産まれてから一度もディズニーランドへ行った事が無かった我が子。

気付けば、もぅ一番上の娘が小学校へ入る歳。

 

保育園の友達は、毎年何回もディズニーへ行っている。

ウチの子供は、よく我慢をしたもんだ・・・

というわけで、ディズニーランドで豪遊してきました。

DSC08217

しかも、1年間で一番混むという季節の3月に、1泊2日のミラコスタ。

初めての子連れディズニー。

不安も多かったのですが、予想以上に楽しめたので。

備忘録までに、記録を残したいと思います。

 

ディズニーは、攻略方法も様々有りますが、

やはり事前に下調べしておくに越した事は有りません。

我が家と同じように、小さい子供が居る家庭向けの内容となります。

もくじ

1泊2日の親子ディズニー旅行の人数と予算。実際にかかった費用と内訳。

我が家は5人家族。毎度旅行となると大金が必要となります。

皆さんディズニーのイメージ通り、その料金は高額。

当初の予算は15万円でしたが・・・最終的には20万円以上使ってました。

 

お泊りディズニー家族構成と年齢

  • 父:30代半ば
  • 母:30代前半
  • 娘1:6歳0カ月(保育園年長)
  • 娘2:4歳2か月(保育園年少)
  • 娘3:生後10か月(ミルク&離乳食)

 

1泊2日ディズニー旅行で使った金額(大人2人子供3人)

  • 宿泊費:95,300円(ホテルミラコスタ:スーペリアルーム ハーバービュー)
  • 入園料:43,600円(2デイパスポート:大人2名、子供2名、幼児は無料)
  • 交通費:12,640円(電車&タクシー:大人2名、子供無料)
  • 飲食費:40,150円(レストラン×3回、軽食×3回)
  • お土産:32,810円(子供のおもちゃを含む)
  • 宅配便:3,260円(ミラコスタ→自宅へ)

使った合計金額:227,760円

 

日帰りでディズニーへ行っても、入園料だけで大人7400円、小人で4800円

朝から晩まで居るとなると飲食費も3食分必要・・・一人あたり4000~6000円

家族5人で交通費やお土産、諸費用も考えると・・・1回7~8万円はぶっ飛ぶ計算。

お土産代と交通費も馬鹿にならないですからね。

 

1度に2回~3回分楽しむつもりと思えば、

家族5人で1泊2日20万円くらいの出費は安いもんと・・・言い聞かせました。

実際、泊まる事でしかできない体験も多かったのも事実です。

 

ホテルは部屋割りの一室料金。大人数で泊まるほど割安感。

ディズニーは、もの凄い高額なイメージが有りましたが、

一室料金で泊まれるので、意外と格安に感じました。

ミラコスタでも安い部屋なら約4~5万円という価格帯。

新しくできたセレブレーションホテルなんて、

大人4名で1室20800円で宿泊できてしまう。

 

とはいえ、3月の繁忙期という事で、ミラコスタの客室価格は高めでした。

空いている部屋は、一番安い部屋でも5万円~6万円

しかも、一番高い部屋と安めの部屋以外は満室だらけ。

 

せっかく泊まるなら、夜のショーが見える部屋・・・という事で、

宿泊したのがポルト・パラディーゾ・サイドのスーペリアルーム(ハーバービュー)。

繁忙期という事で1室95300円でした。閑散期は64000円くらいの価格だったかと。

連休や行楽シーズンの繁忙期料金は、やっぱり高いです。

 

更に「ディズニーバケーションパッケージ」という、

アップグレードオプションも付けられるのですが、これがもの凄い高額でした。

ファストパスチケット4枚と、入園チケット、グッズ引換券等々で・・・一人約6.5万円

皆ではなく1人の料金で、この価格。

ホテル料金なんて、安いくらいのアップグレード金額。

入園チケットや特典を差し引いて考えると、

ファストパス1枚2000~3000円といった価値になる感じ。

これが人数分必要となるのですから・・・ちょっと今回は遠慮しました。

 

小さい子供の場合、乗れるアトラクションも限られてくるので、

ホテル特典の15分前入園を上手く利用すれば、

混んでいても一通りのアトラクションに乗れます。

特にファストパス対応のアトラクションってなると、更に少なくもなるから。

 

2デーパスポートスペシャルは必要無い。子連れでランドとシーは行き来しない。

ディズニーホテルの宿泊者特典として購入できる「2デーパスポートスペシャル」。

普通の入園チケットとは違い、2パークを行き来できるチケットなのですが・・・

家族で行くなら要らないと思いました。

 

2デーパークチケットの料金比較

  • 2デーパスポート:大人13200円、中人11600円、小人8600円
  • 2デーパスポート・スペシャル:大人14800円、中人12800円、小人9600円

我が家(大人2人、小人2人)場合の合計金額

  • 2デーパスポート:13200円×2 + 8600円×2=合計43600円
  • 2デーパスポート・スペシャル:14800円×2 + 9600円×2=合計48800円

 

宿泊者特典と言いつつ、通常チケットよりも割高だし、

正直、行き来できるほど、2つのパークは近く無い。

隣同士といえど、入り口は反対側だし、園内は超広い。

子連れともなると、移動も大変ですから。無理しちゃうよ。

 

まぁ、実際、私は悩んで格安な2デーパスポートにしたのですが、

後で差額分を支払って、スペシャルチケットへの変更も可能と言われました。

じゃ、とりあえず2デーパスポートの方が良いじゃん。

IMG_2806

若干違うだけって思ったけど、よーく考えたら大人1人1600円も違う・・・

家族4人分のチケットで合計5000円も違った!

