最近、子供達が同時に風邪をひきました。

鼻水、鼻ずまり、咳といった、一般的な風邪の症状。

 

診察をしてもらうと、病院の先生が

「咳や鼻ずまりは、部屋を加湿すると少しは落ち着くよ」

と、加湿をオススメ。

 

その直後、私自身も風邪をひいてしまい、

同じ様な、風邪の症状に。

 

先生の助言と、子供と私が風邪をひいた事から、

加湿器を購入する事に。


超音波式アロマ加湿器しずくプラス(加湿器/アロマ加湿器/加湿機/超音波式加湿器/アロマディフューザー/北欧テイスト/shizuku/Apix/AHD-012)【COCOA インテリア雑貨】

 

合わせて温・湿度計も購入です。


エンペックス スーパーEX高品質 温湿度計 EX-2728[【HLS_DU】温湿度計]【送料無料】

 

 

加湿する事で得られる効果とは。

部屋が乾燥していると、

インフルエンザといった、ウィルスの繁殖。

目や鼻の中の粘膜が乾燥し、風邪になりやすくなる。

肌が乾燥する、などと体に不具合が生じてきてしまいます。

 

しかし、適度に加湿をしてあげる事で、

 

  • インフルエンザや、風邪の予防。
  • 鼻・のど・肌の乾燥防止。
  • ホコリなどの、ハウスダストの飛散防止。
  • 静電気防止。

 

などと、色々なメリットがあげられます。

大人よりも、敏感な子供達ですので

少しでも、乾燥予防をしてあげたいものです。

 

最適な湿度とは。温度との関係性。

加湿器を買ったのはイイですが、加湿しすぎても、

結露やカビ・ダニの繁殖を、促してしまいます。

 

人にとって、最適な湿度とはどれくらいなんでしょうか。

 

インフルエンザなどのウイルス・・・40%以上で活動能力が低下

肌の状態・・・60%位が最適。

ダニ・カビの発生・・・・65%以上で、活動が活発になる。

 

この事から、「40%~60%」が最も快適な湿度だと言われています。

 

湿度と合わせて気にしたいのは、室内の温度。

インフルエンザなどのウイルスは低温(18度以下)を好み、

ダニ、カビは25℃以上になると、活発になる。

その為、室温は「20℃~25℃」が最適になってきます。

 

快適な湿度と室温

  • 湿度:40%~60%
  • 温度:20℃~25℃

 

風邪の予防や、カビやダニの事を考えると、

湿度と温度の両方を合わせて、室内の環境を整える事が大切ですね。

 

湿度計と温度計でチェック。加湿器を上手に使う。

加湿器は、しずくプラスを購入しました。

超音波式の加湿器です。

ダイヤルで、蒸気を調節するタイプ。

IMG_6290

見た目も、名前の通り雫の形をしていて、

可愛くて、オシャレです。


APIX アピックス 加湿器 超音波式 アロマ モイストホワイト AHD-013-WH

 

我が家はマンションだからか、気密性があるようで、

キッチンで調理をしたりすると、すぐに湿度が上がります。

この時に、加湿器を同時に付けていると、

すぐに60%越えに。

 

湿度の上がり過ぎもダメです。

加湿過多にならない為にも、温・湿度計があると、

今の状態が目に見えてわかるので、とても便利。

 

我が家にある温・湿度計は、エンペックスの物を使っています。

付けている場所は、リビングの壁中央くらい。

床から1.5m位の位置がイイそうなので、壁掛けにしてます。

IMG_6289

 

温度と湿度を、合わせて確認できるので

温度・湿度の上がりすぎに、スグ気付けます。

 


EMPEX (エンペックス) 温・湿度計 スーパーEX高品質温・湿度計 壁掛用 EX-2728 シャンパンゴールド

 

調理をしている時は、加湿器を付けない。

温・湿度計で45%位になったら、加湿器を使う。

などと、加湿器を乱用しない事も大事です。

 

適度に加湿をして、室内を最適な状態に保つ。

加湿器と温・湿度計を、上手く使いこなしましょ。