5月も終われば、じめじめとした梅雨シーズンに突入。

我が家の子供達は、豪雨や台風以外の雨であれば

保育園の送迎は、たいてい電動自転車です。

 

レイングッズの雨具で、パッと思い浮かぶのは傘ですが、

雨の中の電動自転車で、片手で運転する訳にも行かない。

レインコートたくさん買いました。

スポンサーリンク

子供用レインコートの種類と違い。

雨の日の自転車送迎で間違いない雨具といえば、レインコートです。

レインコートといえど、その種類は様々、形状も色々あります。

通園させて1年がたち、使い勝手の違いに気付き、

子供の成長も兼ねて、レインコートも買い換えてます。

IMG_7838

 

ポンチョ型レインコートのデメリット。動きにくく着脱もしづらい。

はじめて購入したのは、着せやすそうなポンチョタイプ。

IMG_5722

被せるだけと思ってたのですが、

袖有りの雨カッパよりも使いづらかったです。

ポンチョ型レインコートのデメリット

  • ポンチョタイプは、前が開かず着脱しずらい。
  • ポンチョタイプは、風を受けるとモモンガ状態。
  • ポンチョタイプは着丈も短く、足が濡れてしまう。
  • リュックを背負ったままだと、着丈は更に足りなくなる。

 

レインコートを入れる収納ケースが無かったので、ジップロックに収納。

IMG_5723

 

フード止めも無かったので、パンチで穴あけでゴム紐を付けてました。

WS000968

フードをかぶった後に、ゴムを結べば、フードが飛ばされない仕組み。

 

ポンチョタイプは風に弱い。自転車に不向き。

自転車に乗っていない時に着るのであれば、問題ないですが、

電動自転車で走行していると、風を受けて袖下の所がバタバタ。

風の抵抗を大きく受けます。

 

子供のポンチョタイプレインコートも、袖下から風が入ってしまい、

背中部分が、フワフワ浮いてしまう事も。

 

ポンチョタイプは脱ぎ辛い

保育園の送迎で利用している私、

保育園に着いたら、まずはレインコートを子供も大人も脱がなきゃいけないんです。

ポンチョタイプのレインコートは、前が開かないので、脱ぎにくく、

雨で濡れているポンチョの雨粒が、脱いだ時に体にも付いちゃう。

しかも、髪の毛を結わいていたりすると、必ずと言っていいほど引っかかる。

イライラもマックスです。

 

 

雨の日は、普段以上に手間も時間もかかります。

ちっちゃい事でもイライラ・・・。

少しでも軽減したい。

 

リュックを背負ったまま、レインコートが着れない。

保育園指定のリュックを、いつも持たせているんですが、

今まで使っていたレインコートでは、リュックを背負ったまま

レインコートを着ることは出来ませんでした。

 

子供用レインコートは、カバンの上から着用できる物を。

続いて購入したのが西松屋のレインコート。

ポンチョ型では無く、袖が付いているタイプで、後ろに可愛いウサギのイラスト。

IMG_5720

収納ケース付きで、ケースには同じウサギのイラスト入り。

IMG_5721

ポンチョ型では無いので、カバンを背負う事を考え、やや大きめを選んだのですが・・・

やはり無理ありました。全体的に大きくなってしまいます。

 

また、自転車に乗っていると、風でレインコートのフードが飛んでしまうので、

ポンチョ型同様、フードの首近くにパンチで穴をあけ、ゴムを付けていました。

WS000967

 

そこで新たに購入したのは、背中が大きく開くレインコート。

袖付きで前も開きます。

IMG_7827

 

子供用レインコートには、フードが透明な切り替えになっているので

フードをかぶっても、視界が暗くなる心配がない。

IMG_7830

 

おそろいの生地で作られている手提げ袋も可愛いし、

小さく収納出来るので、バックに入れおけば急な雨にも対処できます。

IMG_7831

 

レインコートを、背中が開くタイプの物にしたら、

保育園に着いた時も、帰る時も、とっても楽になりました。

リュックを背負っていても、背中が広がるタイプのレインコートなので

ササッと広げて、リュックごと雨から守れる。

IMG_7881

カラフルなカラーなので、暗い雨の日も視認性抜群。

 