なんか既に金銭感覚麻痺しているというディズニーマジック。

家族で行けば差額も馬鹿にならないし。

実際、2パークを行き来する余裕なんて、全然有りませんでしたから。

 

ディズニーの飲食費。レストランは高いけど素晴らしい。

ホテルの宿泊予約特典で、

普段は予約できないレストランも予約可能という事で、

ついつい予約してしまいました。

 

初日のお昼はディズニーシーで、ディズニーキャラクターダイイング。

流石ディズニー量も多く、美味しい。

メインを一つ選んで、スープ・サラダ・デザートから2つを選ぶ仕組み。

パン or ライス、ドリンクも選べます。

 

シーフードコンビネーションとサラダとドーナツ。

DSC04058

ビーフシチューとチョコレートケーキに野菜スープ

DSC08083

お子様プレートのメインは決まってる。デザートだけ2個とかも選べます。

DSC08088

大人3020円×2、小人1730円×2 → 合計9500円。

キャラクター3匹とも触れ合えまくるし、スタッフ写真も沢山撮ってくれるので、

非常に格安なんじゃないかと感じてしまいました。人気の理由もわかります。

 

初日は他に、おやつにポップコーン買ったり、軽食を食べたりしたけど・・・

スモークターキーレッグの1本700円は高く感じた。

DSC04364 (2)

そんなに美味しいという味でもなく、何より食べづらい。

コンビニで売ってるサラダチキンのスモーク味に似ている・・・。

 

初日の夕飯は、ミラコスタ横に有る、

マンマビスコッティーズベーカリーでパンを買って済ませました。

DSC04411

見た目は可愛いけど味はボチボチ。2カゴ買い込んで2950円でした。

DSC04412

 

2日目の朝は、ディズニーランドでミッキーピザとフライドポテト。

500円ピザは、見た目以上に、美味しく感じました。

DSC04733 (2)

そして、とりあえずのポップコーンリフィルは、キャラメル味。

 

2日目のお昼は、ディズニーランドのイーストサイド・カフェ。

大人は2480円のパスタコース。前菜とデザートも付いている。

DSC08449

エビのパスタ。下手なレストランよりも美味しい。

DSC08464

特にニョッキが素晴らしかった。美味でした。

DSC08470

デザートも美味しい。ここまで出るとお腹も満腹。

DSC04919

お子様プレートは1490円。いろんなところキャラクターが隠れてます。

DSC08456

大人2480円×2、子供1490円×2の合計7940円。

サービスと料理の味を考えれば、そんなに高くないと感じました。

 

夕食は奮発してショーレストラン。

ポリネシアンテラスレストランのミッキーのレインボー・ルアウ。

S席の予約が取れたので、大人4940円。料理も洒落てます。

DSC05049

メインはローストポーク。バターライスも添えられて、見た目以上にボリュームがある。

DSC08698

デザートはオレンジのゼリー。

DSC05272

子供はS席3600円。前菜も出てきます。

DSC08634

お子様メニュー。ミッキーが至るところに。

DSC08697

デザートもミッキーのゼリー。

DSC05275 (1)

ショーレストランは、ショーが凄いので、食べる暇なしな感じでした。

ショーを含め60分というのは、中々厳しい。

特に、子供・・・全然食べないし、親も食べきれず残してしまいまいた。ゴメンナサイ。

大人4940円×2、子供3600円×2 → 合計17080円。

ショーの鑑賞料金と割り切れば、それほど高額でも無いかな。

もぅちょっとゆったりと食事ができれば最高なんですけどね・・・

 

ディズニー飲食費の内訳まとめ

  • ホライズンベイ・レストラン:9500円
  • イーストサイド・カフェ:7940円
  • ポリネシアンテラスレストラン:17080円
  • マンマビスコッティーズベーカリー:2950円
  • ポップコーンリフィル:520円
  • ミッキーピザ:500円
  • フレンチフライドポテト:220円
  • スモーキーターキーレッグ:700円
  • ホットココア:320円
  • ペットボトル2本:420円

お土産の合計金額40150円

 

贅沢にレストランを使った割には、1日2万円くらいで済みました。

ゆったりと座れるし、キャラクターにも会えるなら全然有り。

むしろファーストフード的な食事の方が、割高に感じました。

 

予想外の出費はお土産代。おもちゃ、アクセサリーも高い。

初めてのディズニーだからって、

好きなもん買ってやるぅーとか、調子乗ってましたが、高いですね。

カチューシャに、光るペンダント、パスケース・・・

子供がブランケットにゲロ吐いて、ミッフィーブランケットも購入・・・

ミッキーと写真も撮影してもらったから・・・

IMG_2808

子供の友達にもお土産買わないと、職場にも、親族にも・・・

毎度レジにてビックリするような金額でした。

 

お土産&アクセサリー費用

  • カチューシャ:1050円
  • カチューシャ:1600円
  • ブランケット:4200円
  • ガチャガチャ(カプセルトイ)×2回:800円
  • アクセサリー:890円
  • ぬいぐるみ(ハンドパペット):2570円
  • パスケース:1800円
  • ダッフィーのポップコーン:2500円
  • ミッキー写真代:1540円
  • 友人、職場へのお土産:15160円

お土産の合計金額33610円

 

ホント、ケタが一つ違います。

百円均一で売っていそうなモノが・・・とか言い出したら魔法が解ける。

ガチャガチャ1回400円ですかー、たしかによくできてますけどねー。

まぁ、これも含めディズニーランド。文句はいえまちぇん。

 

友人へのお土産ってのが、やっぱり高いです。

まぁ、今までひたすらディズニーのお土産を貰い続けていたわけで、

今まで貰ってたぶんの借りを、少しでも返せたと思えば、仕方無い。

 

ディズニー行ったっていうお土産話をしたいがために、

行ってるところも有るワケだから、これは必要経費。

それでも予想以上だったけどー。

 

ディズニーランドまでの交通手段。車か?電車か?

