JTBギフト券(ナイストリップ)の使い方。使って気づいた注意点。

先日、JTBギフト券「NICE TRIP(ナイストリップ)」を頂いたのですが、

JTBギフト券「NICE TRIP(ナイストリップ)」をいざ使おうと思ったら、

どうやって使っていいのかわからない。

 

ギフト券を使うというのにも苦労したので。

どこで使えるのか、実際に使って気が付いたこと、まとめておきます。

JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」の基本的な使い方

そもそも、JTBの旅行券とは何なのか分らなかったので、

一体どんなところで使えるのか、調べてみました。

 

JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」の詳細

  • JTBグループ店舗(全国約800点)で利用できる。※海外の店舗での利用は不可。
  • 1千円・5千円・1万円の金種がある。
  • 券面にオリジナルメッセージのプリントが可能。(有料)
  • 有効期限がない
  • 旅行券をインターネットから購入できる。
  • おつりが出る

 

基本的に、JTB店舗で利用するもので、

インターネットでのオンライ決済や、現地(宿泊先)支払いの場合には利用できません。

お宿に直接持って行って、「旅行券使えますか?」という事が出来ないので、

注意が必要です。

 

JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」自体は、

インターネットからの購入が可能で、

有料ですが、旅行券にメッセージのプリントも出来る。

 

有効期限が無いので、焦って使わなくて済むのも利点。

 

JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」は、おつりが出ます

1000円以下のおつりの場合は、小銭といった現金。

1000円以上のお釣りは、旅行券(ナイストリップ)での払い戻しとなります。

 

例えば、1万円分の旅行券(ナイストリップ)で5500円の代金を支払ったとき、

4500円分のおつりが戻ってきます。

この時、4000円分が旅行券(ナイストリップ)、

500円が現金で戻ってくるといった感じです。

 

JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」で購入できるもの。

 

  • JR切符や航空券などの購入。
  • 国内ツアーや海外ツアーといった旅行の購入。
  • 旅館やホテルといった宿泊施設の予約購入。
  • JTBの店舗で購入可能なレジャーチケット(前売り券)。

 

JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」はJTB店舗での利用が主なので、

店舗から購入できる国内ツアーや、海外ツアーの商品や、

JRの切符、航空券などが対象になっています。

 

ディズニーランドといった、人気テーマパークの入場チケットを

店舗で手配する時にも、旅行券(ナイストリップ)が使えます。

 

さきほど、オンライン決済には使えないと書きましたが、

JTB公式サイトに、掲載されている宿泊プランを電話予約し、

最寄りの店舗に行って、支払いをする場合は、

旅行券(ナイストリップ)を使っての支払が可能になります。

 

他にも「ネット予約、店舗で支払い」が出来と書いてある、

国内ツアーや、海外ツアーなどでしたら、

旅行券(ナイストリップ)の利用が出来ます。

 

但し、ネット予約限定で紹介されている商品は、

オンライ決済か、現地支払いの選択になってしまうので、

JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」の利用は出来ません。

 

JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」で購入できないもの。

 

  • 書籍
  • 旅行用品
  • 書籍
  • 外国通貨
  • ギフト券
  • JR回数券類
  • プリペイドカード類

 

JR切符の購入で、旅行券は利用できますが、

JR回数券には利用できないとの事。

ギフト券や、プリペイドカード、外国通貨も

換金性の高い商品のためか、旅行券の利用は出来ません。

 

書籍や、旅行用品もJTBが本来取り扱っている商品でないので、

利用が出来ないとの事です。

JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」を店舗で使うまでの流れ。

私が、実際にJTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」を、使うまでの過程です。

  • JTBの公式サイトから、お気に入りの宿を見つける。
  • 電話で問い合わせ、予約する。
  • 電話予約の場合、手数料が発生する。
  • 最寄りの店舗に行き、予約・購入する。

 

