我が家に「ダイソン DC61」が来て、3か月がたとうとしています。


dyson|ダイソン ハンディクリーナー「DC61 モーターヘッド」 DC61MH <パープル/ニッケル>【送料無料】

 

この、ダイソンDC61。

布団クリーナーとして、とても印象的。

ダイソンの公式ページでも、布団クリーナーとして、

ダイソンのハンディークリーナーをお勧めする文章が、このように書かれています。

UVライトは、ダニを死滅させるのに有効ではありません。

布団クリーナーに搭載されているUVライトでダニを死滅させることは困難です。ダニを死滅させるには、UVライトを1箇所に60秒以上照射する必要があります。それも、ダニがその間中ベッドや布団の表面に動かない状態でいる場合に限られます。

ベッドや布団に振動を与えても、ダニをたたき出すことはできません。

布団クリーナーの中には、振動によってベッドや布団からたたき出されたダニを吸い取ると言われているものがあります。しかし、その振動ではダニをたたき出すことはできず、仮にたたき出されても、布団クリーナーの吸引力は弱いため、ダニはベッドや布団に取り残されたままになっています。
ダイソン公式ページより引用。

言い切っちゃうところが、なんだかスゴイ。

でも、この言い切ってしまうほどの自信がある

「ダイソンDC61」の効力に期待して、

我が家は、ダイソンを購入しました。

 

布団クリーナとしての効果を、強調していますが

他にもたくさん活用できちゃうんです。

毎日のように使ってしまうほどの使い心地で、大活躍しています。

 

スポンサーリンク

ダイソンDC61の付属品紹介。

購入すると、以下の付属品が一緒についてきます。

一番左が、ダイソンDC61の掃除機本体

本体の左側から、

  • コンビネーションブラシ
  • ミニモーターヘッド
  • フトンツール
  • 隙間ノズル

と、4種類のノズルが付属されています。

IMG_7070

写真には、写っていないですが、

充電用のアダプターも付いています。

 

それぞれ、とても使い勝手が良いノズルなんですが、

その中でも、先端にブラシがついている

コンビネーションブラシが、個人的にはすごくお気に入り。

 

ブラシの部分で、ゴミを掃くように掃除をして、

一瞬にして吸い込んでくれる感じが、とっても気持ちがイイんです。

ブラシが、可動式なっているので、

ブラシを下げて、大きめの隙間ノズルにもなります。

IMG_7079

 

毎日使いたくなる。ダイソンDC61のメリット。

買ってから、ほとんど毎日のように使っている

ダイソンDC61。良いところをあげてみました。

  • 吸引力がとにかく凄い。
  • ゴミが捨てやすい。
  • 布団、ソファーどこでも持っていける。(コードレス)
  • 付属品が充実。場所によって使い分けができる。
  • デザインがスタイリッシュで、リビングにも置ける。

 

吸引力がとにかく凄い。

本当に、吸い込む力が強いと思います。

ノズルに手を近づけてみたら、ぎゅーっと吸い付く感じがします。

 

我が家のじゅうたんと、ソファーを掃除しただけで

こんなにも、ゴミが取れちゃうほど。

IMG_7080

毎日掃除していても、こんなにゴミが取れる。

 

目に見えてゴミが取れるというのも、掃除していて楽しくなります。

 

ゴミが捨てやすく、お手入れも簡単。

ゴミを捨てる時、本体の底についている蓋が、

パカッと開いて、ゴミが捨てられます。

IMG_7072

テレビで見ていましたが、本当に簡単。

パカッとしてお終いです。

 

本体周りの、透明な部分もはずすことができるので、

紫の中心部分にゴミがまとわりついてしまっても

付属のコンビネーションブラシで、掃き落とすとキレイになります。

IMG_7071

 

ミニモータヘッドに、ブラシが付いているんですが、

ここに髪の毛や、糸くずが絡まってしまう事があります。

しかし、このブラシも取り外しが簡単。

IMG_7073

 

硬貨を使って、ロックを外したら

もう終了。

IMG_7075

 

ブラシを引き出して、絡まった髪の毛や糸くずを外すだけ。

IMG_7076

細かいところまで、お手入れが出来るところも嬉しいです。

 

布団、ソファーどこでも持っていける。(コードレス)

ダイソンDC61には、コードがついていません。

好きな時に好きな場所にもっていけば、すぐに使えます。

 