我が家は神奈川県に住んでいるので、日帰りでも行こうと思えば行ける距離。

小さい子供連れという事で、周りの家族は車でしか行きません。

 

一方、我が家は、夫婦揃って車運転したくないという。

悩んだ挙句、電車で行きました。

行きは始発、帰りは新幹線。思ったよりも快適でした。

 

未就学の子供は電車料金無料だし、新幹線も自由席なら無料

新幹線のおかげで、早く帰っても来れたし。

夕方の時間帯では、東京から名古屋方面の新幹線(各停)は空いてました。

新幹線の自由席なら、乗る時間、乗る列車も決まってないのも良いところ。

事前に特急券を買っておいて、適当な新幹線を利用すれば良い。

子供の急なトイレやぐずりで、乗るべき電車に乗れないという事も良くあるから。

一番きつかったのは東京→舞浜間の電車。子供に満員電車は可哀想でした。

 

自宅から最寄り駅までタクシーに乗っちゃったんで、ちょっと割高だけど、

電車だけなら、大分安く済んだと思う。

問題は荷物。

ベビーカーやスーツケース、お土産を運ぶ手間を考えたら車の方が良いね。

私はホテルから配送してしまったので、大分ラクでしたけど。

配送料金も考えると高い。次回は車で挑戦すると思う。

 

ホテルミラコスタからの配送料金(宅配便)

電車だったので、帰路はホテルから荷物を配送しました。

荷物の配送料金も、ディズニーランドは微妙に高い。

手数料が1個あたり300円とられます。

 

ディズニー宅配便料金

  • 東北関東中部100サイズ:1130円×2個
  • 宅配BOX(Mサイズ):400円
  • 手数料:300円×2個

宅配便の合計金額3260円

 

配送用のダンボールも売っており、

Mサイズ(100サイズ?)が400円、Lサイズ(120サイズ?)が500円。

ダンボールの質は良く、ディズニーのロゴも素敵なんですけど・・・割高。

DSC08821

ホームデリバリーサービスカウンターは、

ミラコスタ2階に有り、朝7時から夜は23時まで営業しています。

夜のウチに詰め込んで、朝イチで手続きしました。

配送伝票は部屋にも置いてあるので、記載して持ってくと早いです。

 

配送業者は郵便局のゆうパック。

配送エリア料金も、ゆうパック料金と一緒でした。

 

赤ちゃん&子連れで宿泊。離乳食とミルクが心配でした。

ディズニーに0歳児を連れて行くという事で、

離乳食とミルクの心配が有りましたが・・・赤ちゃん対応は凄い。

他の遊園地に比べて設備も整ってるし、何も困る事は無かったです。

 

レストランでは、離乳食の持ち込みもOK。離乳食の温め対応までしてくれました。

どこでもベビーカーのままレストランにも入れるし、もちろんベビーチェアも有る。

子供の対応もプロばかり、ご機嫌伺いも上手。

キャラクターたちには脅えていましたが・・・

 

万が一手ぶらでディズニーに来たとしても、園内にはベビーセンターも存在。

ベビーセンターには、離乳食やオムツも売ってるし、

お湯や洗浄シンクだけでなく、浄水器、電子レンジ、煮沸消毒用の鍋まである。

電子レンジの上には、ラップまで・・・素晴らしい。

 

授乳室だけでなく、離乳食を食べさせる広いスペースもあるし、

こんなに赤ちゃん用の設備が整った施設は見たことない。流石のディズニーです。

ディズニ―リゾートでは予想以上に赤ちゃん連れが多かったのにも納得。

 

ベビーカーはレンタルすべきか?家から持っていくのか?

ディズニーではベビーカーの貸し出しをしていますが、私は持って行きました。

1日1000円というレンタル料金よりも、我が家のベビーカーが必要でした。

 

ディズニーのベビーカーが可愛いんですけどね、使い慣れたベビーカーの方がラクかと。

DSC03920 (2)

実際のところ、宿泊するなら自前のベビーカーの方が良い。

自分のベビーカーならホテルにそのまま入れるし、借りたり返したりする手間も無い。

園内までの移動も有りましたので、ずっと抱っこで移動は腰砕けますからね。

借り物というだけで、考える手間が増えるし。

 

親が使い慣れているというよりも、

子供が慣れており、落ち着いて寝てくれる。コレが一番助かりました。

 

アトラクションには、ベビーカーごと乗れないので、

人気アトラクション前には、ベビーカー置き場が有り、ベビーカーだらけとなります。

ベビーカー放置した時も分かりやすい。レンタルだと皆一緒だし。

 

ベビーカーを持って行く難点は、通勤ラッシュが大変。

まぁ、スーツケースよりは軽いんで、

折りたたんで持って行けば、意外とイケましたけどね。

一番混んだのも、舞浜東京間。

ディズニー利用者ばかりだし、ベビーカーもポチポチ見かけました。

 

我が家には0歳児が居たので、ベビーカー必須でしたが・・・

普段使わないくらいの年齢でも、絶対あった方が良い。

昼寝もできるし、荷物置きにもなる。疲れた子供は乗せた方が移動も早い。

レストランにベビーカーごと入れるのも、大きな利点です。

 

子供は皆歩きつかれて、交代しながら休憩してました。

もう小学生になる年長の娘も乗ってました。抱っことベビーカーのローテーション。

腕もパンパンになりました。

 

ディズニーホテルに泊まるべき理由。15分前入場とレストラン予約特典。

ディズニーはお金を払えば、より楽しませてくれると言いましたが、

特にそれを感じたのが、ホテルの宿泊者特典です。

 

ディズニーホテルの宿泊者特典

  • 混雑時の入園保証
  • 開園15分前からパーク入園(ハッピー15エントリー)
  • 両パーク行き来できるパークチケット(2デーパスポートスペシャル)
  • ホテル内のショップでゆっくりショッピング
  • シャトルバス or モノレールが無料
  • 舞浜駅前での荷預り→ホテル届け ※セレブレ―ションホテルは有料
  • チェックイン時間前に宿泊手続き(プリチェックイン)
  • パーク内ショップでの購入品をホテル届け ※セレブレ―ションホテルは除く
  • 宿泊者のみ購入可能な限定グッズ ※セレブレ―ションホテルは除く
  • レストラン&ショーレストランの事前予約が可能(トラベルバッグ)

