女の子の行事といえば、ひな祭り。

2児の母になり、しかも姉妹の母になった今、

ひな祭りを、とても意識するようになりました。

 

「姉妹の場合、雛人形はどうしているのだろう。」

とっても気になったので、ちょっと調べてみました。

 

ひな祭りの由来。子供のお守りが雛人形。

ひな祭りとは、女の子が無事に成長し

将来、良縁に恵まれるように、

食べ物などに困らないようにと、幸せを願う行事です。

 

なぜ、雛人形を飾るようになったか。

昔、穢れ(けがれ)を移すための身代わりとされた形代(かたしろ)

という人形を、川に流していた「流し雛」という行事が、

起源だったとされています。

 

それが、時とともに、

小さい女の子が、お人形で遊ぶ「ひいな遊び」というお人形が、

身代わりとなる人形と、結びつくようになっていきました。

 

人にある厄を、男女一対になっている人形、

お内裏様と、お雛様に受けてもらうことから、

「雛人形」が誕生し、ひな祭りに飾られるようになったそうです。

 

もともと、「上巳の節句」=「ひな祭り」は女の子だけの

行事ではなかったのですが、

時代が流れ、江戸時代くらいから

5月5日の「端午の節句」が男の子の行事に対し

3月3日「上巳の節句」が女の子の節句として定着していったようです。

 

厄を受けてもらうために誕生した、雛人形。

女の子、1人1人のお守りのような存在だったんです。

 

雛人形は一人につき一つが本来の形だが、家庭環境を考慮すべし。

本来、雛人形とは女の子一人一人のお守りですので、

姉妹でも、1人1人に、

お雛様を用意するのが基本のようです。

 

しかし、飾るとなると場所をとるお雛様。

我が家のように、狭い賃貸物件には

豪華なお雛様を、姉妹分飾れるスペースはありません。

 

無理に大きな雛人形を、姉妹分用意して、

お家が、狭っ苦しい空間になってしまったり、

飾るのが面倒になって、出さなくなってしまったら、

雛人形の意味がなくなってしまいます。

 

そこで、我が家では、

長女用のお雛様は、シンプルな親王飾り。

ケースに入っていますが、とても立派です。

IMG_6995

 

次女には、玄関などで飾れるようにと

ガラスの雛人形を用意しました☆

それと、小さめのつるし雛。


【ひな人形】雅つるし飾り(14号)スタンド付【つるし雛】【吊るし雛】【最安値 格安 品数豊富 高品質 人気 専門店】

 

玄関も、ひな祭り仕様になって華やかです。

IMG_6998

 

他にも調べていたら、2番目に生まれた女の子のために、

「市松人形」


市松人形 雛人形 五月人形 お出迎え人形 お祝い人形 初節句 久月 コンパクト ケース飾り ケース 送料無料 【2015年新作】 人形の久月 市松人形9号 クーポン 配布中 【楽ギフ_のし】 楽天スーパーセール 10P01Mar15

 

「木目込み雛人形」


雛人形 一秀 ひな人形 雛 平飾り 親王飾り 木目込み人形 木村一秀作 さくらさくら 金彩 2号 【2015年度新作】 h273-ic-125

 

というよう様な物も、人気なようです。

どれも、厄を受け止め身代わりとなる人形という事から、

お雛様の代わりに、用意されているみたい。

 

無理に大きな雛人形を準備して、飾らなくなるよりも

毎年、願いを込めて飾ってあげられるほうがイイですから。

 

子供の成長を切に願い、楽しいひな祭りにしてあげたいです☆