お料理をするときなど、誰しも1回は使ったことがあると思われる

キッチンタイマー。

 

我が家は100均で購入した、リンゴ形のキッチンタイマーを使ってたんですが、

これが、買って2カ月たたない位で、

使い物にならないことが発覚・・・。

 

パスタを作る時や、ラーメン、うどん、そば・・・

我が家では、麺類を茹でる時にはキッチンタイマーが必須です!

無いと困ります。

 

そこで見つけたのが、無印良品のダイヤル式キッチンタイマー。

IMG_7516

 

今までに、使ったことない感じのキッチンタイマーです。

 

スポンサーリンク

見やすい画面で見た目もシンプル。デザインが良いんです。

箱に入って販売されている、ダイヤル式キッチンタイマー。

IMG_7518

 

中はこんな感じで入っています。

アルカリボタン電池も一緒に同梱されてる。

別で電池を購入しなくて済みます。

IMG_7520

 

裏がマグネットになっているので、磁石が付く場所だったら

どこにでも取り付け可能。

IMG_7521

 

ボタン電池は、裏側の真ん中に入れるところがあります。

電池を入れたら、使える準備完了。

IMG_7522

1日2回位の使用だったら、1年間は電池がもつそうです。

 

100均で買ったリンゴ形のキッチンタイマーと、大きさを比べてみました。

デジタル液晶の大きさが、まったく違う!

無印良品のキッチンタイマーの方が、倍以上に大きく、

数字は断然、無印良品のデジタル式キッチンタイマーの方が見やすいデス。

IMG_7539

 

キッチンタイマーの厚みは、若干ですが無印良品の方が厚みはあります。

IMG_7540

 

厚みはありますが、冷蔵庫に付けても問題はありません。

真っ白な色と、この厚みが

逆に重厚感と、キッチンタイマーなのにちょっと高級感もある。

シンプルなデザインが、とってもオシャレです。

IMG_7544

 

ダイヤル式が新しい。キッチンタイマーの機能紹介。

無印良品のダイヤル式キッチンタイマーで出来ること。

  • タイマー機能
  • リピート機能
  • カウントアップ機能
  • リセットが簡単

 

タイマー機能

これは、どのキッチンタイマーにもある機能ですが、

タイマーの設定の仕方が、名前の通りダイヤル式なのがイイんです。

 

従来のキッチンタイマーは、ほとんどが「分」と「秒」を別々に設定して

長時間設定の時は、何回もボタンを押して設定していました。

 

ボタンを押し過ぎたら、時間を減らすことが出来ないので、

また、ボタンを押し続けて設定をやり直す。

イライラポイントがあったんです。

IMG_7539

 

無印良品のキッチンタイマーは、ダイヤルで時間を設定するので、

本体の周りを、クルクル回すだけ。これが超快適で新感覚。

IMG_7542

 

数字は右に回すと、10秒ずつ数字が増えていく感じです。

設定したい数字より行きすぎたら、左に回せば時間を減らすこともできる。

微調整がしやすい

クルクル回すダイヤル式が、こんなにも使いやすいと思わなかった。

ボタンを「ピッピ、ピッピ」押す手間がなくなります。

 

時間は最大で99:50まで計れる。

IMG_7541

 

リピート機能

この機能は、100均のキッチンタイマーにもありましたが、

アラームが鳴って、タイマーを止めたら、

はじめに設定した時間を表示してくれる機能のこと。

 

毎回同じ時間にタイマーをセットする場合などに、便利な機能です。

 

カウントアップ機能

カウントアップ機能は、いわゆるストップウォッチみたいなもの。

 

液晶の数字が00:00になっていることを確認したら、

「START/STOP」を押すとカウントが始まります。

カウントを止める時は、再度「START/STOP」を押すと止まります。

またカウントを始めたい場合は、もう一回「START/STOP」を押すとはじまる仕組み。

IMG_7539

 

我が家では、いつ使うかな?・・・な機能ですが。

 

リセットが簡単

このリセットが簡単なのも嬉しい。

今までは、 2個のボタンの同時押しで数字をリセットしていました。

IMG_7539

 

無印良品のキッチンタイマーは一発でリセットできる。

IMG_7524

 

オシャレな上に、使いやすさ抜群です。

デジタルなのに、ダイヤル式キッチンタイマー。

使う頻度を考えたら、キッチンタイマーで1900円は高く無い。

 

クルクル感がクセになります☆