 

混雑していても確実に入場できるだけでなく、開園15分前早く入場させてくれる

ハッピー15エントリーは有名な特典ですが、

お土産をホテルまで運んでくれたり、ホテル内でお土産も購入できるのも非常に便利。

 

知らなかったのは、レストランの宿泊予約も優先的にできるという事。

事前受付(プライオリティ・シーティング)が必須のレストラン。

宿泊しないと、どのレストランも満席だらけなのに・・・

宿泊者になると、ほとんどのレストランで予約可能となりました。

 

宿泊予約特典で利用できるレストラン(東京ディズニーランド)

  • イーストサイドカフェ(東京ディズニーランド)
  • れすとらん北斎(東京ディズニーランド)
  • センターストリート・コーヒーハウス(東京ディズニーランド)
  • ブルーバイユー・レストラン(東京ディズニーランド)
  • クリスタルパレス・レストラン(東京ディズニーランド)
  • リストランテ・ディ・カナレット(東京ディズニーシー)
  • レストラン櫻(東京ディズニーシー)
  • マゼランズ(東京ディズニーシー)
  • S.S.コロンビア・ダイニングルーム(東京ディズニーシー)
  • セイリングデイ・ブッフェ(東京ディズニーシー)
  • ホライズンベイ・レストラン ディズニーキャラクターダイニング(東京ディズニーシー)
  • 花 hana(ディズニーアンバサダーホテル)
  • シェフ・ミッキー(ディズニーアンバサダーホテル)
  • エンパイア・グリル(ディズニーアンバサダーホテル)
  • オチェーアノ(東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ)
  • シルクロードガーデン(東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ)
  • ベッラヴィスタ・ラウンジ(東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ)
  • シャーウッドガーデン・レストラン(東京ディズニーランドホテル)
  • カンナ(東京ディズニーランドホテル)

宿泊予約特典で利用できるショーレストラン

  • ポリネシアンテラス・レストラン(東京ディズニーランド)
  • ザ・ダイヤモンドホースシュー(東京ディズニーランド)

 

混雑していても人気レストランが予約できる。

赤字のヤツが、キャラクターに会えるレストランね。

 

私は激混み3月で、利用1週間前にホテル予約したのですが、

超人気のディズニーシーのキャラクターダイニングも予約できたし、

ディズニーランドのポリネシアンレストランもS席の予約が取れました。

人気のシェフ・ミッキーなんかも、余裕アリアリで予約がとれる感じでした。

1カ月前のオンライン予約受付開始と同時に・・・なんて頑張らなくても良いんだね。

 

ディズニーランドに泊まるなら、ホテルミラコスタを選ぶべき理由。

ディズニーホテルは4つほど有りますが、やはりミラコスタは別格です。

一番安い部屋(トスカーナ・サイドのスーペリアルーム)でも1泊44200円~

他のディズニーホテルに比べると高いですが、

ミラコスタならではの特典も多く、その価値は十分有ります。

 

ミラコスタだけの特典

  • 宿泊当日にもディズニーシーに15分前入園が可能
  • ミラコスタ宿泊客は入園口も別。パークエントランス・ノース側。
  • ディズニーシーとホテルが直結している。園内やショーも見える。

 

ミラコスタ宿泊客は、

ディズニーシーに限り宿泊当日(1日目)も15分前入園が可能です。

※他のホテルでは、宿泊の翌日(2日目)のみ15分前入園が可能。

ディズニーは最初の1時間が勝負なので、

15分前入園が2日間使えるのは、非常に大きなメリットとなります。

 

また、ミラコスタ宿泊者は、ハッピー15エントリーの場所も異なります。

ミラコスタ以外のディズニーホテル宿泊者は、サウスゲート(左側)より入場。

ミラコスタ宿泊者に限り、ノースゲート(右側)より入場と、専用入り口になってます。

DSC03929 (2)

同じハッピー15エントリーでも、左側のサウスゲートは、

アンバサダーホテル、ディズニーランドホテル、セレブレーションホテルと、

3つのホテルの宿泊者が利用するので、混み具合も異なります。

一方、右側ノースゲートが利用できるのは、ホテルミラコスタ宿泊者のみ。

 

とはいえミラコスタ宿泊者だけでも多いので、やはり混む。

7時半くらいまでには並びたいところです。

DSC03941

 

15分入園する方法ですが、初日(チェックイン日)は通行書が貰えないので、

予約の確認できる書類が必要となります。※チェックイン時に翌日の通行書が貰えます。

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタにご宿泊の方が東京ディズニーシーへご入園の場合、下記の通りとなります。
【チェックイン日】ご宿泊が確認できるご予約確認書とパークチケットをご提示ください。
【滞在中およびチェックアウト日】チェックインの際にお渡しする“通行書”とパークチケットをご提示ください。

【公式】東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーに開園15分前から入園できる「ハッピー15エントリー」!|ディズニーホテル

プリチェックイン後ならルームキーで問題有りませんが、

チェックイン前なら、荷物の預け証とか、予約の確認書類。

私は、スマホの予約メールを提示しましたが、問題無く15分前入園できました。

 

ミラコスタは、その建物の雰囲気や内装も最高です。

私が宿泊したのは、大人4名様(添い寝2名まで)で泊まれる部屋。

窓際にトランドルベッドも出して頂き、ベッドは合計3台。

トランドルベッドは高さも低く、子供にも安心でした。

DSC04307

ベッドには落下防止の柵も出せるから、子供が落下しない。

DSC04293

カップからグラスまで、ミラコスタ仕様。

DSC04297

冷蔵庫内にはエビアン3本サービス。

ディズニー内ではペットボトル高いから有り難い。

DSC08238

スリッパにもミッキーマーク。

DSC04320

寝具もミラコスタマーク。

DSC04319

洗面所もディズニーっぽい雰囲気で高級感も有る。

DSC04300

持って帰って良いアメニティ。今でもカップは子供のお気に入り。

DSC04287

お風呂場にもミッキー。

DSC04304

お風呂は広く、シャワーヘッドの水圧も良い。

DSC04429

バスタブも広く、ユニットバスでも有りません。

DSC04431

バスタオルもフワフワ。ここにもミラコスタマーク。

DSC04430

トイレは別部屋で、ウォシュレット付き。

DSC04318

 

