子供のトイレトレーニングって大変ですよね?

我が家の長女は、3歳になってもオムツが外れておりませんでした。

保育園入園のときも、トイレトレーニング中で

オムツを卒業できていなかったんです。

当時は、本当にオムツが取れるのか心配でした。

 

現在では、長女は3歳8ヶ月。

もうウンチも、おしっこも、完璧にトイレでできます。

長時間の外出でも、トイレの心配が全くない状態までに。

しかし、ここまでの道のりは、意外に長かった・・・。

 

スポンサーリンク

トイレトレーニングは、いつからやるべきか?

一般的に、トイレトレーニングを始める時期は

2~3歳の間が良いと言われています。

おしっこ、ウンチ、トイレといった場所の意味が理解できるから・・・らしいです。

おしっこの感覚が、定期的になってきたら開始する。

なんて意見もありますが、

子供の成長って、本当に個人差が大きい。

子供の成長次第・・・比べられなくない?

 

布おむつなら外れる。

紙おむつだから外れない。

私が子供の頃は、1歳でオムツ卒業したらしいですが、時代も違います。

 

早い子供は1歳で覚える。3歳までには覚えさせたい。

まぁ、親が余裕が出たら始めましょう位で、良いんじゃないでしょうか?

オムツ代も、かからなくなるからね。

AmazonのP&Gキャンペーンで、パンパースのオムツを激安購入する方法。 | 自宅で節約育児-ikujitaku-

 

トイレトレーニングする前に買った物リスト。

トイレトレーニングを始める前に、買いそろえた物。

 

  • 補助便座。
  • 踏み台。
  • トイレトレーニング用パンツ。
  • トイレトレーニング用パッド。

 

 

補助便座。


【送料無料】リッチェル ポッティス 補助便座R

 

大人用の便座だと、おしりが小さい子供は落っこちてしまいます。

安心して座ってもらう為に、補助便座は必要。

 

我が家は、「リッチェル ポッティス補助便座R」というモノにしました。

一般の便座だったら、簡単に付けられます。

IMG_6156

またぐタイプではなく、写真の様なタイプにしました。

これにして正解です。子供がとても座りやすそうでした。

 

踏み台。


【★】踏み台 クラフタースツールM 折りたたみ式 BLC-311【ふみ台 スツール 椅子 チェア 子供 1段 ステップ 脚立 ポップ カラフル コンパクト かわいい カワイイ 可愛い おしゃれ 送料無料】【クリスマス】02P01Nov14

 

子供が、便座に座ったとき、

足が宙ブラリンだと、用を足す時に力が入りずらいとか。

大人も足がブラブラしたら、落ち付かないですよね。

子供が、自ら便座に座る時にも、踏み台は必要になって来ます。

 

我が家にあるのは「クラフタースツールM」という踏み台。

折りたためて、コンパクトになるのが良いところ。

IMG_6157

大人が用を足すときは、小さく収納できて

場所もとらず、とても便利です。

 

トイレトレーニング用パンツ。


中股4層ハローキティトレーニングパンツ3枚組

 

我が家は、トレーニングパンツを買って良かったと思っています。

 

いろいろ調べていると、

「必要無い」

「普通のパンツでイイ」

との意見もありますが、

 

普通のパンツと違って、パンツが層になっているので、

おもらしした際に、外にシミ出る量が少なくなります。

 

トイレトレーニングは、やはり大変なモノ。

片付けが、ちょっとでも楽になれば

トレーニングも、やりやすくなりますから。

 

我が家にあるパンツ達です。

IMG_6153

我が家には、キティーちゃんの他にも、

お花柄など、カラフルな物を選びました。

 

パンツの層は、写真上のモノは3層タイプ。

下のモノは4層タイプです。

 

6層タイプのトレーニングパンツもありますが、

これでは、オムツと変わらない。

層が厚くなればなるほど、漏れにくいのは確かですが、

おしっこが漏れている事を認識させる為には、

パンツ層は少ない方がよいと思います。

 

