ひな祭りも昨日で終わり。

我が家も、姉妹のために、

お雛様を飾っていました。

雛人形は姉妹の場合はどうする。ひな祭りの由来。

 

去年までは、適当に節分を過ぎたあたりから

お雛様を飾っていました。

片付けるのも、ひな祭りが終わって

1週間たった位に、しまっていたり。

 

「お雛様を飾る日にちって、いつがイイんだろう」

「片付けるのが遅れたら、本当に婚期が遅れてしまうのか」

 

と思った私。

飾るのに適した日にち、片付けるのに適した日にち。

それぞれを調べてみました。

 

スポンサーリンク

雛人形を飾る時期は「大安」と「雨水」がベスト 。

お雛様を飾るのに、良いとされている日は、

  • 節分を過ぎた、大安の日。
  • 「良縁に恵まれる」という雨水の時期。

 

節分を過ぎた、大安の日

飾るのが遅れると、婚期も遅れてしまうという

言い伝えから、お雛様は、

季節の変わり目の立春(2月4日)の

節分の翌日から、2月の中旬までに飾るのが良いとされているようです。

 

その中でも「大安の日」を狙って、飾ると良いそうです。

 

大安とは、「大いに安し」といって、とても縁起のいい日。

結婚式などの祝い事で、大切にされています。

 

今年(2015年)の大安の日は過ぎてしまいましたが

来年(2016年)の大安は

  • 2月2日
  • 2月12日
  • 2月18日
  • 2月24日

この日にちを選んで、お雛様を出すのもいいですね。

 

「良縁に恵まれる」という雨水の時期

「雨水」といって、

今まで降っていた雪が解け、雨に変わるといった

季節の変わり目とされている、日があります。

農作業などの準備をする目安として、使われてきた日でもあります。

 

この「雨水」の時期に雛人形を飾ると

「良縁に結ばれる」と言われており、こちらも縁起のいい時期。

 

今年(2015年)は2月19日~3月5日まで。

来年(2016年)は2月19日~3月4日まで。

 

しかし、気をつけたいのが、雛人形の一夜飾りです。

雛人形は、厄払いの意味がある物なので、お正月のお飾りなどと同じく、

一夜飾りは、縁起の悪いものとされているようです。

 

できれば、余裕をもって

ひな祭りの1週間前くらいまでに、飾れるといいと思います。

 

雛人形をしまう時期は、「啓蟄」。親心も関係している。

お雛様を片付けるのに、良いとされている日は、

  • 季節の変わり目の「啓蟄」。
  • 親心から「片付けが遅れると、婚期も遅れる」が生まれた。

 

季節の変わり目の「啓蟄」。

地域によって、片付ける時期がまちまちではありますが、

だいたい3月の中旬までに、お雛様を片付けるのが良いとされています。

 

その中でも、雨水の時期が終わり、

次の季節の変わり目、「啓蟄(けいちつ)」という日があります。

啓蟄には、冬籠りをしていた虫たちが、春の気配を感じ這い出てくる。

といった意味があり、

この「啓蟄」に雛人形を、片付けるのがベストだとされています。

 

親心から「片付けが遅れると、婚期も遅れる」が生まれた。

早く飾る→婚期が早く訪れる。

片付けるのが遅れる→婚期も遅れる。

 

いずれも迷信ではありますが、こういった内容には、

親心や、しつけの意味も含まれているようです。

 

昔ながらの、華美な雛人形の7段飾りなどは、

出すのも、片付けるのも大変。

 

しかし、このような片付けも早々に出来ないと、良い嫁になれない。

といった教えを、娘に伝えていくといった、

良いお嫁さんなって欲しい親心と、しつけの意味から

「雛人形は早くに片付ける」という形になっていったようです。

 

我が家のお雛様はケース入りタイプと、小さい雛人形とつるし雛。

雛人形

 

片付けるのは、そんなに重労働ではないですが、

娘たちに、このような意味を話しながら、

親心を、ちょっとでも伝えられたら嬉しいと思います。。。☆