電動アシスト自転車買いました。

パナソニックの「ギュットアニーズ」2015年モデルです。

IMG_7706

 

同じ20型のタイヤで低重心設計のギュットミニDXと悩んだんですが、

私はギュットアニーズに決定。

パナソニックのギュットシリーズ。ギュットミニDXと悩んだ結果、ギュットアニーズを選んだ理由。

ギュットアニーズの前は、パナソニックのビビに乗っていました。

以前、子供乗せタイプの電動自転車よりも、

普通の電動自転車を購入した方が安いって言いましたが・・・

子供乗せ電動自転車は高くてデメリットが多い。チャイルドシートは後付けがオススメな理由。

 

それほど、大差ない値段になっておりました。

電動自転車が高騰?3人乗せが安くなったのか?

ギュットアニーズには、価格差の価値が有ると思います。


Panasonic(パナソニック) 2015年モデル ギュットアニーズ(Gyutto ANNYS) カラー:マットナイト BE-ENMA033-B チャイルドシート付き電動アシスト自転車 専用充電器付

 

子供乗せ電動自転車のギュットアニーズと、普通モデルのビビ。

どこが違って、どう良かったのか。

実際、購入して気付いた点です。

 

スポンサーリンク

バッテリー容量の違いは大きい。行動範囲が倍以上になる。

ギュットアニーズのバッテリー容量は、8.9Ahのリチウムイオンバッテリー。

前に乗っていたパナソニック ビビは、3.1Ahのバッテリー。

途中8.9Ahバッテリーに容量をUPしました。

パナソニック電動自転車バッテリーの寿命と互換性。買い換えて気付いた注意点。

 

8.9Ahの大容量バッテリーのメリット

  • 走行距離が変わり、行動範囲が広がる。
  • 充電回数が減って、バッテリーを運ぶ手間が減る。

順次説明していきます。

 

走行距離が変わり、行動範囲が広がる。

アシストモードという物があり、ビビとギュットアニーズのモードは3種類。

「パワーモード」「オートマチック」「ロング(エコ)モード」

この中でも、実際によく使う「オートマチック」で比べてみます。

 

3.1Ahバッテリーので走行できる距離は、

オートマチックモードで・・・約12㎞。

IMG_7726

実際の所、道路の起伏(アップダウン)も加わり、

片道5㎞の距離の往復で、バッテリーがもたない事が多い。

 

8.9Ahバッテリーで走行できる距離は、

オートマチックモードで・・・約32㎞。

IMG_7728

東京駅~横浜駅くらいまで行けちゃう距離。

 

1回の充電で、行ける距離が長くなったので、

充電切れの心配がなく、遠くまで出かけることが出来る。

行動範囲が、ぐんと広がります

 

「遠出=車」だったのが、電動自転車でも可能。

車で渋滞する道路でも、電動自転車ならスイスイ。

目的地に着くのが車より早く、駐輪する場所も選ばない。

駐車場って建物入口から遠いですからね。

車のようにショッピングモール内で渋滞する事も無い。

 

充電回数が減って、バッテリーを運ぶ手間が減る。

バッテリーって、小さく見えますが重量は意外と重たい。

3.1Ahバッテリーの重量・・・1.2Kg

8.9Ahバッテリーの重量・・・2.1Kg

 

3.1Ahバッテリーを使っていた時は、2~3日に一回のペースで充電

8.9Ahのバッテリーに交換した今は、

充電回数が1週間に1回のペースに減りました。

 

バッテリーを抱えて子供を抱っこし、玄関までの階段の上り下り。

バッテリーの持ち運びって意外と大変です。

バッテリーの容量が多くなれば充電回数が減るので、

重たいバッテリーを持ち運ぶ手間も減る。本当に楽になりました。

 

タイヤが小さくて太い。メリットとデメリット。

ギュットアニーズのタイヤは20型。

パナソニック ビビのタイヤは26型。

タイヤの大きさが、だいぶ違います。

IMG_2952

 

タイヤの太さも、違います。

ギュットアニーズは極太タイヤです。

IMG_7707

 

タイヤを小さく、なおかつ極太にする事のメリット。

子供が乗っていても、安定感のある走行が出来るようになっている事です。

タイヤが小さい分、小回りも利きます。

 