ミラコスタは、園内直結という事で立地も最高。

私が泊まった部屋はハーバービューの部屋でしたが、

部屋からショーも見れました。しかもド真ん前という。

DSC04490

夜のショーは圧巻。昔の記憶とは違い、凄いスケールでホント感動しました。

時間も長いし、炎出まくり、打ち上げまくってるし。めちゃんこ金かかってるでショー。

DSC04465

入園料の高さに納得。夜のパレード&ショーあってこそのディズニーだね。

ホテルでは特等席から、並ばずに快適に見れるという・・・

下には沢山の人が居るし・・・ものすごい優越感。もうしわけないわ〜。

DSC08302

しかも、翌日の朝には、イースター前の練習なのか?撮影なのか?

朝7時頃からイースターショーが始まりました。

しかもフルでやってくれて超感動。子供も大はしゃぎ。ホント良い部屋にして良かった。

DSC04525

ミラコスタでは、普段は見れない園内の光景が見れるという楽しさもあるし、

その園内の景観も素晴らしい。夜景も凄い綺麗でした。

DSC04437

 

レストランショーが一人5000円と考えれば、

目の前でショーも見れて、休憩もできて、夜景も楽しめるとなるなら、

他のホテルよりも、割高な料金を払っても、全然安いんじゃないかと感じました。

 

15分前に入園できれば、ファストパスも2枚くらい多く発行できるし、

ファストパス2回×人数分の価値は、ツアー(バケパ)なら数万円だから。

 

初日の15分前入園は、初日にも早朝に到着できる家族限定。

荷預け手続きを含め、午前7時には着きたいところです。

 

ミラコスタのデメリットはコンビニ。営業時間も短く品揃えが悪い。

ミラコスタに限らず、ディズニーホテルはディズニーリゾート内に有るので、

世間一般でいうコンビニチェーン店が無く、

ディズニーランド専用のコンビニを利用する事になります。

 

ミラコスタのコンビニは「MickeyAngelo Gifts」で2階に有り、

お土産屋にコンビニが併設されたような扱いのお店です。

 

日用品だけでなく、赤ちゃん用品、お菓子、カップラーメンまで売ってます。

赤いきつねや緑のたぬき、一平ちゃんに、カップヌードル・・・

水、お茶、アクエリアス、ジンジャーエール、ビールに酎ハイ。

最低限必要な物は置いてあったかと。

 

また、他のディズニーホテルに比べると、

品揃えも少なく、営業時間も短いです。

他のホテルなら、おにぎりとか弁当の生ものも扱っており、24時間営業

一方、ミラコスタは、営業時間は8時~23時で、生もの類は扱い無し

 

いずれのコンビニもディズニー料金ですが、

ミラコスタは、他のホテルに比べてもやや割高となってます。

ペットボトルは210円。カップラーメンも194円

 

ディズニー行ってまでコンビニと思いますが、

不思議と素朴な食べ物が食べたくなるという。

いくら高いといっても、

園内料金やルームサービスに比べれば断然割安ですからね。

 

ディズニーエリアは、外部から隔離されるという事。

深夜や早朝での利用はできないのは、困る場合もあるんじゃないかな。

 

家族連れのディズニーランド&ディズニーシー攻略方法。

1泊2日のディズニー旅行。

初日ディズニーシー、2日目はディズニーランドと、滞在したわけですが、

本気で調べて、本気でディズニーに挑んだ結果、

予想以上に家族で楽しめましたので、

私なりに気付いた、ディズニー攻略のポイントをメモしておきます。

 

事前に乗るアトラクションは決めておく。スケジュールは作っておいた方が良い。

子連れでディズニーランドに行くなら、大体のスケジュールは組んでおいた方が良いです。

特に混雑時のディズニーは、当日なんとかもなりません。

子供は我慢もできないし、子供がぐずれば大人も不機嫌になる。

 

今回の目的として、ディズニーランド、ディズニーシーの両方を行く。

絶叫アトラクションより、夢の国の雰囲気を楽しむ。

ミッキーに会うという目標を、親子ともども擦り合わせしました。

そもそも小さい子供だと、乗れるアトラクション少ないし、

乗り物絞っておけば、混雑してもファストパスでなんとかなる。

我が家には15分前入場もあるから!

 

スケジュールを作ることにより、

実際シミュレーションもできるので、予想外のトラブルも減ります。

その場でやるよりも、一回やってれば、事前に気付く事も多いです。

スケジュール作ることで、夫婦での擦り合わせもできるし、

夫婦間のトラブルも無くなる。

子供がぐずるよりも、夫婦が険悪になった方が怖い。

スケジュール通りに行けば最高だし、お互いハッピー。

スケジュール通りに行かなくとも、調べているが故に代替案も出てきます。

 

実際調べてみると、子供が乗れるアトラクションが少ない事にも気付いたし、

全てのアトラクションがファストパス対応でもない事も知った。

混むアトラクションだからといって、子供が楽しめるというわけでも無いですから。

 

あと、目的のアトラクションがやっているのか?くらいは、

事前に調べておいた方が良い。メンテナンスでやってないアトラクションも多く、

私が行った時も、マーメイドラグーンシアターやってませんでした!!