行ってみないと分からない事や、店舗の様子など、

以下で説明します。

JTBの公式サイトから、お気に入りの宿を見つける。

JTB公式サイトにアクセスすると、たくさんの宿の情報や、

国内・海外ツアーの情報がたくさん出てきます。

今回は、国内の宿泊施設の利用が目的だったので、

「旅館・ホテル」を選択。

2018-02-14_09h53_23

 

旅館・ホテルの情報がたくさん出てくるので、

行きたいところの、宿プランを見つけます。

 

JTBの旅行券ですので、JTBが取り扱っている宿や、

ツアーでの利用になるので、JTB公式サイトから探すのが一番早いかと思います。

電話で問い合わせ、宿の予約をする。

お気に入りの宿を見つけたら、

「このプランの予約へ進む」を選択します。

2018-02-14_10h09_14

 

「商品の予約・申込み」の所に移動します。

箔数や人数を入力します。

ネットで予約の場合は、「今すぐネットで予約」を選択すればいいのですが、

店頭でなければ、旅行券は使えないので「電話で予約」という所を確認。

「ナビダイアル」と書いてある番号に、電話をして予約します。

2018-02-14_10h16_00

 

「ナビダイアル」はフリーダイアルではなく、

全国一律で、1分10円の料金が発生。

実際に通話した時間は、10分くらい

10分×10円=100円の通話料が発生しました。

 

話した内容は、

宿のプラン確認、泊数と人数の確認、合計金額の確認です。

この時、540円の取扱手数料が宿泊料金に加算されるとの事。

※下記で説明します。

 

支払いの話の時に、最寄りのJTB店舗を探してくれました。

後は、支払いに行くという手順です。

 

電話予約をしてから、店舗に行く期日が決まっていて、

3日~1週間(7日)までとなっています。

 

もし、上記の期限内に、店舗に行けない場合は、

直接、最寄りの店舗に電話をして、期限を延ばしてもらえるよう、

交渉が可能との事でした。

 

因みに、電話予約の詳細は、「JTB 旅の予約センター」。

国内ツアー、海外ツアーと、住んでいる地域によって、

利用する番号が違ってきます。

私が、利用した番号は「旅行・ホテル」に書いてある番号。

こちらは、全国共通の番号になっています。

2018-02-14_10h05_18

 

宿を電話予約する場合、手数料が発生する。

旅行券が使いたい場合、店舗での支払いが絶対です。

今回の、私の様に、

宿泊のみでパンフレットに記載のないプラン(主にJTBホームページに記載されてるプラン)を、

電話で予約して、店舗で支払いをする場合は、

1施設に付き、540円の「取扱手数料」が発生します。

 

宿泊先をメールや、直接店舗に行って予約をする時も、

宿泊のみでパンフレットに記載のないプラン(主にJTBホームページに記載されてるプラン)

の利用であれば、「取扱手数料」が発生するようです。

 

但し、現地支払いにしたり、JTB店舗に置いてあるパンフレットに記載されている

宿泊プランを、店舗で予約・購入するのであれば、手数料は発生しないみたいです。

※あくまでも電話で宿泊施設を予約した場合の「取扱手数料」の事ですので、参考までに。

IMG_8311

 

宿泊をキャンセルした場合の「取扱手数料」についてですが、

「取扱手数料」は、払い戻し対象外となっています。

宿泊料が全額戻ってきたとしても、取扱手数料は含まれません。

最寄りの店舗に行き予約・購入する。

電話予約が完了したら、期日内に最寄りのJTB店舗まで行きます。

私は、電話予約してから3日後の週末を利用して行きました。

IMG_8310

 

空いていたので、案内されるまで5分もかかりませんでした。

電話予約した種を、定員さんに伝えると、

名前と、電話番号を聞かれました。

すると、すぐに予約した内容がわかり、電話予約と店舗の連携はバッチリでした。

 

予約した代表者以外の、一緒に泊まる人の名前を

「ご同行者様名」の所に記入。

内訳を作成するのに必要なんですって。

それぞれの年齢も必須です。

IMG_5457

 

電話予約したプランに沿って、大人が何名か、

子供が何名いて、料金はいくらになるのかなどを確認していきました。

 

