美容と健康の為に・・・というよりも便通の為に。

毎朝のシリアルは欠かせない。

一言でシリアルと言っても、その種類や栄養素は様々、美味しさも様々。

オートミール、ミューズリー、グラノーラ、オールブラン、コーンフレーク・・・

IMG_5358

売り場は一緒だけど、中身は全然違う。

欲しい栄養素も入って無ければ、摂取する意味もありませんから。

各種シリアルの違いの比較まとめです。

オートミールは、オーツ麦(えん麦)のシリアル。

オートミール=oats mealというわけで、オーツ麦から作られたシリアル。

オーツ麦=燕麦(エンバク)という事で、

大麦、小麦、ライ麦・・・等の麦の一種です。

 

オーツ麦を脱穀して加工したものが、オートミールです。

oats mealは、auto meal(自動食)と皮肉されるくらい、

基本的にオートミールだけでは美味しくないです。

パッとみ鳥のエサみたいだし、実際鳥のエサみたいな味です。爆

お粥みたいに煮て、グチャグチャにして出された時は、

食べられたものではありませんでした。

これだけで食すのはキツイです。※あくまで私の感想です。

水分足さないとパッサパサ。そのままでも食せません。

 

食物繊維だけでなく、ビタミン、ミネラル等の栄養素も豊富なので、

朝食の健康食品として定番となってます。

 

ミューズリーは、オートミールにナッツやドライフルーツ等を混ぜたもの。

ミューズリーは、オートミールに他の穀物や、ドライフルーツ、ナッツ、種子等を混ぜたもの。

食べにくいオートミールに、ドライフルーツ、ナッツ等が加わっているので、

より食べやすく、更に栄養素のバリエーションも増えます。

 

グラノーラとは違い、シリアル自体には味がついていないので、

素材の味を感じやすく、味も付いていない分、カロリーも抑えられています。

オートミールに、色々と混ぜ合わせたただけなので、

やはりミルクや、ヨーグルト等の水分を加えないと食べるのはキツイです。

 

ミューズリーもモノによりますが、ケロッグのが非常に美味しい。

ヨーグルトと相性抜群って事で、無理なくホント美味。

IMG_5361

 

シリアル自体は、オートミールな感じですが、

オートミール以外のフルーツやら、ナッツがゴロゴロ入ってます。

IMG_6153

ドライフルーツ沢山入って甘いんで、砂糖要らずです。

 

甘味が少なく食べづらいと感じるのであれば、

自分で砂糖やシロップを加えて調整する事も可能。

ヨーグルトならジャムがオススメ。

 

グラノーラは、ミューズリー甘味を加えてオーブンで焼いたもの。

今、流行りのグラノーラ。

ミューズリーに植物性油脂や、蜂蜜、シロップ等の糖分を加え、

オーブンで焼いたものがグラノーラです。

売れてるだけに種類も豊富。味のバリエーションも豊富です。

日清グラノーラ、カルビーフルグラ、ケロッググラノラの比較と違い。

IMG_5364

ミューズリーを食べやすく調理したものと考えれば分かり易いかと。

 

ミューズリーとグラノーラに入っているものに、大して違いは有りませんが、

ミューズリーに比べると、調理されている分、非常に食べやすいです。

甘いんで、そのまま食べても美味しく、ホントお菓子みたい。

 

美味しい分、ミューズリーに比べるとカロリーが高くなっていますので注意。

そのままミルク入れるだけでも、十分美味しいです。シリアル革命です。

 

オールブランはケロッグの商品名。小麦ふすま(ブラン)のシリアル。

オールブランは食物繊維を重視したシリアル。ケロッグの商品名です。

IMG_5366

Bran(ブラン)=小麦の外皮(ふすま)であり、食物繊維が非常に豊富となっています。

ケロッグオールブランの「ブラン」は小麦の外皮部分のことで、「小麦ふすま」とも呼ばれています。
この「ブラン」にはお腹の健康に欠かせない食物繊維(主に不溶性)をはじめ、鉄分、カリウム、マグネシウムなどのミネラルも含まれています。
小麦に占めるブランの割合は約15%ですが、一般に「小麦粉」と呼ばれているものは製粉の過程で、栄養価の高い「ブラン」の部分が取り除かれてしまうのです。「オールブラン」は、このブランを主原料としており、他の主要な主食と比べても非常に多くの食物繊維を含んでいます