DSC04105

わざわざマーメイドラグーンまで行ったので・・・30分くらいロスしました。

 

特に、ディズニーシーは、広くて縦横横断もできないし、道も複雑。

予想以上に歩くし、坂も多いし、移動時間も馬鹿にできません。

混雑してたら尚更、歩くスピードも遅くなります。

 

その時考えれば良いじゃん。ってのは、予め頭に入っている人が言うべき。

何も考えなしに行って、その時に良い案が生まれるわけも有りません。

知らないよりは、知っておいた方が良いのは間違いない。

どうする?ってなった時に、出てくる選択肢が違うから。

 

当日はスマホを駆使する。グーグルマップ、スケジュールの家族共有。

スケジュールをどうやって作るのか?は人それぞれですが、

我が家は、グーグルのスプレッドシートを使いました。

スマホで共有できるし、共同編集もできる。

エクセルのように使えて無料です。

 

実際にスプレッドシートで作ったスケジュール表。1日目ディズニーシー。

KS003146

2日目ディズニーランド。

KS003145

予定通りに行くわけが無いのですが、これ作っておくと当日ホントスムーズ。

予定通りに行かなくとも、何したら良いのか、何やりたかったのか?

夫婦が互いに聞かずとも、即座に理解できます。

結果、スケジュールよりも早く動け、目的のアトラクション乗って時間が余りました。

 

別に紙でも、何でも良いんだけど、スマホで写真に撮っておいても便利。

片手で、いつでもどこでも確認できますから。

 

あと、便利なのがグーグルマップ。

ディズニーランドのアトラクションの場所まで、正確に把握できます。

現在地はスマホのGPSで表示されるし、園内マップを広げる必要も無い。

 

グーグルマップは、マイマップ機能も有り、

事前にアトラクションやレストランの場所も登録する事も可能です。

KS003147

色ワケや印ワケもできるので、事前に登録しておくだけで、全然迷わない。

しかも、このマイマップも、家族で共有できるという。とにかく便利でした。

ディズニーリゾートはとにかく広く、とにかく歩くから、とにかく迷わない事も重要。

 

ファストパスが使えるアトラクションは限られている。幼児は乗れるのが少ない。

ファストパスって並ばなくて良いので、子供には有り難いシステムなのですが、

全部のアトラクションで利用できるわけでは無いです。

小さい子連れだと、更に乗れるアトラクションは少なくなるので、

朝から効率良く取れば、午前中で乗り尽くせます。

 

ディズニーランドでファストパスが使えるアトラクション

  • ビッグサンダー・マウンテン ※102cm以上
  • スプラッシュ・マウンテン ※90cm以上、3歳未満不可
  • プーさんのハニーハント
  • ホーンテッドマンション
  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー ※102cm以上
  • スペース・マウンテン ※102cm以上
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”

ディズニーシーでファストパスが使えるアトラクション

  • タワー・オブ・テラー ※102cm以上、3歳未満不可
  • トイ・ストーリー・マニア!
  • インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮 ※117cm以上
  • レイジングスピリッツ ※117cm以上
  • マジックランプシアター
  • マーメイドラグーンシアター
  • 海底2万マイル
  • センター・オブ・ジ・アース ※117cm以上
  • ニモ&フレンズ・シーライダー ※2017年5月12日オープン!

 

特に、ディズニーシーは、117cm以上の制限のアトラクションが多いので、

保育園くらいの子供は、ほとんど乗りたいものが無いっていう。

私が行った時は「マーメイドラグーンシアター」も休演中だったので・・・

「トイストーリーマニア」と「マジックランプシアター」くらいしか無い。

残る「海底2万マイル」もファストパスで乗ってみけど、子供は激ビビりでした。

 

夕方には帰ってしまったディズニーランドも、

「ホーンテッドマンション」は子供が怖がって拒否。

残りは「モンスターズ・インク」「プーさんのハニーハント」「バズ・ライトイヤー」のみ。

全て午前中には、ファストパスが取得できてしまいましたし、

ファストパス未対応の「ジャングルクルーズ」まで乗る余裕がありました。

 

人気があるアトラクションも絶叫系が多いので、

敢えて絶叫系には乗らなければ、超混雑時でも意外と周りきれます。

あれこれ乗ろうと思うから疲れるけど、元々乗れなければ諦めもつくし、

幼児に合わせて、優雅に楽しむくらいが丁度良いかもしれませんね。

 

朝一番で父親は別行動。ファストバス発券は一人でOK。

ディズニーホテルに宿泊するなら、

ファストパスの使い方は考えていた方が良いです。

朝はゆっくり・・・したらダメ。

開園前15分の行動で、その日一日に乗れるアトラクションの数が決まります。

 

ディズニーを効率的に周る秘訣は、ファストパス。

ファストパス次第で、家族みんなが幸せになれる。

ファストパスのルールくらいはしっかりと把握しておきましょう。

 

ファストパス発券で押さえておくべきポイント

  • 最初のファストパスは、アトラクション開始と同時に発券可能
  • 2回目以降のファストパスは「前の発券時刻から2時間後」、もしくは「前のファストパス乗車時間」のどちらか早い方
  • 皆でファストパス発券に向かう必要は無い。全員分を一人が代替して発券可能

 

押さえるべきは、2枚目以降のファストパスルール。

基本的には、2時間後に次のファストパスが発券できるのですが、常に2時間後では有りません

前に取得したファストパスの乗車時間までが2時間未満の場合には、そちらが適応となり、

より早くファストパスが発券できるようになります。主に2枚目で起こる現象。

 

例えば、1枚目を開園直後に取得すれば、

ファストパス1枚目アトラクションの乗車時間は約1時間後となり、

2時間を待たずして、2枚目のファストパスが発券可能となるというもの。

ファストパスは数分の違いで、乗れる時間も大きく変わるもの。

1枚目、2枚目の発券は、早いに越した事は無いってこと。

※具体的な発券時間、乗車時間は後述します。

 