我が家は、雨の日でも保育園送迎には電動自転車を使用。

雨の日の保育園送迎に欠かせない雨具。自転車用レイングッズまとめ。

雨の日の走行にギュットアニーズを使用したら、ビビの時と全然違い、

太くて小さい20型タイヤは、濡れた路面でも安定感バッチリだったんです。

安心して保育園送迎が出来ました。

 

20型の小さめタイヤだと、単純に漕ぐ回数が増えたり、

ペダルが重くなったりすると勘違いしておりましたが、

さすがの電動自転車。

26型と20型で、ギア比が上手い事調整してあるので、

漕ぎ手の負担が増えるようなことは有りません。

 

デメリットとは、従来の自転車に使われているタイヤよりも太いので、

一般的な駐輪所にある、駐輪機にハマらない可能性が有ること

IMG_7725

 

自宅の駐輪スペースに、駐輪機のみの場合、

タイヤがハマるかどうか、事前に確認してからの購入をオススメします。

ハマらなかったら、自転車を止められなくなっちゃいますから。

 

前カゴが大きくて便利。

ギュットアニーズに付いている前カゴ。

パナソニック ビビに付いているカゴよりも、

見た目がカッコよく、しかも大きい

  • ビビの前カゴ寸法:幅34cm×奥行28cmくらい
  • ギュットアニーズの前カゴ寸法:幅38cm×奥行30cmくらい

IMG_2943

写真右が、ビビ。左がギュットアニーズです。

写真だとあまり伝わりにくいですが・・・・

 

ギュットアニーズの前カゴは、

箱入りティッシュと、トイレットペーパーが一緒に入ります。

これくらい大きい。

IMG_7732

ビビの前カゴでは、無理です。

 

 

前チャイルドシートを付けると、前かごが見えないし届かない。

我が家は子供が2人いるので、

フロントにチャイルドシートを取り付けています。

 

ビビに比べると、ギュットアニーズはカゴの位置が低いため、

子供が前に乗っていたりすると、カゴの中身が見えずらい

というか、見えません。

IMG_7703

前かごが低いぶん、カゴも遠くなるので、

段差走行の時など、荷物がカゴの中から跳ねても、

手で押さえたり出来ません。荷物の飛び出しには注意です。

 

車高が低いので安定した走行が可能。子供の乗せ降しも楽。

ギュットアニーズには、後ろ乗せ用のチャイルドシートが初期装備されています。

IMG_7706

 

ビビの様に普通の26型電動自転車だと、車体も高く、

後ろチャイルドシートの位置も、高くなっていました。

長女(4歳)が主に後ろに乗り、体重15Kgと大きくなってきたので

高い位置まで、抱っこしての乗せ降しは結構大変です。

 

ギュットアニーズは、車体が低い設計なっているので、

後ろチャイルドシートの位置も低い。

比べてみるとよくわかります。

IMG_7714

右がギュットアニーズ。左がビビ。

この違い、大きいです。子供の乗せ降しが、スゴク楽

上腕二頭筋への負担が違います。

 

チャイルドシートのバックルもOGKの様に、

上下分離しておらず、非常に付けやすい。

IMG_7720

 

ちなみに、鍵はチャイルドシートの後ろに付いています。

IMG_7716

 

スタンドを立てるとハンドルロック。てこの原理で楽らく駐輪。

チャイルドシートでは、不意に子供が動いたり、

子供の重さも加わり、止めているときは不安定になります。

 

子供が前後に乗っている時なんかは、不安定さは2倍。

ビビで、子供たちの乗せ降しをしていた時に、

電動自転車が転倒しそうになったことが、何度かありました。

 

そんな心配が、ギュットアニーズにしたら軽減です。

スタンドの安定感や、仕組みがスゴクいい。

子供が乗っていても楽に止められます。

IMG_7707

右がギュットアニーズ。左がビビです。

 

ビビとは違い、スタンドの地面に触れている面が大きく、

てこの原理を利用して、自転車を持ち上げなくてもスタンドを立てられます

IMG_7729

 

スタンドを立てるのと同時に、ハンドルにもロックがかかる

子供が前に乗っていたり、重い荷物がカゴに入っていても、

ハンドルが振られる心配もありません。

子供の乗せ降しが、以前よりも安全に行えちゃいます。

 

ハンドルロックは、完全にハンドルを固定していないので、

ハンドルの向きを直したい時などは、強めにハンドルを回すと、動きます。

その時「カチカチ」っと、ちょっと大きな音がしますが、正常なのでご安心を。

 

