まなびwith小学生コースの資料請求してみた。体験教材の内容とその感想。

まなびwith小学生 資料請求

小学館で新しく始まった「まなびwith」。

下の子の幼児コースの資料請求と同時に、

上の子用に小学生コースも請求してみました。

同じまなびwithの通信講座でも、幼児と小学生じゃ全然違いましたので。

まなびwith小学生コースの料金

まなびwithの支払い方法には、

毎月払い、6ヶ月一括払い、12ヶ月一括払いの3パターン有り。

一括でまとめて払うほどに割引が効くのは、幼児コースと同じ。

まなびwith幼児コース(年少・年中・年長)の資料請求してみた。体験教材の内容とその感想。

IMG_7162

まなびwithの料金(税込)

年齢 受講費
毎月払い
受講費
6ヶ月分一括払い
6ヶ月分一括払い
一ヶ月あたり
受講費
12ヶ月分一括払い
※4月入会
12ヶ月分一括払い
一ヶ月あたり
年少コース 3-4歳 ¥2,310 ¥12,936 ¥2,156 ¥25,404 ¥2,117
年中コース 4-5歳 ¥2,585 ¥14,472 ¥2,412 ¥28,428 ¥2,369
年長コース 5-6歳 ¥2,585 ¥14,472 ¥2,412 ¥28,428 ¥2,369
小1コース 小学1年生 ¥3,685 ¥20,634 ¥3,439 ¥40,536 ¥3,378
小2コース 小学2年生 ¥3,740 ¥20,940 ¥3,490 ¥41,136 ¥3,428
小3コース 小学3年生 ¥4,015 ¥22,476 ¥3,746 ¥44,172 ¥3,681
小4コース 小学4年生 ¥4,675 ¥26,172 ¥4,362 ¥51,432 ¥4,286
小5コース 小学5年生 ¥5,225 ¥29,256 ¥4,876 ¥57,468 ¥4,789
小6コース 小学6年生 ¥5,555 ¥31,104 ¥5,184 ¥61,104 ¥5,092

 

小学生コースの料金は、幼児コースよりもワンランク高め。

小1コースでは+約1,000円

小3コースからも教科も増えるので、また更に高くなるイメージ。

 

といっても、高学年の教材は、進研ゼミの「チャレンジ」の方が割高なイメージ。

進研ゼミだと、小学6年生は毎月払いで月々6,440円ですからね。

進研ゼミ小学講座<チャレンジ>の資料請求してみた。無料体験教材の内容とその感想。

IMG_7722

資料請求に必要な情報

まなびwithの資料請求は、幼児も小学生も一緒。

年少コース~小6コースまで、同じページから資料請求できます。

無料教材セット・資料請求お申込み|通信教育「まなびwith(ウィズ)」

 

保護者氏名、メールアドレス、住所、電話番号。

2020-05-07_10h35_15

子供の名前、性別、生年月日、請求するコース(学年)の選択。

2020-05-07_10h35_25

アンケート。小学館サービスの利用の有無。

2020-05-07_10h35_36

確認して申し込み完了。

送信完了画面では、一番下に請求したコースも記載されています。

 

2020-04-07_09h06_07

資料が届くまでの期間

資料請求の3日後に、まなびwithの封書が到着。

今回は、3人の子供で請求したので3通です。

幼児コースの資料も同時に届きました。

まなびwith幼児コース(年少・年中・年長)の資料請求してみた。体験教材の内容とその感想。

IMG_7148

ゆうメール・・・ではなく、クロネコDM便。

自宅ポスト投函です。

資料・体験教材の内容

今回は、小学生の娘、2人分の資料請求。

4月から小学2年生と、小学4年生です。

小2コースの資料。

IMG_7157

小4コースの資料。

IMG_7156

いずれもパンフレット、体験教材(ワークブック、わくわく研究所)、

料金案内、チラシ・・・といった内容。オモチャとかは入ってません。

 

パンフレットは、小2コース用と小3~小6コース用。

高学年のパンフレットは一緒なんだな。

IMG_7965

 

