我が家は、1歳半と3歳半の姉妹がおり、

2人とも、ベビーカーの類にはお世話になっています。

 

我が家にはA型ベビーカーと、B型の傘型に折りたためるバギーがございますが、

最近では、B型のバギーの方が出番が多くとても重宝しております。

IMG_5549

 

A型ベビーカーも使っていた時期は、ちゃーんとあるんですよ。

 

スポンサーリンク

A型ベビーカーとB型ベビーカー(バギー)の違い。

「ベビーカー」。

日本ではその様に呼ばれています。

実際のところ、「ベビーカー」というのは和製英語で

アメリカでは「ベビーバギー」と呼ばれているそうです。

 

最近では、両対面式になるタイプの物を「ベビーカー」。

背面式のモノを「バギータイプ」と表記されている物も有りますね。

 

「バギー」とは、B型相当で更に軽い「傘型に折りたためる軽量ベビーカー」

の事を表す言葉になって来ているようです。

 

A型ベビーカー

使用年齢 ・・・1ヶ月から

リクライニング機能・・・あり(120°~170°)

価格・・・比較的高い物が主流

重さ・・・重い物が多い

折りたたんだ時の大きさ・・・大き目

ハンドルの向き・・・両対面の物が主流

 

B型ベビーカー(バギー)

使用年齢 ・・・7ヶ月から

リクライニング機能・・・無い物が主流

価格・・・比較的安い物が主流

重さ・・・軽い物が多い

折りたたんだ時の大きさ・・・コンパクトで小さめ

ハンドルの向き・・・背面式

A型・B型の最大の違いは、使用開始年齢です。

 

生後1ヶ月から使えるも物を「A型」

首が据わった7ヶ月から使える物を「B型」

と思っておくといいと思います。

 

首が座ってるか、座っていないかで、

ベビーカー(バギー)に色々な機能の違いが出て来ているんです。

 

首が据わっていない、殆ど寝ている赤ちゃんを連れていくには

「A型」のベビーカーの機能が必要になって来ます。

 

首が座って、外などを見ながら殆どお座りしている赤ちゃんは、

「B型」のベビーカー(バギー)の機能で、良いという事になってくるんですね。

A型のベビーカーの利点。メリット。

我が家で使っていたベビーカーは、

アップリカのスティックフラットというもの。

(スティックフラットは2011年に購入しました)

 


アップリカ/aprica NEW スティック フラット 【レビューを書いて送料無料】

対面式にはなりませんが、生後1ヶ月から使えるので

A型ベビーカーです。(バギータイプとも言います)

 

重さは、6.9kgとちょっと重めデス。

体重制限は、15kgまで。

 

このベビーカーの良いところは、

  • 男の人でもベビーカーを押しやすいハイポジションハンドル。
  • 地熱やホコリから赤ちゃんを守るハイシート。
  • 子供が寝た時に、リクライニングでフラットまで倒せる。
  • 座面の下に、大容量のバッグが付いている。
  • タイヤは大きめで、操作しやすい。
  • 日よけの為の幌にも、仕掛けがたくさん。
  • 畳んだ時は、安定した自立設計。

 

男の人でもベビーカーを押しやすい、ハイポジションハンドル。

背の高い人が、低いベビーカーを押すのって大変。

腰に負担がかかってしまうんです。

でも、このタイプはとにかくハンドルの位置が高いので、

男の人(背の高い人)が押しやすい。

 

地熱やホコリから赤ちゃんを守る、ハイシート。

ご存知の通り、地面に近ければ近いほど

気温って高くなりますよね。

 

ベビーカーの座面の位置が低いと、

高温になっている地面にも近いという事。

空気より重い、ホコリやガスも地面に近い方が多いんです。

 

そんな環境から、少しでも遠くにする為に、ハイシートが良いんです。

 

子供が寝た時に、リクライニングでフラットまで倒せる。

コレがA型特有のモノ。

先ほどの、A型B型の違いでも書いたように

生後1ヶ月の赤ちゃんとは、殆ど寝ている状態です。

 

座面がフラットにならないと、お話しになりませんよね。

IMG_5551

このリクライニング機能はさすがです。

 

座面の下に、大容量のバッグが付いている。

乳幼児を連れていると、とにかく荷物が多いんです。

このタイプのベビーカーは、ハイシートだからか、

座面の下のバッグの容量がハンパ無く多い。

 

ハンドルにも荷物をかけたりして、とにかく大容量なんです。

マザーズバッグと、もうひとつ同じくらいの大きさのバッグなら

余裕で持っていけちゃいます。

IMG_5558

 

なのに安定感抜群。

IMG_5559

一泊の旅行や、ちょっとした遠出の時には助かりましたね。

 

でもちょっと注意も必要。

ハンドル部分に荷物をかけ過ぎると、ベビーカーが

ひっくり返る恐れがあります。

 

重い物は座面の下のバッグに入れるのがベターです。

 