エコナビ液晶が見やすく、バッテリー残量が分りやすい。

バッテリー残量や、電動アシストのモードを変える為の液晶が、

ビビと、ギュットアニーズでは違いがあります。

 

前回乗っていたビビの液晶は、バッテリー残量とアシストモードを変えるボタン

ライトボタンのみでした。

バッテリー残量は、3段階での表示。

 

ギュットアニーズの液晶は「エコナビ液晶」というものになっています。

IMG_7723

 

ギュットアニーズは「エコナビ運転」という機能があり、

アシストモードにもよりますが、走行状態をセンサーがよみとり、

自動で省エネ運転してくれます。

 

液晶の「ECONAVI」の所が、走行中

緑色に光っていたら「エコナビ運転」をしていることになります。

IMG_7721

 

エコナビ運転も良いんですが、私はバッテリー残量が

「パーセント」「距離」「時間」の3種類の表示から分かること、

選べることの方が、ちょっとすごいと思いました。

 

これが「パーセント表示(%)」

IMG_7721

 

これが「距離表示(km)」

IMG_7722

 

これが「時間表示(分)」

IMG_7723

 

電動自転車は、バッテリーが切れてしまったら、ただの重い自転車。

残りの距離とか、走行可能時間とか、パーセンテージとかで

バッテリー残量を見やすくお知らせしてくれる

エコナビ液晶イイです。

 

遠くまで行ける安定感のある走り、ギュットアニーズは値段以上の価値あり。

ギュットアニーズ、市場価格で約13万円くらいします。


【最高額1億円の賠償責任保険付】【2015年モデル】【送料無料】【3人乗り対応】【電動自転車】パナソニックGyutto Annys(ギュット・アニーズ)

 

値段は確かに高いですが、

ギュットアニーズは、子供を乗せる事を想定して造られた自転車という事。

  • 後ろチャイルドシートが標準装備
  • バッテリーが8.9Ahの大容量
  • スタンドが安定、なおかつラクラク駐輪。
  • 子供が乗せやすい。
  • 走行時も安定感が有る。
  • 液晶が進化して、バッテリー残量が見やすい。
  • 前カゴに荷物がたくさん入る

子供がいるママにとっては、イイ事ずくしの電動自転車。

 

バッテリーは8.9Ahと、大容量の物を使用。

走行距離も長く、バッテリー持ちも良し。

単品では約3万円ほどします。


Panasonic(パナソニック) バッテリー NKY450B02/Li-ion/25.2V-8.9Ah ブラック

 

標準装備のチャイルドシートも、約1.4万円

 


Panasonic(パナソニック) カジュアル後ろチャイルドシート NCD354S→NCD363AS

 

子供乗せ用に考えられた機能の事も、合わせて考えたら

ギュットアニーズが、13万円は納得です。

むしろ、値段以上の価値はあります

 

ですが、あくまでも安く電動自転車で3人乗りにしたい場合は、

パナソニックのビビシリーズだと

市場価格では、だいたい7~10万円で購入可能。


【送料無料!防犯登録無料!傷害保険無料!】【おまけ4点セット付き】電動自転車【2015年モデル】パナソニック リチウムビビ・TX (BE-ENTX432/BE-ENTX632)

 

それに、安く購入できるチャイルドシートでしたら

前後合わせて、1万円くらいでそろえられる。


[送料無料]日本製 OGK 自転車用前子供乗せチャイルドシート[FBC-003S2/フロント用] 自転車の前のチャイルドシート子供(子ども)・幼児・赤ちゃん(ベビー)同乗 (前チャイルドシート 幼児乗せ 幼児座席)


【送料無料】OGK RBC-015DX ヘッドレスト付カジュアルうしろ子供のせ 自転車用後ろチャイルドシート リアキャリア取付タイプ【北海道・沖縄・離島送料別途】

 

電動自転車と、チャイルドシート合わせて

上手くいけば10万円以内で、3人乗り自転車にはできます。

子供乗せ電動自転車は高くてデメリットが多い。チャイルドシートは後付けがオススメな理由。

 

普通の電動自転車でも、3人乗りは可能ですから。

普通の電動自転車で3人乗りにする。子供乗せチャイルドシートレビュー

 

下の子供は、まだ2歳。

卒園まで、あと5年近くあります。

まだまだ、電動自転車での送り迎えは必須デス。

 

荷物もたくさん入り、乗りやすい。

安全に走行できる安定感もある、

これからも、ガシガシ乗り回したいと思います☆