体験教材は、「ワークブック(国語・算数)」と「わくわく研究所」。

IMG_7163

ワークブック1冊で2教科分。表が算数、裏が国語。体験教材は1週間分です。

IMG_7950

小学2年生の教材は、全ページカラーですが、

小学4年祭の教材は、モノクロ。イラストは多め。

IMG_7953

教材の中にはQRコード付きのページが有り、

オンラインコンテンツへ。デジタルとアナログの融合。

IMG_7964

教材に連動して、アニメーションを見たり、動画で解説してくれる。

QRコードは、Youtubeへのリンクってわけですな。

IMG_7973

 

教材用に別途ガイドブックが付いているのも、まなびwithの特徴。

IMG_7966

教材のすすめ方や、アドバイスの仕方・・・等、

主に、保護者向けの内容になってます。

IMG_7967

 

まなびwithでは、メインの教材「ワークブック」だけでなく、

「わくわく研究所」という教材も毎月届く。というわけで体験がありました。

表示は一緒ですけど、学年ごとに内容も異なります。

IMG_7961

これ、クイズ好きの子供にドハマリでした。

「名探偵コナン」がキャラクターに使われてますが、

東京大学の謎解きクリエイター集団でお馴染み「アナザービジョン」監修で、本格的。

IMG_7962

私も一緒に考えて・・・全然わからなくて・・・

答えまでたどり着いたときは、親子で脳にビビビときた。

ワークブックにもヒントが有ったりと、ホントよく考えられてるの。

IMG_7963

 

他にも「計算ハカセの部屋」という知育ゲームのお試しも有ったり。

IMG_7955

QRコードから、WEB上のページへアクセスする仕組みなんで、

基本的にカメラの付いているスマホやタブレットでやる感じ。

IMG_7975

検索ブラウザ上で動作するので、パソコンでもできます。

※参考→おためし版 計算特訓ドリル ナンバー博士の計算ラボ

資料請求後の営業電話

進研ゼミの「チャレンジ」同様に、

まなびwithでも営業電話が有りました。

体験教材が届いてから、約1週間後。

 

聞かれる内容は、通信講座で定番の内容。

資料が届いたか?教材はどうだったか?

私は、幼児コースも一緒に資料請求していたので、

姉妹で入会を検討しているのか?とかも聞かれました。

まなびwith幼児コース(年少・年中・年長)の資料請求してみた。体験教材の内容とその感想。

検討していますと伝えたところ・・・

また、数日後にも電話があったので、

申し込まないつもりならハッキリ断るなり、

他社の通信講座にしちゃったとでも言った方が良いかなと。

 

結局、2回めの電話の時には、私は既に申し込んでいたので、

ありがとうございますで、終わりましたけども。

資料請求してみた感想

ドラえもんから、名探偵コナンになり、

ワークブック、わくわく研究所と、謎解き要素が多い教材・・・

イラストも多用されているのは、他社同様ですが、

まなびwithでは、問題を解くだけでなく、

問題を通して「学ぶ」を意識しているようにビンビン感じました。

 

進研ゼミのように、頑張ったらオモチャが貰える「まなび賞」は有るけども、

それを押して無い感じも、なんか好感が持てる。

IMG_7956

 

保護者用の「学習ガイドブック」も別冊で付いおり、

ただ良い点を取るだけでなく、なんでこの問題をやるのか?

問題の意図を解説してくれる。

IMG_7969

学ぶとは・・・親も勉強になるんだな。

 

まなぶwithでは、自宅のPCやスマホ、タブレット(iPad等)でも、

デジタルコンテンツも楽しめるので、コストパフォーマンスも悪くないんじゃないかと。

というわけで、試しに契約してみました。

まなびwith小学生コースを契約して気づいたメリット・デメリット 

逆を言えば、自宅でタブレット端末が無いなら、

楽しめるコンテンツは半減するので、

タブレット学習させたいなら、他社の通信口座を選んだ方が良いかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です