包丁って、切れ味が大切。

毎日、料理をしている中で、

切れない包丁で調理をしていると、イライラ。

変に力が入って、怪我につながる恐れもあります。

 

我が家では切れ味回復の為、ヘンケルスのシャープナーを使用しています。


■ヘンケルス HI包丁研ぎ器【11299-004】HENCKELS ナイフ荒研 仕上げ シャープナー【05P10Jan15】

 

同じ物を、以前も使っていたんですが、

1台目は説明書も見ずに、使用していたため劣化が激しい。

IMG_0658

 

気軽に使える、包丁研ぎ器のシャープナーですが、

使い方を、間違えちゃいけませんね。

 

スポンサーリンク

簡単に使えるシャープナー。間違った使い方は包丁を傷めるだけ。

1台目の、ヘンケルスのシャープナー。

お恥ずかしい事に、ヒドイ使い方をしてました。

その結果、こんな状態に・・・。

IMG_0660

写真を載せるのも、お恥ずかし。

 

濡れた包丁を研いだり、シャープナーを濡れたまま放置。

 

そんな事をしてしまった為、

中の金属部分が、完璧に錆びてしまっています。

白い研ぎ石の部分も、汚れが。

 

こんな状態のシャープナーで、包丁を研いでも、

一向に切れ味なんて、良くなるわけありません。

逆に、包丁の刃がガタガタになる事もありました。

 

そこで2台目を購入したら、衝撃の事実が判明。

シャープナーを濡らしたり、包丁が濡れていては

ダメだという記載が、しっかりされていたんです。

 

研ぎ石は、濡らしていいモノがほとんどなので、

同じ様に、シャープナーも濡らしていいモノだという、

私の安易な考え。間違えていましたぁ。。。

 

他にも、新品の包丁に使うと刃こぼれしてしまう。

ステンレスの両刃包丁専用。

他の素材の包丁には使えない。と注意書きがされていました。

 

使用方法や、ちょっとした注意点を知らない事で、

シャープナー本来の効果を、激減させていたんです。

もったいない事をしていました。

 

新しくした、ヘンケルスのシャープナー。

すっごく綺麗。

金属の部品と、研ぎ石が前後に設置されています。

溝に包丁を挟み込んで、矢印に合わせ一方方向に研いでいきます。

この作業を5~10回繰り返すだけで、切れ味抜群に。

IMG_0662

1台目とは、比べ物にならないくらいの、

使い心地と、包丁の蘇り方でした。

 

新しいシャープナー。正しく使っていかなくては。

 

シャープナーと研ぎ石は別モノ。両方使って抜群の切れ味に。

切れ味を蘇らせてくれる、シャープナー。

以下の包丁に使っています。

IMG_6541

 

どちらも、ヘンケルス製の包丁です。

大きい方は、三徳包丁と呼ばれ、食材全般に使えるもの。


Henckels HI Style 三徳包丁 ブラック 16717-481

 

小さい方は、果物など小さい物を切るのに適したぺティナイフです。


Henckels ケルン ぺティナイフ 11211-130

 

あと一本、貝印の包丁。

IMG_6544

 

ヘンケルスの包丁を使うまでは、こちらを約2年使っていました。

同じく、三徳包丁です。


関孫六 2000ST 三徳 165mm AB-5250

 

この貝印の包丁。シャープナーを使っても、

切れ味の回復が一時だけで、スグに切れなくなってしまうんです。

 

その事があり、専門の研ぎ屋さんに研いでもらうと、

野菜が見違えるようにスパスパ切れるように!

回復度の違いにビックリ。

 

シャープナーとは、

一時的に切れ味を良くする為に使うモノだとか。

切れなくなった包丁は、シャープナーで研ぐだけではダメなようで

研ぎ石で、しっかり研いであげる事が大事みたい。

 

日常のお手入れは、シャープナーを使って切れ味回復。

シャープナーでも、効果が得られない時は

研ぎ石で定期的に、包丁を研いであげる。

シャープナーと、研ぎ石の合わせ技が最強ですね。

 

自宅で研ぎ石を買って、包丁研ぎに挑戦してみてもイイかも☆


ツヴィリングJ.A.ヘンケルス (両面砥石)ツインストンプロ (32505-100)