新しく車を買いました。カーナビ付きの軽自動車です。

追加で+○○万円払って、カーナビ付けたんだけど・・・

こんな使いづらいものに、お金を払ったと後悔。

 

スマートフォンや、タブレット端末の方が、よっぽど優れている。

これからカーナビ買う人も、そうでない人へも。

私の車はカーナビ搭載してますが、iPadしか使ってません。

スマホアプリって便利すぎるから。

カーナビとスマホアプリを比較。カーナビのデメリット。

カーナビ付いているのに、なんでわざわざiPadを車載するのかというと。

カーナビが予想以上に使えなかったから。

新車で購入しているから、比較的新しいカーナビだとは思うんだけど、

スマホの地図アプリに慣れている私にはストレスしか無かったです。

 

店舗情報が古く目的地が表示されない。地図データが自動更新されない。

カーナビのメイン機能といえば、目的地までのナビゲーション。

肝心のナビが全然ダメでした。

 

新規出店から、既に数年経っているお店でも、検索に引っかかりません。

名称入力しても出てこない。電話番号入力しても出てこない。

なんかズレてると思ったら、新しい道路も表示されない。

どうやら、DVDやSDカードによる更新が必要との事。

スマホアプリみたいに、自動更新じゃない。

 

Googleマップが使いやすい。操作性も素晴らし過ぎる。

カーナビって、スマホに比べると断然使いづらい。

文字入力も、あいうえお順入力だし、フリック入力や、キーボード入力もできない。

IMG_9057

入力から反映までの処理速度も遅い。

ようやく出て来た検索結果・・・目的とする結果が表示されなければ最悪。

時間返して!って気持ち。頻繁にある。

 

スマホアプリなら、入力方法は様々選べる、

スマホと一緒だから慣れた操作でいつも通り。

音声認識なら喋るだけで目的地表示もできる。入力も反映も一瞬ですから。

 

Google MapはGoogleアカウントで管理やデータ同期もできるので、

自宅のパソコンやスマホで目的地調べて、事前に登録しておけば、

車側のタブレット端末でGoogle Map開いて、即表示する事もできる。

別端末の情報を同期する機能。便利すぎる。

IMG_8935

ディーラー取り付けの純正カーナビだと、

サイドブレーキひかないと検索すらも不可能だし、

とにかく何にもできない。ホント使えないよ・・・。

 

Googleマップの渋滞情報が素晴らしい。Yahoo!カーナビだって有る。

グーグルマップでも、渋滞情報が反映されるようになっており、

カーナビと変わらない精度・・・というよりも、

むしろカーナビより優れています。

IMG_9039

スマホ利用者の位置情報や、移動速度を解析して、

渋滞情報をマップへ反映しているらしく、その精度は非常に高い。

特に私の住んでいるような、地方都市の田舎の道路では、

Google Mapの方が、より詳細な情報がタイムリーに反映されています。

 

従来のカーナビはVICS(ビックス)を使って、情報を反映する方法。

VICS=Vehicle Information and Communication Systemという事で、

日本道路交通情報や渋滞感知器(電波ビーコン、光ビーコン)の情報を、

FM多重放送や道路に設置されたビーコンからカーナビに届けるシステム。

リアルタイムといえど、その情報にはタイムラグを感じる。

 

常時オンライン接続のスマホに比べると、情報量にも差が出るだろうし、

Google Mapのデータは、車載カーナビでは使えないから、その精度にも差が出つつある。

オンラインに繋がるカーナビも登場していますが、

やはりGoogleデータが使えるわけでもなく、なによりナビ自体高額。

だったら、iPad等でオンライン環境を作った方が、融通も利くんじゃないかな。

 

カーナビ情報も使いたいなら、カーナビアプリという方法も有る。

Yahoo!カーナビなら、JARTICの道路交通情報やVICSだけでなく、

他のアプリ利用者による渋滞情報(プローブ)も反映してくれるので、

情報量だけで、車載カーナビよりも勝る。

まぁ、私はGoogle Mapしか使ってませんけど。

 

グルメアプリで飲食店も探し放題。ホテル検索アプリで宿泊も安心。

ぐるなび、ホットペッパー、食べログ・・・

現在地から、最寄りの飲食店情報を表示する。

詳細な情報も調べられるし、利用者のリアルな声も見られる。

IMG_9048

 