コードがついていたら、コンセントを気にしないといけないですが、

コンセントの心配がありません。

 

布団や、ソファー、カーペットを掃除するときも

コードが付いていないので、コードが邪魔になったりという

イライラも起きない。

 

子供の食べ散らかしてしまった、クッキーやパンの破片だって

すぐに掃除ができちゃいます。

 

ストレスフリーで使えること間違いなしです。

 

付属品が充実。場所によって使い分けができる。

付属品の紹介でも書きましたが、このノズルたちが

思った以上に使いやすい。

 

ミニモーターヘッドは、マルチに使えます。

絨毯、ソファー、フローリング、畳、車内の掃除・・・色々です。


Dyson ダイソン ミニモーターヘッド DC44 DC45専用 純正品 【並行輸入品】

 

フトンツールは、もちろん布団に。

ミニモーターヘッドでは掃除ができない、毛足が長い絨毯などで

使うのもイイと思います。


【並行輸入品】Dyson(ダイソン) フトンツール Mattress tool ※マルチ機種適合

 

細い隙間ノズルと、コンビネーションブラシは、

細かいところに手が届くといった感じ。

優秀な付属品だと思います。

 

デザインがスタイリッシュで、リビングにも置ける。

見た目が、「掃除機です!!」といったものとは違い、

機械的な感じのする、メタリックボディーなので、

我が家は、リビングルームのテレビ台に収納しています。

 

付属のノズルたちも、100均で購入した

プラスチックのバスケットに入れて、本体の隣に配置。

 

手の届くところに、常において置けるという事は、

本当に嬉しい。

あ、と思ったらすぐ手に取って掃除ができちゃうんですから。

IMG_7081

リビングに置いても、違和感なしです。

 

気になる所もある。ダイソンDC61のデメリット。

イイところもありますが、

ちょっと気になるかなと、感じる点もあります。

  • 充電に時間がかかる。長時間の使用には向かない。
  • ずっと持っていると、手が疲れる。(トリガー機能)
  • 音が大きい。排気が豪快。

 

充電に時間がかかる。長時間の使用には向かない。

充電にかかる時間が、約3時間半。

連続して使える時間が、

ミニモーターヘッド使用時→17分

ミニモーターヘッド以外のノズル使用時→20分

強モードで掃除したとき→6分

 

最高でも20分間と、連続使用時間がちょっと短いんです。

長時間の掃除には不向きです。

 

今の所、掃除の途中で充電が切れてしまった事はないですが、

「使ったら充電」を心がけて、

充電切れを起こさないようにしています。

 

ずっと持っていると、手が疲れる。(トリガー式)

トリガー式と言って、電源がオン・オフのボタンではなく、

トリガーハンドルを握っている間だけ、動いているという仕組み。

 

稼働時間の無駄がない点では、とっても素晴らしいんですが、

製品の重さの、1.55Kgを支えながら、

トリガーを引いたまま、ずっと掃除機をかけているという作業が

結構、腕に負担がかかり疲れます。

 

筋肉痛になるようなことはないですが、

掃除をしている際に、すこし重たいと感じるかも。

 

音が大きい。排気が豪快。

口コミでもありましたが、確かに

稼働してる時の音は、ちょっと気になるかもしれません。

 

しかし、真夜中や早朝に掃除機をかけるわけでもないですし、

日中に使うのであれば、騒音としてとらえるほど

大きな音ではありません。

 

子供達がお昼寝をしている時に、使ったこともありましたが

普通に寝ていました。。。(我が家の子供たちが図太いだけかもしれませんが。)

 

それよりも、排気のほうが、私は気になりました。

確かに、クリーンな排気ではありますが、勢いがすごい。

 

近くで子供が色塗りをしていたのですが、紙が吹っ飛びました。。。

周りを片付けてから、掃除をすることをオススメします。

 

不便な点も、多少ながらありますが、

あの吸引力と、使い勝手の良さがあれば大満足。

 

私は購入して、とっても良かっと思います。

 

我が家には、もう1台マキタの掃除機があります。


マキタ 充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW

マキタの掃除機 CL182FDRFW を半年使って気付いた、コードレスのメリット。

この、マキタとダイソンの2台使いが、

今では、我が家の定番です。

「マキタ CL182FDRFW」と「ダイソン DC61」。コードレス掃除機の2台持ちが便利な理由。