また、ファストパスは、一人が代表して発券作業できるので、

早く動ける一人に任せて、他の人は別行動した方が良いです。

園内を走るのは禁止ですが、一人で行動するだけ、早歩きするだけで、全然違います。

家族なら子供は足枷。犠牲となるのは父親一人だけで良い。

 

子供たちは、ゆっくりウロウロ開園直後を楽しみながら、

ファストパス未対応のアトラクションへ。

我が家は、トゥーンタウンのミッキーを集合場所にしました。

DSC04618

15分前入場組は、皆ファストパスに向かってるので、誰も居ないガラガラ。

DSC04619

開園直後はミートミッキーにも並ばず入れましたし、ミニ―の家も貸し切り状態。

 

8時オープンとともに、走りまくって来る集団が来るんだけど、

それくらいに、最初のファストパスは重要です。

夢の国では走ってはいけないし、スタッフも注意してるし、

私も走らないし、走ってる人みるとイラっとするんで辞めてお願い。

 

ミラコスタに泊まるなら、初日は7時前に着けると最高。

荷物を預けて、チケット買って、なんだかんだで30分くらいはかかります。

ホテル宿泊者も多く居るので、15分前ゲートといえども行列となり、

後ろの方では、開園と同時に入場となったりする。

 

それでも、通常ゲートで前の方に並んでる人は、早朝から並んでいるわけで、

開園同時でも、十分早いんですけどね。

 

開園15分前に入園してファストパス発券をした場合の乗車時間。

開園15分前に入園しても走る人は多いですが・・・

まぁ、この辺はあまり気にせず、

普通に歩いても十分早い時間帯のファストパスが発券できます。

8時の開園と同時に、人気アトラクションのファストパスが取れればOK。

 

ほとんどのアトラクションでは、開園前に到着してもファストパスは発券できません

例えば、ディズニーランドの人気アトラクションモンスターズインクの場合、

入口からも近いので、ゆっくり歩いてもオープン前に着いてしまう。

DSC04613

ファストパス発券機も「OUT OF ORDER」となっており、皆さん並んでます。

IMG_2337

私は7時50分くらいには着いてしまったので・・・

10分近くファストパス開始待ちに並んで、8時40分~9時40分の時間帯となりました。

このくらいの時間がファストパスの限界じゃないかな。

IMG_2339

8時40分になったら、次のファストパスが発券可能との事で、

続いて人気のプーさんのハニーハントを発券。

IMG_2342-2

8時45分に発券できたので、次は10時45分にファストパスが発券となる。

人気アトラクションを2枚連続発券しても、

10時45分には3枚目のファストパスが発券できるという。

1枚目のファストパスの時間が、どれほど重要かも分かるかと。

 

ちなみに、開園15分前から利用できるアトラクションは、

ファストパスチケットも15分前入場と同時に発券可能となります

 

東京ディズニーランドの開園前アトラクション

  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

東京ディズニーシーの開園前アトラクション

  • トイ・ストーリー・マニア!
  • タワー・オブ・テラー

 

ディズニーシーで、皆が一直線で向かうトイストーリーマニア。

私も8時前には到着してましたが・・・ファストパスが発券可能。

既に発券してる人も多く、時間も9時15分~10時15分の時間帯となってました。

IMG_2323

 

私はレストラン(キャラクターダイニング)の予約が10時~11時だったので・・・

走ってくる人を横目に我慢して待ちました。

8時5分に発券して10時45分~11時45分の時間帯となりました。

IMG_2325

ディズニーシーの場合、トイマニさえ早めに取得してしまえば、

あとは全然余裕。子連れのファストパスアトラクションも限られるから。

 

15分前入場を活用するなら、

トイマニ or タワーオブテラーのファストパスなんですが、

皆さんトイマニに向かいますので・・・トイマニ捨てられれば、

更に多くのファストパスも発券できそう。

タワーオブテラー、センターオブジアース、レイジングスピリッツも人気ですから。

 

ディズニーランドの場合は、バズライトイヤーが15分前ですが・・・

やはり、人気のビックサンダーマウンテンや、スプラッシュマウンテン、

プーさんのハニーハントを1番に取得している感じでした。

 

アトラクションに乗れない赤ちゃんが居る場合、アトラクションの交代利用。

赤ちゃんが居る場合、抱っこしても乗れないアトラクションは多い。

そんなときはアトラクションの交代利用(チャイルドスイッチ)が可能です。

 

全員乗れないアトラクションの場合は、

どちらかが赤ちゃんの面倒を見ないといけませんからね。

 

利用方法は、入口スタッフに交代利用の旨伝えれば、

「アトラクション交代利用カード」が貰えます。

 

基本的な流れは、先に乗車する方が普通に並んで、後で乗る方は外で待機。

先に乗った方が帰ってきたら、

後で乗る方は、交代利用カードを使って優先的搭乗となります。

 

交代利用は、ほとんどのアトラクションで利用できますが、

基本的には、一緒に乗れないから交代して乗るサービスだと言う事。

交代利用カードを利用しない場合や、

一緒に並ぶ必要が有るアトラクションも有りますので。

 

私はファストパスを取得したアトラクションで利用しましたが、

赤ちゃんが乗れないモノは、全て快く対応してくれました。

トイストーリーマニアも、モンスターズインクOKでした。

 

また、ファストパスで利用する場合は、人数分のファストパスが必要となります。

私は、ファストパスの有効時間を気にしていたのですが、

先に乗る方が、ファストパスの時間内ならOK。

入口キャストに言った時点で、

ファストパスと交換で、交代利用のチケットをくれます。

 

迷子シールが入口で貰えた。2日目も滞在するなら子供人数×2回分。

小さい子供が居る場合、一番の心配は迷子。

入園前からテンションMAXの子供は、迷子シールが必須です。

迷子になった際、シールに記載した電話番号に連絡して貰えます。

 

迷子シールは、園内の迷子センターにて配布しているのですが・・・

ダメ元で、ホテルミラコスタで聞いたところ、貰えませんでしたー。

 