楽天トラベル、トリップアドバイザー、じゃらん・・・

現在地情報からの検索は、どこでも当たり前。口コミ、評価も当たり前。

IMG_9049

 

レストランにしろ、ホテルにしろ、

詳細な情報とともに、そのまま道案内までしてくれる。

下手な旅行雑誌よりも、断然役に立ちます。

 

より生きた情報、リアルな口コミを知りたいなら、

Instagram(インスタグラム)で「地名&料理」で検索。

インスタ検索もiPadなら可能となります。

 

音楽再生アプリで聴き放題。テンション上げ放題。

車に欠かせないミュージック。音楽再生も車載ナビは使いづらい。

CDからHDDに取り込むか、SDカードに入れてから再生。

画面に表示される情報は文字だけだし、使いづらく、反応速度も遅い。

 

幸いにも、ブルートゥースには対応していたので、

iPadからワイヤレスで車のスピーカーから出力してます。

なんでしょう、この使いやすさの違いは。

IMG_9047

我が家は駐車場もWiFiの届くエリアなので、

iTunse Storeで購入した動画や音楽も自動で同期してくれてます。

わざわざSDカードに入れる手間すらも無くなりました。

 

今では聞き放題のサービスも多いので、ワザワザiPadに入れる必要も無い。

※参考サイト→音楽聴き放題!Apple Music、LINE MUSIC、AWA、定額制音楽配信サービスの比較まとめ。 | 俺の動画。

 

Bluetoothは一度設定してしまえば、次からは自動で接続されるので、

車のエンジンをかければ、音楽も自動的に車から流れるという便利さです。

 

テレビよりも動画見放題。暇つぶし放題。

私のワンセグチューナー搭載で、地上デジタルの番組も視聴できるのですが・・・

iPad経由で動画ばかり視聴しています。映像も断然綺麗だから。

 

アプリでYoutubeも見放題だし、動画配信サービスで動画も見放題。

動画のストリーミング再生で、パケット容量が不安なら、

ダウンロード視聴可能な、動画配信サービスを選んでも良い。

※参考サイト→オフライン視聴(ダウンロード再生)可能な動画配信サービスまとめ。 | 俺の動画。

 

我が家はU-NEXTで、子ども用アニメを利用する事が多いです。

IMG_9040

カーナビで再生できるのはDVDのみっていう謎。

なんでブルーレイディスクには未対応なんだろう。

せっかく子供用の映画をたくさん持っているのに、車では見れないという。

DVDで買う事って、ほとんど無いのに。

 

iPadならドライブレコーダーやタイムラプス動画の撮影も可能。

ドライブレコーダーを検討しているのですが、

iPadアプリでも代用できるみたいです。

 

加速度センサーの表示にも対応。

常時録画や、衝突時の前後録画機能・・・

なんでもできてしまうって、凄いよね。

 

旅の思い出として動画撮影したいなら、

タイムラプス撮影ができるカメラアプリを使うと面白いです。

 

車載キットは車を選ぶ。軽自動車にオススメのタブレットホルダー。

車載ホルダーの情報が少なく、非常に苦戦しました。

私が乗っている車は軽自動車のWAKE(ウェイク)。

車を傷つけず、視界を遮らず、車載ナビも邪魔しない。

軽自動車という事で、設置できるスペースは限られている。

 

吸盤タイプに、エアコン吹き出し口に取り付けるタイプ。

ドリンクホルダーに差すタイプ、アームで固定するタイプ。

マグネットで固定するやつ、後部座席に設置するタイプ・・・

悩んだ挙句に勢いで購入、

結果、2個ほど失敗してます。

 

一個目は吸盤タイプを購入したのですが、吸盤が弱く全然固定できず。

2個目はエアコンに取り付けるタイプ。


(ジャパナイス)JapaNice ipad タブレット スマホ スタンド マウント ホルダー (エアコン 吹き出し口 対応 type1, black)

 

IMG_8916

エアコンの吹き出し口に引っかけて固定するのですが・・・

IMG_8921

全然入りませんでした!!

