娘たちが保育園に通いだし、

何かとスーパーのレジ袋が、必要になる機会が増えたんです。

 

はじめは、レジ袋を三角に折って持たせていたんですが、

うまく重ならないし、

なんだか、かさばる。

 

そこで友人から、かさばらない、

キレイなレジ袋の折り方を教えてもらったんです。

 

出来上がりは三角ではなく、四角。

とても使える折り方なので、ちょっとご紹介。

 

区別もしやすい。ビニール袋の四角折。

レジ袋って大きめと小さめがありますよね。

三角折りや、ぐちゃぐちゃにしたままだと

大きさって分かりずらかったですよね。

 

今から紹介する折り方だと、

大小の区別もしやすくなるんです。

 

出来上がりの大きさ比べもかねて、

2種類で折ってみます。

 

1.

まずは、レジ袋を広げて置きます。

この時に空気を抜きながら広げておくと

折りやすいです。

レジ袋工程1

 

2.

上の持ち手部分が下になるように、

半分に折ります。

レジ袋工程2

 

3.

左側を内側に向けて3分の1折ります。

レジ袋工程3

 

4.

右側も内側に向けて3分の1折ります。

レジ袋工程4

 

5.

上側を3分の1、下に折ります。

レジ袋工程5

 

折り曲げた部分がポケット状になっています。

レジ袋工程5説明

 

6.

ポケット状になっている所に、

下の余っている部分を折り込む。

レジ袋工程5説明 (2)

 

7.

完成☆

完成

 

とても簡単でしょ。

四角くキレイに折れました。

大小もわかりやすい!!

 

四角折って素敵。かさばらないし収納もキレイに出来ちゃうんです。

三角と比べると、薄くなりますし、

しかもキレイに重なる。

厚さ比べ

子供たちに持たせる時も

何枚も重ねても、かさばり難いんです。

バックの中でゴソゴソしなくなりました。

 

重なり、しかも薄くなることが利点の四角折り。

 

我が家では、この様に収納しております。

収納

 

この子たちが置いてある場所は冷蔵庫の横。

磁石でくっ付けております。

冷蔵庫にレジ袋

重なるから出来ることですよね。

見やすーい!

取り出しやすーい!

 

ご家庭のレジ袋がぐちゃぐちゃな時は

是非お試しあれ。