ディズニーランドの入り口(15分前入場)でも、

聞いてみたところ・・・ランド入口で貰えました。

DSC05206 (2)

朝一番の勝負時に、迷子センターに行く手間が無くなるラッキー。

 

複数日滞在するなら、初日に日数分貰っておくと手間もないかと。

ただのシールなんで、剥がれやすいし、着替えたら翌日使えないから。

 

お土産は初日の空いているウチに購入。夜ならミラコスタ内が空いている。

ディズニーに行ったら絶対買うお土産。

夜になると混むどころじゃなく、混みあいます。

明るいうちに買っておきましょう。

 

ホテル宿泊者なら、お土産をホテルまで送ってくれるので、

気付いた時に買えば良いと思います。荷物も増えません。

むしろ後で戻って来て買いに来るとか、キツイから辞めた方が良い。

 

閉演前にフラッとお土産屋を見てきましたが・・・パニックでした。

DSC08312

身動き取れないし、棚もすっからかん。補充間に合ってない。

 

結果、ミラコスタ内のショップで大量購入しました。

皆わざわざホテルのお土産屋には入らないと思うけど、

空いているし、ミラコスタ限定お土産や、定番物も有りました。

 

初日に買って、ミラコスタから配送してしまえば、

翌日は手ぶらで、更に楽ちんです。

 

寝る前に部屋から園内を見てましたが、

閉演時間10時過ぎても人って結構残ってるんだね。

そりゃあんだけお土産屋にいたら、全然帰れないよね。

 

レストランは事前予約。ショーレストラン以外は当日キャンセルが可能。

ホテル宿泊者は、レストラン予約ができる。

これはホント素晴らしい特典。

悩むなら、とりあえず予約した方が良いです。

 

通常のレストランは、当日キャンセルも可能。

キャンセル料等のペナルティも有りません。

 

当日キャンセルも、1時間前までならオンラインで手続きできるし、

最悪、ギリギリキャンセルも可能。電話して対応して頂けます。

 

一方、ショーレストランは、

前日の20時59分までならキャンセル料は無料。

当日キャンセルは、全額費用が発生しますので注意。

 

キャンセル料が発生するショーレストラン

  • ザ・ダイヤモンドホースシュー(ディズニーランド)
  • ポリネシアンテラス・レストラン(ディズニーランド)

 

当日時間通りにレストランに行けば、Priority Seatingの紙が貰えます。

DSC04035

外の喧騒は嘘のように、落ち着いた空間。

DSC08089

イーストサイド・カフェも、ゆったりとしたスペース。

DSC08438

内装も素敵だけど、演出も素敵。ランチョンマットで遊べる。

DSC08444

イーストサイド・カフェでは、ゆったりソファで、

子供二人とも爆睡してしまったのですが・・・

わざわざデザートの提供まで、子供に合わせて待ってくれたり、

赤ちゃんにもゆっくりご飯あげれたりと、ホント快適。

ご飯が美味しいだけじゃない。

 

次の予約が有るんじゃないかと、時間の心配もしてましたが、

混み合う事もなく、余裕を持って席も取っている感じ。

実際、全然大丈夫とも言って頂けましたし、最高のサービスでした。

 

レストラン予約時間までに到着していないとイケないのかというと、

そこまで厳粛ではなく、5分~10分くらいの猶予はあるかと。

ディズニーでは、予定通りに行かない事も多いですからね。

我が家の場合、イーストサイド・カフェに、

5~6分遅れてしまったのですが、問題無く案内してくれました。

 

ショーレストランは、当日キャンセルは不可能ですが、

時間を合わせてでも、見るべきショーでした。

席が空いているなら、是非S席。ステージは近い方が良い。

我が家は運よく一番前でしたが、動けるミッキーに激しく感動しました。

DSC05083

 

ちなみに、私はオンライン(トラベルバッグ)でレストラン予約したのですが、

1日につき、レストランとショーレストラン1箇所ずつしか予約できませんでした。

1日に2箇所のレストランを予約しようとしたところ、

エラーが出ましたので、たぶん無理なんじゃ無いかな。

 

ディズニーシーには、ショーレストランが無いので、1日1か所の予約のみ。

予定を変更する際も、一旦予約キャンセルしてから、

再度、別のレストラン予約する必要がありました。

電話して確認したわけじゃ無いので、確実では無いんですけど。

 

準備をするに越した事は無い。ディズニー準備からディズニー気分。

遊園地ごときで、スケジュールとか考えたくもない。

そこまでやるの無理ですわーとか、

いやーウチの家族はそういうの嫌がりますわーとかとか、

私自身も、そう思ってました。

 

今回は、家族で20万円を超える大金のディズニー旅行。

海外イケるんじゃないのん?ってくらいの金額。

せっかく高いお金を払うんだから、せっかく家族で行くんだから、

できる限り楽しい時間を増やしたい。と思い挑戦してみた次第です。

子供も大きくなり、皆で旅行できる回数も・・・とか考えちゃう年頃だし。

 

やってみると意外と面白くて、どこ行こうか?何食べようか?

ミッキーと写真とれるかな?とか、いつの間にか子供よりも自分が楽しみに。

ディズニー行く前から、ディズニー旅行気分。

準備期間を含め、ホント楽しかったです。

 

私自身、それほどディズニーには興味も無かったのですが、

ディズニーの知らない部分も多く、

改めてディズニーの素晴らしさにも気づけました。

今まで、なんとなくディズニー行ってたなって。もったない。

ディズニーってサービスも徹底しているし、芸も細かいよね。

 

ディズニーが何故これほどに人気なのか?

一度真剣に向き合ってみても良いかもしれません。

 

もちろん、スケジュール通りに動く必要は有りませんが、

予定を組めば楽しくなるし、実際トラブルも減るかと思います。

混んでて疲れるディズニーは、自分のせいだった・・・

少なくとも私には、人生最高のディズニーランドになりましたから。