IMG_8922

 

最終的に購入したのが、

評価が高かったサンワサプライの、タブレット用車載ホルダー(CAR-HLD7BK)。


サンワサプライ タブレット用車載ホルダー(オンダッシュタイプ) CAR-HLD7BK

IMG_8914

吸盤もゲル状になっており、ダッシュボードのボコボコでも吸着してくれるって。

IMG_8942

 

一応、ボコボコ部分を平らにするテープ付のシートもついてましたが、全く不要でした。

IMG_8915

 

サメ肌のようなダッシュボードでしたが・・・

IMG_8939

吸盤レバーで固定したら、全然ビクともしない。

土台のアームを固定する為のゴムクッションで、安定性も増す。

IMG_8923

首も振れるので、左右に角度調整も可能。

IMG_8938

固定したまま、上方向に上げる事も可能。

IMG_8926

ipad固定前。

IMG_8925

iPad固定後。

IMG_8933

車のカーナビ使わないつもりだったから、車のモニターにかぶせちゃったんだけど、

運転していて、バックモニターが見えない事に気づく。汗

 

バックする時に、毎回アームを上げるのも面倒なので・・・

モニターの見える位置に修正しました。

 

左側奥のガソリンメーター前に吸盤を移動して、

アームを延長、ゴムの土台で安定感もバッチリ。

IMG_9028

バックモニターもしっかりと見えるようになりました。

IMG_9053

 

iPadと車載ナビのデュアルモニター。

車載カーナビも同時に使え、ディスクの開閉の際にも干渉しない。

エアバックにも差支えなく、運転の視界も、各メーターも遮らないベストな位置。

IMG_9026

もちろん車種により、ベストな商品、ベストな位置も異なると思いますので。

一つの方法として、参考までに。

 

iPadの種類とiPadの回線契約。カーナビ利用する際の注意点。

上記の車載ホルダーも苦戦しましたが、

iPadをカーナビにするにあたり、他にも試したり、失敗もしました。

特にiPadの種類と、回線契約は注意が必要です。

 

カーナビに適切なサイズは7.9インチのiPad mini。

最初はスマホのiPhoneで良いかなと思ったのですが、

やはり4~5インチのスマホサイズでは、地図やナビ画面が見づらいです。

運転しながら見るものなので、パッと認識できないと危険です。

 

とはいえ、9.7インチのiPadにした場合、私の車では若干大きかったです。

視界を遮ったり、ハンドルに当たったり、狭い車内では設置スペースも限られてくる

カーナビのサイズが、7~9型サイズという事を考えても、

7.9インチのiPad miniが最適なサイズ。

 

iPhoneでは小さ過ぎ、iPad AirやiPad Proではデカすぎる。

最終的に選んだのは、iPad mini4のCellularモデル。

でもでも、WiFiモデルではダメなんです。

 

iPadのWiFiモデルにGPSは未搭載。カーナビするならCellularモデル。

スマートフォンには当たり前に搭載されているGPS機能。

タブレット端末になると、GPS機能が入っていない事が多いです。

 

回線用のチップにGPS機能が内蔵されている事が多く、

モバイル回線(SIM)が使えないWiFiモデルにはGPS機能が無い。

 

WiFi等のインターネット回線を利用して、位置情報を取得も可能なのですが、

GPSの精度は落ちます。

GPSとインターネットを併用する事により、位置情報の精度も上がります。

 

GPSだけでも位置情報は表示できますが、

渋滞情報や詳細な交通情報となると、やはりインターネット接続は必要となります。

インターネットだけでも位置情報、GPSだけでも位置情報。

より正確性を求めるカーナビとして利用するなら、両方必須となります。

 

以前、iPhoneのテザリングを利用して、iPadをWiFiで繋いだのですが、

やはり、スマホと比べ、現在地がズレる事が多かったです。

カーナビとして利用したいなら、GPS内蔵のCellularモデル。

更には、インターネット回線が必要です。

 

iPadをインターネットに接続する方法。回線契約の種類。

大手携帯キャリアでiPadを購入すれば、回線契約と一緒にiPadが購入できます・・・

が、非常に高額になります。2年縛りに違約金と、最終的に高くなる仕組み。

 

今ではアップルストアから、CellularモデルのiPadも直接購入できます。

あとは、スマホ(iPhone等)のテザリングで、インターネット接続すれば安上がり。

GPSとインターネット回線の両方が使えるiPadの出来上がりです。

 

スマホでテザリングする以外にも、

ポケットWiFiや、WiMAXを契約して、WiFi接続する方法も有りますが、

だったら、格安SIMを契約した方が断然安いです。

 

