は+約2,000円だった英語教材の「チャレンジイングリッシュ」も無料になったので、

むしろ割安なんじゃないかなと。

IMG_7293

進研ゼミ≒オモチャで釣るっていうイメージも有りましたが、

教材もカラフルで、楽しませる仕組みも考えられているんだなと。

 

その後、チャレンジ、チャレンジタッチと契約しましたが、

我が家は、どちらかというとチャレンジ派でした。

「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」の解約方法。ベネッセ退会時の注意点。

 

チャレンジタッチは、同じタブレット教材という点で、スマイルゼミに劣るかなと。

教材ボリュームはよいのだけど、タブレットの性能が厳しいです。

スマイルゼミとチャレンジタッチ、両方契約して気づいた大きな違い

 

ベネッセは、資料請求で営業電話が来ますが、

解約方法も、ちょっと分かりづらいのも難点ですね。

「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」の解約方法。ベネッセ退会時の注意点。

ベネッセ 進研ゼミ 小学講座 資料請求プロモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です