ちなみに、家族5人での温泉旅行を予約購入。

取扱手数料(540円)を含め、合計金額は52380円でした。

 

内容を確認したら、最後にお会計。

ここで、JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」を使いました。

IMG_5458コピー

 

25000円分あったので、すべて利用。

残りの27380円は、現金での支払いにしました。

クレジットの利用も可能との事。

旅行券とクレジットとの併用も可能みたいです

クレジット払いにしたら、ポイント付きましたね・・・勿体ない事をしました。

 

無事に、JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」が利用できました。

お店の滞在時間は、30分くらい

書類の作成や確認作業もあったので、ある程度時間はかかります。

 

子供達も一緒に行っていましたが、

10・15分経過したくらいで、飽きてきてしまいましたね。

まぁ、子連れあるあるです。

MyJTBと、店舗情報を統合すればトラベルポイントが貯まる。

「JTBトラベルメンバー(MyJTB)」に会員登録(無料)すると、

宿やツアーを購入した際、JTBの「トラベルポイント」が貯まります。

 

MyJTBのページからは、旅行の履歴や、予約確認も可能になります。

会員登録は、JTB公式サイトから可能。

 

トラベルポイントとは、JTBの旅行商品や、

予約購入したときに貯まるポイントの事。

JTB公式サイトでポイントを利用する時は、100ポイント単位(100円相当)

JTB店舗でのポイントを利用する時は、1000ポイント単位(1000円相当)からの利用となっています。

参考→JTBトラベルポイントのご案内 JTBトラベルメンバー JTB

 

JTB店舗から宿を購入したときのポイントの貯め方は、

店舗情報との統合が必要になってきます。

 

店舗で予約・購入すると、作成してもらった書類の中に、

「会員様専用ページ「MyJTB」のご案内」という書類が入っています。

ここに書いてある「認証コード」と、

店舗で教えてもらった「パスワード」を入力すると、

MyJTBと店舗との情報が統合できます。

 

そうすることで、店舗で購入した旅行のポイントが加算され、

店舗で予約した内容も、MyJTBのページから確認できます。

ちょっと面倒ですけどね。

IMG_5518

 

JTB旅行券「NICE TORIP(ナイストリップ)」を利用した感想と注意点。

初めて頂いた、JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」。

調べていたら、換金率が95%~98%と高い事も分かり、

一瞬、換金してしまおうかとも思ったのですが、せっかく頂いたものです。

ちゃんと使わなくては、という事で実際に使ってみた感想と注意点です。

電話予約について。

  • オペレーターにつながるまで時間がかかる。
  • 直接話して予約ができるので安心感がある。
  • 通話時間は、10分くらい。通話料金が発生する。

 

旅行券を使うとなると、インターネットからの予約は出来ません。

必然的に、電話予約になりますが、

オペレーターにつながるまで、時間がかかります。

実際に電話をかけた時、1回目は繋がらず、2回目で繋がりました。

 

フリーダイアルではないので、通話料もかかる。

けれど、直接オペレーターの方と話してプランの確認や、

分らない事などを聞けるのは、電話予約の特権かなと思います。

店舗での予約購入について。

  • 電話予約の際の連携は完璧。名前と電話番号ですぐに予約確認できる。
  • 旅行券はバッチリ使える。クレジットカードとの併用も可能。
  • 予約についての内容確認などがあり、終わるまで30分くらいかかる。
  • 店舗まで行く手間がある。

 

JTB店舗の方なので、さすが接客は丁寧ですし、

電話予約との連携もしっかり取れていて、

雰囲気はとても良かったです。

旅行券の利用もバッチリですし、クレジットカードとの併用ができるのも良い。

 

実際に電話して、お店に行って予約することで、

「これから旅行に行くぞ!」

という気持ちにさせてくれるので、たまには・・・イイかもしれません。

 

けれども、お店に行く手間や、予約購入までにかかる時間などを考えると、

JTB旅行券「NICE TRIP(ナイストリップ)」を消費するには、

手間を取られるなと感じました。

宿泊などを、インターネットから予約購入できるのは、本当にお手軽。

いい経験をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です