2022年スマイルゼミ最新タブレットの違い。スマイルタブレット3、3R、チャレンジパッドの性能比較。

スマイルゼミタブレット3Rのスペック比較

タブレット通信教育の先駆けといえば「スマイルゼミ」。
タブレットを使った講座は、タブレット性能に大きく依存するわけで、
今回は、専用タブレット「スマイルタブレット」のスペックと価格コスパついて。

2022年度は、チャレンジタッチより「チャレンジタッチNext」が登場、
対するスマイルゼミの最新タブレットは「スマイルタブレット3R」。
実は、2018年に出たデバイスなんですよね。

歴代スマイルタブレットについて

スマイルゼミは、2012年12月にジャストシステムが開始したサービス。
従来の通信教育とは異なり、タブレット専門の通信教育サービスとなっています。

初代「スマイルゼミ専用タブレット」では、タッチペンが付属しない手でなぞるタブレットでしたが、
「スマイルタブレット2」でペン付きのタブレットへ。この頃は、ペン先が太い静電容量式です。

「スマイルタブレット3」より、画面も9.7インチ→10.1インチへ大型化。
静電容量式から電磁誘導方式のお絵描きタブレットへ進化。
パームリジェクション機能搭載の「手をついて書けるタブレット」になったわけです。

2018年「スマイルタブレット3」をマイナーチェンジした「スマイルタブレット3R」が登場。
これが2022年度スマイルゼミの最新モデルとなります。

サービス開始当初こそ、小学生コースと中学生コースでタブレット性能は異なりましたが、
2022年現在では、申し込み学年によるタブレット性能の差は有りません。
「スマイルタブレット3」から中学生コースも同じタブレットを使うようにもなっており、
幼児年中~年長、小学生1年生~小学生6年生、中学1年生~中学3年生と、どの学年も同じタブレット。
2020年に開始した幼児コースも同じ「スマイルタブレット3R」でスタートしています。

幼児コースのタブレット
  • スマイルタブレット3R

小学生コースのタブレット
  • スマイルゼミ専用タブレット
  • スマイルタブレット2
  • スマイルタブレット2R
  • スマイルタブレット3
  • スマイルタブレット3R
中学生コースのタブレット
  • スマイルタブレットJH
  • スマイルタブレットJH2
  • スマイルタブレット3
  • スマイルタブレット3R

スマイルタブレット3と3Rのスペック比較

2022年度の最新タブレットは、2018年に登場した「スマイルタブレット3R(型番SZJ-JS202)」となります。
公式サイトではスペック表記が無く、公式サイトのスマイルタブレット情報は、
2016年秋に発売された旧型「スマイルタブレット3(SZJ-JS201)」の情報のまま・・・

というわけで、手元の「スマイルタブレット3R」を参考に分かるスペック情報を抽出しました。
公式サイトの情報では有りませんので。参考までに。

スマイルタブレット3と3Rの違い

スマイルタブレット3Rスマイルタブレット3
定価43,780円43,780円
モデルSZJ-JS202SZJ-JS201
メーカー京セラ京セラ
登場年2018年2016年11月
OSAndroid9Android5.1.1
外形寸法高さ:180mm
幅:270mm
厚さ:10.2mm
高さ:180mm
幅:270mm
厚さ:10.2mm
CPUQualcomm APQ8017
Snapdragon 425
4core 1.4GHz
Qualcomm APQ8016
Snapdragon 410
4core 1.2GHz
GPUAdreno 308
500 MHz
Adreno 306
450 MHz
RAM
(メモリ)
3GB2GB
ROM
(ストレージ容量)
32GB16GB
本体重量約550g約560g
ディスプレイ
(解像度)
10.1インチ
(1280×800)
10.1インチ
(1280×800)
ペン入力電磁誘導式電磁誘導式
タッチ
パネル
静電容量方式
(10指対応マルチタッチスクリーン)
静電容量方式
(10指対応マルチタッチスクリーン)
Wi-Fi
(周波数帯域) 
IEEE802.11 b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
IEEE802.11 b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetooth 4.1Bluetooth 4.1
カメラ
画素数
前面500万画素
背面500万画素
前面200万画素
背面500万画素
メモリー
カード
microSD×1
 ※SDXC 512GBまで
microSD×1
 ※SDXC 512GBまで
接続端子microUSB
マイク端子
ACアダプター端子
microUSB
マイク端子
ACアダプター端子
スピーカーステレオステレオ
バッテリー
容量
6,000mA6,480mA
付属品ACアダプター
専用カバー
専用ペン
ACアダプター
専用カバー
専用ペン
Androidタブレット化可能可能

スマイルタブレット3も3Rも、ぱっと見の外観は同じ。
発売時期こそ2年ほど違いますが、スペックはそう大差ないです。

重量が微妙に軽くなり、インカメラの画質が向上・・・
その代わりバッテリー容量は微妙に少なくなっています。

スマイルタブレット3Rの違い
  • 重量:560g→550g
  • インカメラ画素数:200万画素→500万画素
  • バッテリー容量:6,480mA→6,000mA

細かい違いとしては、デジタイザーペンが丸型から、三角形のタイプへ変更となりました。
いずれも電池不要のデジタイザーペン。書き心地は変わらないので持ちやすくなったくらいです。
ちょっと壊れやすいのが難点ですけども。

スマイルゼミのタッチペン故障時の対処法。デジタイザーペンの保証期間と代用ペンについて。

チャレンジパッドとの比較

スマイルゼミのライバルと言えば、進研ゼミのチャレンジタッチ。
2022年度には最新の「チャレンジパッドNext」が登場。
で、スマイルゼミのタブレットと性能はどれくらい違うのか?

