自転車用チャイルドシートの比較。後ろ乗せと前乗せモデルの違い。

私の電動自転車は、前後チャイルドシートを付けています。

電動自転車を買い換えるとともに、チャイルドシートも買い換えてきたので、

なんとなく違いも理解できました。

 

前乗せと後ろ乗せの違いと、値段と性能の違い。

オシャレなチャイルドシートは・・・高いけど、

値段と機能は比例しないと感じました。

「前乗せ」と「後ろ乗せ」の違い

小さい子供は、前乗せチャイルドシートというイメージが有りますが、

どちらかを選ぶというなら、私は「後ろ乗せ」タイプを選びます。

 

前乗せのメリット

  • 走行中でも子供が見えるので安心
  • 子供の視界も開ける楽しい

前乗せのデメリット

  • 重心がハンドルに偏る
  • 使用できる期間が短い(12か月~48ヶ月)
  • 子供が窮屈
  • 大人も窮屈、足が当たる
  • 子供に風が当たる→冬は寒い

後ろ乗せのメリット

  • 走行が安定する
  • 使用できる期間が長い(12か月~72ヶ月)
  • 子供もゆったり座れる
  • 冬場は子供に風が当たらない

後ろ乗せのデメリット

  • 走行中は子供が視界に入らない

 

後ろ乗りチャイルドシートの方が、耐荷重が大きいので、

対応身長、対応年齢の幅も広く、使える期間が長いのです。

 

後ろ用のチャイルドシートが6歳くらいまで対応しているのに対し、

前用のチャイルドシートは、頑張っても3~4歳までが限界。

同じSGマークでも、後ろと前で耐荷重が違うのです。

 

前用チャイルドシート

  • 耐重量・・・15kg
  • 対応年齢・・・1~4歳位まで

後ろ用チャイルドシート

  • 耐重量・・・20~22kg
  • 対応年齢・・・1~6歳位まで

 

前乗せするよりメリットも大きく、

ハンドル操作、足漕ぎへの影響が無いし、バランスも崩しにくい。

後ろ側チャイルドシートの方が頑丈な作りなものが多く、

子供も乗り心地が良いのです。

 

普通の電動自転車ってハンドルのロック機能が無いので、

前乗せは、乗せる時もグラついて危ない。

後ろ側は自立スタンドでタイヤも固定されているので、

乗せる時にも安定してますからね。

後ろ乗せモデル

OGK ヘッドレスト付デラックスリヤキッズシート RBC-007DX3

後ろ用のチャイルドシートの定番モデル。

値段と機能を考えると、これが間違い無いです。

後ろ用チャイルドシートは、

対象年齢は1歳~6歳頃(20kg)まで。

身長は115cm以下まで、対応しているので、

年長さんまでは安心して乗れる。

IMG_5734_thumb1_thumb

実際に、乗り心地も良いようで、寝てしまうことも多々有り、

寝てしまっても、脇にもしっかりガードが付いているので安心です。

 

背中のメッシュ部分を倒すと、買い物カゴにも変身します。

子供が乗らないときも役に立つ、

自転車でも買いまくれるって凄い便利なのです。

IMG_5735_thumb1_thumb

OGK コンパクトリヤキッズシート RBC-009S3

旦那の電動自転車に、後ろ用チャイルドシート付けました。

簡易的なチャイルドシートで、

ヘッドレスト(後頭部保護パーツ)が付いていないタイプ。

長女は、このピンク色が気に入っている為、

お出かけの時、パパの自転車に喜んで乗っています。

IMG_5730_thumb_thumb
ヘッドレスト(後頭部保護パーツ)がないタイプですが、

後ろ用チャイルドシートも対象年齢は1歳~6歳頃(20kg)まで。

身長は115cm以下まで利用可能となってます。

こちらも背中のメッシュを倒すと、後ろカゴになる仕組み。

IMG_5732_thumb_thumb

Yepp Maxi Easyfit

ファッション性の高いチャイルドシートを求めて、

「Yepp(イエップ)」も購入してみました。

お値段3万円弱・・・海外製品なので凄い高額です。

Yepp Maxiと、荷台に取り付ける為の専用の金具(EASYFIT Carrier)がセットになった。

Yepp maxi EASYFIT setモデルです。

IMG_7286

IMG_7288

こちらが、後ろキャリアに取り付けるためのアダプタ。

ネジで4か所固定するだけ。取り付けはイージー。

IMG_7311

後は本体のYepp Maxiを斜めに入れ込んで、固定するだけ。

IMG_7325

 