【ポイント2倍】[メール便対応&レビュー割(送料無料)][KidsForet]キッズフォーレ[女児] レインコート キッズ[12色][リュック、ランドセル対応]B81810/B81820/B81840丸高衣料/子供レインウェアカッパ雨具【あす楽】【RCP】

 

子供用レインコートは大き目サイズが良い。

子供のレインコートは、出来るだけ大き目サイズを選ぶのがオススメ。

成長にともなって、レインコートも必ず短くなります。

長女は身長102cm。購入サイズ・・・Lサイズ(115~125cm)

次女は身長87cm。購入サイズ・・・Mサイズ(100~115cm)

裾を踏まない程度の、大きめサイズがベストです。

 

我が家は電動自転車に乗せるので、なおさら着丈は長い方がいい。

チャイルドシートに座った時、

着丈が長ければ、お尻も足もすっぽり隠れます。

袖口は、何回か折り曲げておけばイイ事。

 

自転車に乗らなくとも、ひざ下くらいまで着丈はあったほうが安心です。

大人もそうですが、足って意外に濡れますので。

 

着れるし期間も長くなり、着丈も長くなるので、

子供の全身を、雨から守れます。

IMG_7837

 

保育園に付い時は、レインコートを脱がせるだけ。

帰りも、リュックを背負わせたままレインコートを着せるだけ。

後から荷物を持たせたりという時間が無くなり、親の負担も減ります。

 

長女の場合は、今は年中さんですが、

あと2年したら小学生です。

ランドセルの事も考えると、背中が広がるタイプは便利。

 

遠足でも、リュックを背負ったまま、

レインコートをササッと着せられる方がイイですよね。

リュックも濡れませんから。

 

大人用レインコートもポンチョ型よりも袖付きがオススメ。

大人用のレインコートも、最初はOUTDOORのポンチョタイプを利用してました。

IMG_5717

青っぽく映っていますが・・・紫色です。

 

ポンチョタイプのレインコートは袖下にも布があるので、腕に物をかけたときや、

肩にバッグかけたときに、どうしても袖の下に布がたまってしまうんです。

 

動きずらいし、袖口も裾も上がってしまう。

ポンチョタイプは、肩に荷物もかけにくく、

子供を抱っこする時も、袖下がつながっているので抱っこしづらい。

子ども用のレインコート同様、非常に不便でした。

 

袖付きのレインコートにしたら、そんな悩みも解消。

大人用のレインコートは、子供とは逆に落ち着いたカラーにしてます。

 

IMG_7839

 

派手すぎても、悪目立ちしてしまうし、

いかにも「カッパ着ています!」というデザインの物は、

せっかく買うんですから、除外。

 

モッズコートの様なデザインで、着丈が長めの物をチョイス。

ネイビーベースのチャック柄。

IMG_7832

 

裾もラウンドしていて、オシャレ。

IMG_7833

 

フードに紐が付いているので、調節が可能。

フードのスタンド具合も、イイ感じです。

IMG_7836

 

子供用はカラフルで、ちょっと長めに使えるサイズ。

大人用は、カッパ感を抑えたレインコート。

どちらもデザインがよく、使い勝手や機能性も考えられていて、

優秀なレインコートです。

IMG_7832

 

ポンチョタイプは、確かに被るだけで「着せやすさ」はありました。

大人の私には、着せやすさは関係ない。

保育園の送迎で必要だったのは、「脱ぎやすさ」。

この脱ぎやすさは、ポンチョタイプはやり難かった。

 

前が開くことで、子供たちのレインコートが濡れていても

背後からそっと脱がせられる。

私も同様です。体が濡れることはありません。

 

子供たちのレインコートは、ボタンで着脱。

私のレインコートは、ダブルジップ仕様になってます。

IMG_7835

 

ポンチョタイプが着せやすいっていうのは、先入観。

袖があり前開きタイプのレインコートの方が、だんぜん着やすい。

 

雨から顔を防御。レインバイザーが最強です。

雨の日に自転車に乗ると、フードだけでは

顔にかかる雨は、避けることができません。

 

子供達、特に前に乗っている次女は

雨で顔が、ビショビショになった事があります。

私も同様。

雨の日は化粧なんかしてても、落ちてしまうので意味がありません。

 