左スマイルタブレット、右チャレンジパッド

スマイルタブレットとチャレンジパッドの比較

スマイルタブレット3RチャレンジパッドNext
定価43,780円39,800円
初回タブレット料金一括:10,978円
12ヶ月未満解約:+7,678円
6ヶ月未満解約:+32,802円
無料
※6か月契約で無料
登場年2018年2022年
対象講座幼児
小学生
中学生
新幼児年長
新小学生
新中学生
OSAndroidAndroid
外形寸法高さ:180mm
幅:270mm
厚さ:10.2mm
高さ:約184.5mm
幅:約264mm
厚さ:約15.3mm
RAM
(メモリ)
3GB不明
ROM
(ストレージ容量)
32GB16GB
本体重量約550g約630g
ディスプレイ
(解像度)
10.1インチ
(1280×800)
10.1インチ
(1920×1200)
ペン入力電磁誘導式アクティブ静電結合方式
Active Electro Static
タッチ
パネル
静電容量方式
(10指対応マルチタッチスクリーン)
アクティブ静電結合方式
Active Electro Static
Wi-Fi
(周波数帯域) 
IEEE802.11 b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetooth 4.1
カメラ
画素数
前面500万画素
背面500万画素
前面500万画素
背面500万画素
メモリー
カード
microSD×1
 ※SDXC 512GBまで
microSD×1
 ※SDHC
接続端子microUSB
マイク端子
ACアダプター端子
MiniUSB
マイク端子
ACアダプター接続端子
スピーカーステレオモノラル
バッテリー
容量
6,000mA不明
付属品ACアダプター
専用カバー
専用ペン
ACアダプター
専用カバー
専用ペン
Androidタブレット化可能不可能

旧型端末「チャレンジパッド3」は正直酷いタブレットでしたが、
「チャレンジパッドNext」は凄い進化していました。

チャレンジパッドNextでは「手をついて書けるよう」になってしまい、
しかも、ワコムの技術まで採用されている。ホント書き心地良くなっちゃってますからね。
スマイルゼミよりも書き心地良いんじゃないか?っていう。画面も凄い綺麗ですからね。

2022年チャレンジタッチ最新タブレット。チャレンジパッド3、チャレンジタッチネオ、チャレンジタッチネクストの違いと比較。

スマイルゼミは、性能以前にタブレット代も高額。
チャレンジパッドは、6か月利用したら無料で貰えるのに対し、
スマイルゼミは、初期費用10,978円も必要
しかも、12か月未満の解約では追加で7,678円も徴収されます。

2022年度の教材で配布されるタブレット「スマイルタブレット3R」。
新タブレットって言ってますけど、2018年に登場したタブレットですからね。
ここ4年間はタブレット性能は更新されてないわけで・・・やっぱり割高かなと。

チャレンジパッドは、公式サイトに具体的なスペックが明記されていますが、
スマイルゼミのスマイルタブレット情報って記載が有りません。
せっかくスマイルゼミはAndroid化できるのに・・・ちょっとこれは困るのでした。

スマイルタブレットまとめ

そろそろスマイルタブレットも更新されるかと思いましたが、
2022年もスマイルタブレット3Rのまま。
ちょっと、チャレンジタッチとの差も開きつつあると感じました。

スマイルゼミとチャレンジタッチ、両方契約して気づいた大きな違い

スマイルタブレット、チャレンジパッドって専用タブレット故に、
スペックという点において限界が有る。
なんだかんでiPadは超高性能。iPadで学習できるZ会は間違い無いのでした。
初期費用が不要ってだけでなく、微妙なタブレットが増えないって利点も有る。

Z会小学生タブレットコースを契約して気づいたメリット・デメリット

iPadなら、スタディサプリも受講できる。予備校潰しの通信教育。
小学生高学年、中学生ではタブレットのアニメーションでは限界も有りますからね。

スタディサプリ小学講座を契約して気づいたメリット・デメリット

いや、タブレットだけで完結するなら苦労しないのですけども、
結局のところ、内容が難しくなると人が教える必要も出てくるのですよね。

だから塾行くんでしょうけど、我が家はスタディサプリのおかげで安上がり。
月額2178円で、プロ講師のオンライン授業が受けられるって反則でしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。