背面の白いレバーを回すだけで、

固定具が飛びてて、しっかりと固定される仕組み。

レバーを回す前は、引っ込んでいるけど・・・

IMG_7317

レバーを回すと、突起が飛び出てしっかりと固定されます。

IMG_7315

Yeppは、背面上部に握れる取っ手もついているので、自転車を動かしやすいし、

Yeppは、チャイルドシートを簡単に外せます。

IMG_7323

チャイルドシートは、専用の荷台(EASYFIT Carrier)に固定しているだけ。

白いレバーを回せば、簡単にチャイルドシートも外れるのです。

IMG_7318

お値段高いから、盗まれたら大変なんだけど、

カギも付属しており、取り外しレバーのロックもできるようになってます。

IMG_7291

普段子供のせ自転車として使わない場合は、チャイルドシートを外しておける。

チャイルドシートって汚れやすいから、簡単に外れて掃除できるのも素晴らしい。

 

見た目こそ最高なんですけど、実際の使い勝手はあんまり良くないです。

子供用のハンドルが無く、座面も小さいので、乗せる時に苦労する。

固定ベルトしないと不安定だし、足の固定も面倒なのです。

まぁ、周りがOGKばかりなので、差別化したい人向け。

機能よりも、ファッション性ですね。

ちなみに、Yepp Miniという前乗せモデルもあるので間違えないように。

前乗せモデル

OGK フロントベビーシート FBC-003S2

前乗り用のチャイルドシートでも定番のOGK。

一番値段が安いライトモデルです。

 

自転車のタイプを選ばないので、

私が使っている電動自転車にも、取り付けオッケーでした。

IMG_5737_thumb2_thumb

フロントチャイルドシートは、

1歳頃から4歳頃(15kg)まで、身長は100cm以下まで、対応しているので、

次女(1歳9ヶ月の11kg)が乗ってます。

 

子供を乗せない時は、座面を前に折りたためるんです。

前面にスペースが空いて、漕ぎやすくなります。

IMG_5738_thumb4_thumb

前後チャイルドシート後付けが、私の電動自転車3人乗りスタイルです。

パナソニック前用チャイルドシートNCD336

自電車の買い替えとともに、

パナソニックのヘッドレスト付前チャイルドシートに買い換えました。

普通の電動自転車から、子供乗せ自転車に変えたのです。

子供乗せ電動自転車と普通の電動自転車の違い。ギュット・アニーズレビュー。

IMG_7780

高さ調節可能でしっかり固定。取り付け位置の微調整も可能。

OGKの前チャイルドシートと、パナソニックの前チャイルドシート。

取り付け方法に、大きな違いも有りました。

 

OGKの前チャイルドシートは、

チャイルドシートについているフックを、ハンドルに引っかけて、

ハンドルステムにセーフティーロックというのを、はめ込んで取り付け終了。

IMG_7695

取り付け方法は、とても簡単なのですが、

セーフティーロックの金属が当たり、キズが付いてしまったり、

ちょっとぐらつきがありました。

IMG_7790

一方、パナソニックのチャイルドシートには、細かな付属品が結構あります。

IMG_7779

このパーツを使って、チャイルドシートを装着していきます。

まずは、取り付け部品A・Bを六角穴付ボルトで

ハンドルステムに取り付ける。

ボルトを締める時は、付属されてる六角レンチを使う。

IMG_7794

取り付け部品の位置で、チャイルドシートの高さが決まるので、

好みの高さになるように、微調整しながら取り付ける事が可能です

 

次にチャイルドシート本体を装着していきます。

本体を、取り付け部品Aの穴に差し込む。

IMG_7781

 

ハンドル掛けフックを、ハンドルに引っかけ、

プラスドライバーで、ネジをしっかり締めて固定します。

IMG_7799

 

OGKのチャイルドシートは、ハンドルに引っかけるフックは固定されてましたが、

パナソニックのチャイルドシートはフックが可動式

取り付け部品の位置に合わせて、細かな高さの調節が出来るようになってます。

IMG_7781

 