SIMフリーのiPad mini(Cellularモデル)を購入して、格安SIMを契約すれば良いだけ。

データ通信のみなら、月額1000円未満で運用できてしまいます。

データ通信専用SIMと音声通話SIMの違い。格安SIMの種類と料金。

 

iPad mini Cellularモデルを、インターネット接続する方法

  • 大手携帯キャリアでiPadを購入→そのまま回線契約。
  • iPad Cellularモデルを購入→スマホのテザリング。
  • iPad Cellularモデルを購入→ポケットWifi。
  • iPad Cellularモデルを購入→WiMAX。
  • iPad Cellularモデルを購入→格安SIMを契約。

 

旧モデルや中古のiPadなら、更に安く手に入る。

Amazonでも中古端末が売ってます。


docomo版 iPad mini 3 Wi-Fi Cellularモデル 16GB MGYR2J/A ゴールド 白ロム

 

格安SIMで契約する場合は、SIMフリーのiPadか、ドコモのiPad。

SIMフリーじゃなくとも、ドコモ版のiPadなら、ほとんどの格安SIMで運用できます。

※参考サイト→格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。 | KJ新谷のビジネス幼稚園

上記参考サイトはiPhoneの場合ですが、iPadも一緒です。

 

私は、格安SIMを契約してます。iPadだけで単体接続できると断然便利。

テザリングするには、スマホも必要となるし、

スマホ側で、毎度「インターネット共有」をオンにする必要も有り、

スマホの電池の消費も激しくなってしまうから。

 

iPadカーナビにシガーソケットUSB充電器は必須。

iPadを車で利用する上で、USB充電器は必須。

常時インターネット接続に、長時間のアプリ起動、電池が無いと意味ないです。

 

iPadはタブレット端末なので、iPhone充電よりも電力が必要。

2ポートからパワフルな24W給電。安心のAnkerブランド。


Anker PowerDrive 2 (24W/4.8A 2ポートUSBカーチャージャー) iPhone6s /6s Plus /6 /6 Plus /iPad /iPod /Android /Galaxy S6 /S6 Edge他対応【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 A2310012

 

IMG_9034

2ポートあるのでスマホも同時に充電できます。助手席にも優しさを。

IMG_9033

充電ケーブルは2本常備しておりますが、

iPadに常時接続はせず、満充電になったら外してます。

 

狭い車内、ケーブルはなるべく無い方が良いし、

iPadを1日フルで利用しても、意外と充電も無くならない。

iPhoneよりも電池の持ちも良い気がします。

 

セキュリティや盗難が心配なら、指紋認証と「iPhoneを探す」機能。

車にiPadを置いておくってのは、不安が有ったのですが、

万が一、車上荒らしでiPadを盗まれても、

「iPhoneを探す」アプリで、iPadの現在地も丸わかり。

iCloud – iPhone、iPad、Macを探す – Apple(日本)

iPadに限らず「探す」の設定はしておいた方が良い。

実際に、iPhone紛失して見つけた事も有ります。

 

最悪の話、車を盗まれても、

iPad搭載しているおかげで、車の場所も分かる可能性も有りますね。

 

「探す」機能だけでなく、

iOSにはパスコードロックや指紋認証機能も有るから、

紛失時のセキュリティも安心。

私は家族全員の指紋(親指)を認証させて、家族しか使えないiPadにしてます。

以前よりも認証速度も速くなっているので、ロック解除の手間も無くなってます。

 

iPadで運転時間も大幅に短縮できる。

目的地へ到着する時間を短縮する。

なるべく運転時間を短くしたい。

ナビする端末が高性能なら、トータルの運転時間は更に短くなります。

 

車に乗って、目的地入力して、ルート間違えて・・・

知らない土地では、予定通りに行かない事も当たり前。

 

検索の操作性。正確なルート。遅延ない渋滞情報・・・だけでなく、

間違えた場合の代替ルート。ルートの再確認。

優秀なアプリなら素早く切替られます。

迷った際にも安心。同乗者とケンカする可能性も低くなる。

 

狙ったお店が駄目だった時の代わりのお店。

新しい土地で、近隣情報を簡単に調べられる。

最寄りの情報も一瞬で表示。意味分からないほど便利です。

 

スマホ操作そのままで、車で使えるという快適さ。

スマホよりも大画面なので、検索もしやすく、見やすいという事。

カーナビで迷って、スマホでイチイチ検索してませんか?

カーナビなんかよりも、詰むべきはiPad。

是非とも検討してみて下さい。