また、後に普通のパンツとして使う事も考えると

4層~3層タイプがベストかと。

長女は、トレーニング完了した今でも、

キティーちゃんパンツや、お花柄がお気に入りで履いています。

 

トイレトレーニング用パッド


ピジョン オムツ とれっぴー トイレトレーニングパッド (33枚入)

 

トイレトレーニング中、外出する時や、

初めてのパンツに、慣れさせる時に使っていました。

 

おしっこをしたら、パンダさんの泣いている絵柄が浮き出てきます。

「パンダさんが、泣かないようにしようね」

などと言って、絵柄を使ってトイレトレーニングが出来ます。

IMG_6155

 

このパンダさんには、結構助けてもらいました。

おしっこをしたら、目に見えてわかるので、

おしっこの意識付けにも、役に立つと思います。

 

トイレトレーニング開始。次女に手がかかる問題。

トイレトレーニングを始めたのは、長女が2歳5カ月くらいの夏からでした。

まずは、トイレの便座に座る事を教えます。

大人のトイレに、よくくっ付いて来る子だったので、

トイレに行く事自体は、とても簡単でした。

便座にも、嫌がらず座ってくれました。

 

しかし、ここからが大変だった。。。。

「おしっこ」という存在は知っているが、

「おしっこをトイレでする」という行為が出来るまでが、長かった。

 

私は、トイレトレーニングを始める少し前に、次女を出産していました。

トレーニング開始時の次女の年齢は、6カ月。

ちょっとずつ、動きだしたりと

目が離せない年齢に、差しかかっていました。

トレーニング中なので、おしっこのタイミングを計るため長女も気にかけ、

ゴロゴロ動き出す、次女も気にかけ、

離乳食時期だったので、次女の離乳食の準備をし、

かまって欲しくて、泣く次女をあやし、

長女も一緒になって、甘えて泣いてくる。

 

2人とも、イタズラし放題。

イタズラしたと思ったら、その場で長女がおもらし。

片付けている時も、かまって欲しくて次女は泣く・・・。

そんな事が、しばらく続きます。

心が「ポッキリ」と折れそうになりました。

なんとか折れてないと思います。

 

私自身も、トイレトレーニングを甘く見ていた面もあり、

トレーニングに対する、意識がことごとく覆される。

こんなにも大変なのか。と実感した時期でした。

目が離せない幼児がいる時期と、トイレトレーニングの同時進行は、

主婦一人では・・・・けっこー厳しいと思います。

 

トイレのタイミングが難しい。怒らない事は更に難しい。

私自身、次女のお世話などで、手が離せない状態。

長女を頻繁にトイレに連れていくことが、出来なかったこともあり、

長女がトイレでおしっこを成功させる、タイミングがつかめずにいました。

 

「トイレに行く?」と聞けば、「行く!」

といって、嫌がらず便器には座るモノの、おしっこは出ず。

トイレから出た数分後、「おしっこ出た」とのご報告。

 

「おしっこは、トイレでしようね」

と繰り返し言うモノの、全くと言っていいほど

空振りに終わる。

 

たまーに、トイレに行くのを嫌がる長女を、

大好きなアンパンマンで、誘ってみたり、

大好きな、iPadアプリで誘ってみたり。

それでも、おしっこは出ず、おもらしを続ける毎日。

 

2人のお世話をしながらの生活で、どうしてもイライラが貯まり、

トイレを失敗しても、絶対に怒らない!

という通説的な事も出来ずに、怒鳴ってしまったり。

自分の決意の無さに、反省するばかりでした。

 

「オムツを履かせない」という事を継続するのが難しい。

オムツトレーニングを開始したからといって、

全くオムツを履かないのか?といえば、そんな事はありませんでした。

 

夜はオネショしたら困るし、

おねしょ布団の処理と洗濯方法。豪快な洗い方でニオイもシミも落とす。 | 自宅で節約育児-ikujitaku-

出かけて漏らしたら大変だし、

あそこで漏らされたら・・・っていう私の言い訳。

結果、トレーニングパンツだけで生活させる」という事が出来ませんでした

 