後は、本体と取り付け部品とを固定するために、

蝶ネジを取り付け。

IMG_7807

 

落下防止の蝶ネジも、ハンドル掛けフックに取り付けます。

IMG_7809

 

最後に足置き用のステップを、子供の足の長さに合わせて取り付けます。

ステップの高さも、3段階に調節が可能

IMG_7814

 

完成です。

IMG_7812

子供たちを乗せてみました。

IMG_7821

パナソニック純正ということも有り、見た目も統一感有り。

取り付け方法はOGKの物と比べると複雑で、

その分しっかり固定され、多くの箇所で調節が可能です。

チャイルドシートの高さが調節して付けられるのも凄い。

OGKは、ハンドルの位置と座面の位置が、ほとんど同じ。

IMG_7706

子供を乗せるとこんな感じ。

IMG_7788

ハンドルと座面の間のスペースが狭く、ハンドル部分に、膝が当たってしまう

さらに、乗せる時も下ろす時も、

靴がハンドルに当たって、引っかかっていました。

 

パナソニックは、ハンドル位置よりも、座面の方が下になっている。

IMG_7812

座面の位置が下がったことで、ハンドル位置と膝との間にスペースが出来ました

IMG_7816

横から見ても、スペースがあることがわかります。

膝もハンドルに当たらない。

靴も引っかからずに、乗せられるし下ろすこともできる。

IMG_7815

座面の大きさは、大差無いですが、クッションが違いますね。

IMG_7793

また、パナソニックの前チャイルドシートにして、座面の位置が下がった事で、

子供の頭が視界に入らず、前方がよく見えるようになりました。

IMG_7822

 

ただ、パナソニックの前チャイルドシートで、

座面の位置が下がったことで、漕いでる時に足が当たるようになりました。

IMG_7826

まぁ、この辺は一長一短ですけども、

やはり値段が高い方が、ガッチリ作られていますね。

チャイルドシート選びのポイント

子供って自転車で寝まくります。

前よりも後ろの方が乗り心地も良いようで、

後ろのチャイルドシートは、よりしっかりとしたモデルが安心。

後ろは見えないので、しっかり固定できないと怖いです。

 

ヘッドレストは有った方が良い。

3点ベルト、5点ベルト・・・ベルトの本数はどうでも良いけども、

しっかりと固定するのを忘れずに。

面倒なので、腰だけ固定ってやりがちですが、ホントに危険です。

一瞬で寝て、一瞬でチャイルドシートから落ちそうになった事も有りました。

 

チャイルドシートは、簡素化されたオシャレなモデルも多いですけども、

背もたれだけのチャイルドシートは、子供が怖がってました。

小さい子供ほど、手持ちハンドルも有った方が安心するし、

ステップ部分の長さは調整できないと困ります。

 

あと、そもそも自転車に取り付けられるか?ってのは確認も必須。

ハンドルの形状、リアキャリアの耐荷重とか。

片足スタンドの自転車にもチャイルドシートは取り付けられますが、

自立式のスタンドに交換しないと危険です。私は交換しました。

パナソニックの電動自転車「Panasonic EZ」を子供乗せモデルに改造してみた。

自転車用チャイルドシートまとめ

我が家には、2人の子供がいるので、

前と後ろの両方にチャイルドシートを取り付けて保育園の送迎をしていますが・・・

3人乗りするには、幼児2人乗りに対応した、子供乗せ電動自転車が必須なわけで、

結局のところ、これが一番乗りやすかったです。

子供乗せ電動自転車と普通の電動自転車の違い。ギュット・アニーズレビュー。

 

格安に済ませるなら、一般的な電動自転車にチャイルドシートを付けるという方法。

普通の電動自転車にチャイルドシートを後付け→子供乗せ自転車として使う理由

 

2人の子供の保育園の通園時期を考えると、

上の子が小学生に上がる年齢で、下の子が4歳になるので、

ギリギリ自転車で通園し続ける事が、不可能かもしれません。

お子さん同士の年齢が近い場合、

年齢が上がるにつれて、3人乗りは不可能になるかと思います。

 

お子さんを自転車に乗せる時は、ヘルメット装着も忘れずに。

面倒ですが、毎度シートベルトもシッカリと固定しましょう。

何かあってからでは遅いですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です