雨の日だって、身だしなみは気を付けたい。

雨から顔を守ってくれる最強アイテム。

レインバイザーです。

IMG_5712

 

子供たちの物は、ミッキーとミニーのサンバイザー。

100円ショップで、夏場の日差し対策用に売り出されていたモノです。

IMG_5724

 

日差し用ですが、雨の日でも十分な活躍をしてくれます。

強めの雨も、しっかり防いでくれ想像以上の実力です。

 

子供達の好きなキャラクターですし、付けることに抵抗が無く喜んで装着。

雨の日にサンバイザーが無いと、子供達に怒られるくらい。

お気に入りになってます。

 

私が使っているのは、

雨の日だけに使う、レインクリアバイザーという物。


レインクリアバイザー サンバイザー ワイド 雨除けバイザー 耳までカバー 顔部分は 雨傘 も不要 レインバイザー

バイザー部分が透明でなので、雨でも視界良好

安全に走行するのには、視界確保は大事です。

肝心の雨からも、しっかり顔を守ってくれるので、

化粧をしていても安心。

 

私が使用してるのは、雨専用ですが、

晴雨兼用で、UVカット機能が付いているタイプもあります。

紫外線対策も出来る、晴れの日にも使いたい方にはイイと思います。


【あす楽対応】【送料無料】 晴雨兼用UVカットクリアバイザー 【レインバイザー|雨用バイザー|レインウェア|雨具|自転車】

 

顔に雨がかかると、どうしても不快に感じてしまう。

そんな不快感を、レインバイザーがあれば防いでくれます。

 

前カゴにはカバーを付ける。荷物の飛び出しや突然の雨でも荷物が濡れない。

前カゴにカバーを付けると、意外に便利なことが判明。

カゴカバーとはこんな感じの物。


自転車 かご カバー【フロント バスケット カバー Brioso ブリオーソ】「Front Basket Cover フロント バスケット カバー」ひもとベルクロテープで簡単脱着♪雨、ひったくりから荷物を守るキンチャク開閉式 前カゴ カバー♪全周に反射テープ付で夜も安心♪自転車 カバー

 

便利な点とは、

  • 荷物が濡れない。突然の雨でも安心。
  • ひったくり予防にもなる。
  • 荷物が飛び出すのを防止できる。

 

カバーをすると、カゴに蓋が付いている状態と同じなので、

雨が降っていても、荷物をカゴに入れるだけで雨対策になります。

 

今までは荷物が濡れないように、袋に入れてましたが、

袋は雨に濡れてビショビショになり、出し入れが本当に面倒でした。

こんな手間もなくなります。

突然降ってきた雨にも対処できることも嬉しいデス。

 

雨だけではなく、防犯対策にもなること。

何があっても、おかしくない世の中です。

子供も自転車に乗っていますし、少しでも犯罪対策が出来た方が安心です。

 

子供が前後にのているのに、カゴの荷物にまで意識を集中できません。

カバーをしていたら、急な荷物の飛び出しを防いでくれます

荷物に気を取られて、バランスを崩しては非常に危険ですから。

 

私が使っている前カゴカバーはこれ。

IMG_7845

前カゴカバーって、おばちゃん感が強いイメージでした。

いまは、カラフルなデザインやイラストの物が増えていて、

キレイな色味の物を選ぶだけで、オシャレに見えます。

地味な色だと、確実に近所のおばちゃんの自転車になるのでご注意を。

 

しかし、電動自転車をギュットアニーズに買い替えたら、

パナソニック ギュットアニーズとビビの違いを徹底比較。BE-ENMA033購入レビュー。

カゴのサイズが大きくて、前カゴカバーがハマらなかったんです。

購入する時は、カゴの大きさ、カバーの寸法に注意です。

 

大き目の前カゴには、こんな感じのカバーもカッコいいかも。


BikeCap(バイクキャップ) 自転車用ボックスキャップ 大 ピンクエアメール Boxn0014

 

雨の日っていうだけで、憂鬱になります。

厳選したレイングッツを使って、少しでも快適に、

雨にも負けず、保育園の送迎をしちゃいましょう。