自然由来のブラン | オールブラン | ケロッグ

ちなみに、オーツ麦の外皮の事をオートブラン(Oats Bran)と言います。

・・・ややこしいですね。

オールブランは、オーツ麦では無く、小麦のようなので、

オートブランとは、また異なりそうですね。

 

麦の種類と主な用途

  • 小麦→パン、麺類、ケーキ、菓子、天ぷら・・・一般的な小麦粉。
  • 大麦→ビール、ウイスキー、麦茶とか?
  • 燕麦(オーツ麦)→オートミール、ビール、ウイスキー。

 

まぁ、食物繊維が豊富な事には間違いありませんので、

食物繊維にこだわるなら、ケロッグのオールブランは抜群です。

ケロッグのシリアル比較まとめ。オールブランの種類と食物繊維量の違い。

特にオールブランオリジナルは、1食で1日の70%分も摂取できると化け物級です。


ケロッグ オールブラン 235g15個入り【送料無料】【RCP】

 

その他シリアル。コーンフレーク、玄米フレークの栄養素の違い。

元祖シリアルと言えば、ケロッグのコーンフロスティ。

コーンフレークって事で、原材料はコーン(トウモロコシ)です。

 

手軽にバランスよく栄養素を摂取できますが、

上述したオートミール・ミューズリー・グラノーラに比べると、

食物繊維量は断然少なくなります。

コーンフレークは健康食って言うよりも、簡単に食べる為の栄養食です。

IMG_5367

 

また、玄米フレークとかも、ビタミン系の栄養素は非常に豊富ですが、

やはり食物繊維は少なくなってます。

便秘には効きづらいので、ご注意下さい。

 

ケロッグシリアルの詳しい栄養素は、下記記事も参考に。

ケロッグのシリアル比較まとめ。オールブランの種類と食物繊維量の違い。

 

各種シリアルの食べ方。味の無いシリアルはひと手間加えて。

オートミールやミューズリー、ケロッグのオールブランは、

食物繊維が豊富で栄養素が高く、低カロリーで、美容やダイエットにも最適。

・・・ですが、低カロリーって基本的に美味しくありません。

 

オートミールは、お粥にして食べる人も居るみたいですが、

味も無く、恐らく多くの方が受け付けないかと。

健康志向なら良いのかもしれませんが・・・辞めた方が無難です。

 

水や、牛乳だけでなく、豆乳、ライスミルク、アーモンドミルク、フルーツジュース、

ヨーグルト、味の素、鶏ガラ、ウェイパー、味噌汁、コーンスープ、お雑煮風にしたり・・・

味が無いので、味を付けて食べる事をお勧めします。

味が無いなりに、意外と色々とアレンジも効きますので。

クッキーなどのお菓子に混ぜ込んだり、応用を効かせる人も居るようですが・・・

私はそこまでしません。

 

オートミールだけってやっぱり無理あるので、

結果的に何かを混ぜて食べる事になるかと。

よって、私はミューズリーやグラノーラに行き着きました。

 

グラノーラは味を加える手間も無く、そのままでも非常に美味しいです。

カロリーが高いと言えど、それほど高カロリーでも無く満腹感もありますので、

ダイエット食にも十分活用できるかと。

種類も豊富にありますので、いろいろ試してみる事をお勧めします。

日清グラノーラ、カルビーフルグラ、ケロッググラノラの比較と違い。

アイスなんかにかけるのもグラノーラはオススメ。

フレークに比べてしんなりし辛く、ゴリゴリ食感で味も美味しいから。

 

美味しいと言えど、毎日食べてれば流石に飽きます。

バリエーションも豊富だと助かるし、少しくらい手を加える必要も出てくるかと。

数種類のシリアルを混ぜたり、フルーツを加えてみたり。

なにより、美味しくなければ続きもしませんから。