タイヤは大きめで、操作しやすい。

まだ小さい赤ちゃんを乗せておくためには安定感も必要。

乗り心地も大切ですよね。

 

その為にタイヤが大きくなっているんです。

タイヤが小さい物より、大きい物の方が

段差などにも強いですから。

 

タイヤの回転も360°可能になって操作しやすいんです。

 

日よけの為の幌にも、仕掛けがたくさん。

天気の良い日にお出かけしたいですが、日差しが強すぎるのも心配ですよね。

これには、幌の部分に日よけのメッシュが付けられるようになっていて

日差しや、強風の時にも役に立ちます。

お出かけの時のお役立ちアイテムですね。

IMG_5569

日よけメッシュを付けたまま、畳む事もできます。

他にも、幌の上部から寝ている赤ちゃんの様子を除く事もできます。

IMG_5554

この機能、結構役に立ちます。

 

畳んだ時は、安定した自立設計。

ベビーカーは、殆どが畳んだ時に自立します。

自立すれば、外出先で畳まないとイケない時でも

安心して畳んで置いておけます。

IMG_5564

持ち運びにも便利な肩ひももついています。

 

 

A型のベビーカーの短所。デメリット。

A型のベビーカー。ワタクシの子供も使っていました。

しかし不便な点も出てきたんです。

 

  • 利用期間が短い
  • 小回りが利かない。
  • 重たいから持ち運びに不便。
  • 畳むのが大変。

 

利用期間が短い

実際、1歳を過ぎたころから、子供達は歩きだします。

そうなったら、移動には歩いたり

ぐずってしまったら、抱っこに。

寝てしまった時にだけ、ベビーカーが登場するということが

多くなってきます。

 

そうなってくると、A型ベビーカーの重要性も

1歳くらいまでだなぁと、

2人の子育てをしてきて気付いた訳です。

 

2人目も小さい時は、ベビーカーも重宝します。

しかしそれは、首が据わるまでのほんの数ヶ月

 

長女を追いかけなければならないので、

抱っこか、おんぶで過ごすことが殆どになって来ます。

外出する時も、長女をベビーカーに乗せて、

次女は抱っこというスタイルが多かったですね。

 

ですので、次女はA型のベビーカーには

あまり乗りませんでした。(爆)

 

小回りが利かない。

これは、大型自動車と軽自動車の原理と同じ。

全体的に小さい方が、小回りは効きますよね。

ベビーカー自体も大きく、尚更子供がそれなりに重くなってくるので、

ベビーカーの大きさ、重さ+子供の重さで

ベビーカーが扱いずらくなって来ます。

 

重たいから持ち運びに不便。

ベビーカー自体の重さが6.9kg。

この重たいベビーカーを持っての移動は一苦労です。

 

子供がまだ、小さかったら良いのですが、

成長して、重たくなっての移動が本当に大変です。

重たい子供を抱っこして、重たいベビーカーを背負う。

腰にも肩にも悪いです。

 

畳むのが大変。

これは、このベビーカーの難点でした。

意外とコンパクトにはなるんですが、

片手じゃ畳めないので、子供を抱っこしたままのときは本当に大変。

 

畳むのに手間取っていると、子供は泣きだす。

それに焦って、ますます畳めなくなる。悪循環です。

 

車輪も、前後しっかりロックをかけないと、自立式になってくれないんです。

車輪にロックをかけ忘れて畳んだ時のイラつきときたら

・・・ハンパないです。

 

 

A型ベビーカーは多機能で高額。B型ベビーカーには出来ない事。

A型ベビーカーは、生後1ヶ月から使いたい方には

必ずと言っていいほど、必要なものになって来ます。

 

  • リクライニングもできる。
  • 赤ちゃんに快適な環境で移動ができる。
  • 収納能力に優れている。

 

などなど、B型ベビーカーでは出来ない事を

可能にしてくれる、優秀なベビーカーです。

ですが、A型ベビーカーは値段が高いものが殆どというのも現実ですね。

 

ワタクシの使っているスティックフラットは、4万円越え。


アップリカ スティック フラット STICK flat ノルディックブラック

 

更に高性能モデルは、5万円もします!


【アップリカ】エアリア・ラクーナ(A型/ベビーカー/ハイシート)

 

安めのモデルなら2万円前後からあります。


★送料無料!★メチャカルファーストEA-360 UV Guard ナッツ(BR)【送料無料!クレジットOK!】コンビ combi A型ベビーカー【ky】【smtb-k】【YDKG-k】【ky】【楽ギフ_のし宛書】■レビュー

 

値段高いから、安全という訳ではない。

後にバギーを購入する事を考えているのであれば、尚更安いモノが良い。

高いモデルは、それなりの機能を備えておりますが、

その機能が本当に必要かどうか?

勢いで購入する前に、今一度考える事をオススメします。

 

私が、実際使ったのは、数ヶ月でしたから。