お漏らしした後の洗濯や、漏らした後の床掃除。

結構大変ですし、どこで漏らすかわかりませんから。

オムツの快適さを知っている親が、漏らす事を容認するのは容易な事ではありません。

 

トイレトレーニングを徹底して続ける事は、親にとっても非常に難しいです。

そんなわけで、

だらだらとトイレトレーニングしたまま、遂に保育園入園となってしまいました。

 

オムツがはずれないまま保育園入園。

保育園までには、オムツをはずす予定が、いつの間にか入園。

そこで知った衝撃の事実。

同い年でオムツだったのは、30人中3人です。

衝撃の事実。私はダメな母親です。爆

 

そんなわけで、焦った私は入園初めの1週間は、

オムツパッドも無しで、パンツだけで登園させておりました。

 

・・・まぁ、見事に漏らす漏らす。

朝の登園中に、おもらし。

保育園でも、おもらし。

洗濯に次ぐ洗濯。

パンツがいくらあっても足りません。

 

保育園の先生にも、ご迷惑をかけた事は明らかですが、

子供自身も、この事がとても嫌だった模様。

遂にパンツを履く事自体を、嫌がってしまったんです。

 

それでも、毎朝「オムツがいいー」と泣く長女に、

「大人のパンツだよ~!」と言いながら気を紛らわせ、

オムツは絶対に履かせずに、登園させました。

 

遂には、子供は保育園に行きたがらなくなりました。

あまりにも可愛そうだったんで、

先生にお伺いを立てました。

「オムツパットでもよいですか?」

保育園の先生は、快く了承してくれました。

 

「パンダさんが一緒だから(オムツパッドに書いてあるパンダさんの事です)」と、

オムツパット付きのパンツを履かせ、通園。

変えのオムツパットを、先生に託す。

 

通園を始め、1ヶ月。

私自身も、時間を見ては、頻繁にトイレに連れていくよう

心がけていました。

 

そんなある日、突然の出来事だったんです。

保育園が終り、お家に帰って来た時にトイレに連れて行きました。

その時初めて、トイレでおしっこが出来たんです!!!

 

もう、本当に嬉しくなりました。

もちろん、たぁーくさん、褒めて、褒めて、

パパにも、めーいっぱい褒めてもらいました。

 

長女も、すっごく嬉しそうな顔。

この成功がきっかけで、

おしっこや、ウンチの出る感覚が、つかめたようなんです。

 

もちろん何度か失敗はしましたが、

最初の成功から2週間程で、トイレトレーニングが完了していったんです。

「あの大変だった時期はなんだったんだ?」と思うほどのスピード。

 

保育園で定期的にトイレに連れて行ってくれた事、

お漏らしをするという辛い思い出、

トイレ成功の喜び&快感、

・・・

何が功を奏したかは、分かりませんが、

「親子の諦めない心」とでも言っておきましょう。

 

ホント、きっかけは人によるんじゃないかなぁ・・・。

 

トイレトレーニングは、親の心構えが超大事。

トイレトレーニングが完了した、今だから偉そうに言えるんですが、

親の気持ち、心構えが、本当に重要だと思います。

 

私は本当に、いっぱいいっぱいでした。

どうしたら良いんだろう?って悩む毎日。

今では、子供のせいじゃなくて、私のせいだったのでは?って思ってます。

 

親が、しっかりとトイレトレーニングと向き合い、

一緒になって、トイレトレーニングするという事。

 

中途半端にやらず、尚且つ気持ちに余裕を持つ。

・・・的な感じでしょうか?

まぁ、人それぞれ、子供もそれぞれです。

親がピリピリしてたら、出るもんも出ませんからね。

 

育児をしている、パパにママ。

早かれ遅かれオムツは取れます。

子供を信じて、自分のオムツトレーニングを信じて。

きょうもせっせと洗濯しましょう。

 

オムツが外れると、高いオムツ代が浮きます。

安くオムツを買う為に悩む必要も無い。

AmazonのP&Gキャンペーンで、パンパースのオムツを激安購入する方法。 | 自宅で節約育児-ikujitaku-

家計への負担は、結構違いますよ。